FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒くてひん曲がった欲望の餌食に成り果てる幼女たちをスパイシーに仕上げた逸品。

もうとても今年度の極私的ベスト10候補作品の紹介は無理になってきましたので、しばらくは先月今月分のなかから、お届けしようと思います。

でもって、本日はティーアイネットおよびコアマガジンを主戦場として活躍中のSINKの新刊をご紹介。

1冊目と大いに異なり今回はペドオンリーです。
また、ティーアイネットより発売されたにもかかわらず収録作品は他社のものなので、作品的にはエロより漫画成分が高めです。
純愛味・凌辱味も少量含みますが、それいぜんに世界観自体がスパイシーで人間自体が歪んでいる作品がほとんどです。
近親相姦・誘拐調教・強姦・売春・少女売買などのテーマも含まれます。
黒くてヤバイ成分も多量に含有しておりますのでご用心くださいまし。


上述の内容で問題ない方のみ続きも読んでみてくださいまし。

それ以外の方には目の毒なので読まない方がよろしいかと。

なお、カバー内には特に何もございません。


SINK『妖精姦淫』 MUJIN COMICS ティーアイネット ISBN978-4-88774-287-1 2008年12月5日発売

妖精姦淫


消し:中細~中太白線消し。
ヒロイン:推定5歳から10歳まで。
お相手:大人
乳:つるぺた
陰毛:無し
性器形状:男女ともにリアル。
挿入描写:単に一枚絵の破壊力はあるけど、コマの連続性はまだまだ弱め含み。
射精形態:膣内10・アナル内4・口内13・顔射7
カラミの手法:女性は半脱ぎもしくは全裸で男性陣は半脱ぎ中心で、ぶつかり愛少々含むも、基本は男性アイテムな萌えエロ手法。
萌フェチ:ランドセル・通学帽からさりげないアクセまで子供色満載。
軽フェチ:フェラとかもあるけどほとんどは強烈すぎて高次元フェチ。
濃フェチ:リアリティーのある少女姦ということ自体がそも濃フェチであろうかと。ほか、少女売買・誘拐・父娘・兄妹・少女孕ませ。
高次元フェチ:イラマチオ・二本フェラ・お掃除フェラ・精飲・大量ぶっかけ・アナル・二穴・三穴・フィスト・お漏らし・脱糞・緊縛・調教・様々な器具などなど。
性行為の属性:ハードタイプのペド調教
乙女の符号:2名

ハードコア度:★5
ぶつかり愛:★4の下
想いのエロース:★5
エロ作画力:★4の中
エロ作画技法:★3の上
エロのコマ展開力:★4の下
総合エロ度:★4の中

作画力:★4の中
キャラデの魅力:★4の上
心情描写力:★5
漫画展開力:★5
漫画のコマ展開力:★4の上
総合漫画力:★4の上

属性:アイテムとして消費される幼女たち・狭義でのシアワセを植え付けられてゆく幼女たち

作品評価:92点(★5)

宝物度:宇宙

2冊目の成コミ(通算も2冊目)


『ミヨちゃん旅立つ』(18頁)

ミヨちゃん旅立つ

調教済の少女を仲介するブローカーとペドフィリアな客と調教師が一同に会し繰り広げられる幼女試食会。お父さん(おそらく孤児院などから幼女を引き取って時間をかけて調律してゆく調教師)の仕事の役に立てるのが嬉しくて、がんばるミヨちゃんがとてもセツナクテイタイです。棒読みセリフで教え込まれた御開帳ご挨拶も憐憫につつまれ、ラストシーンの餞別も涙を誘いマス。

ミヨちゃん旅立つ2

アナタノはあとニハナニガノコリマシタカ。


ユカちゃんちの事情(18頁)

ユカちゃんちの事情

まだ一度も会ったことのない不登校児なクラスメイト宅へクラス新聞やら宿題やらを届けにきてくれる鍵っ子な幼女という図からはじまる物語は、ずっとお礼を言いたくて、勇気を振り絞ってご対面に望んだにもかかわらず、人見知りが激しすぎるためお父さんの影に隠れてしまうような幼女と、楽しみにしていたご対面に嬉嬉として望むも、そんな彼女にちょっぴり出鼻をくじかれ肩すかしな幼女の、キモチを冒頭3頁に詰めこみ、ここだけは頁数の都合で割愛された、はじまりのシーンの欠落を経て、4頁目ですでに緊縛され、父娘二人がかりで調教される図から、あとはもう、お家に帰っても誰も遊んでくれない鍵っ子の寂しさから愛玩動物への道を一直線に堕ちてゆく、幼女の憐憫を目一杯魅せつけ、疑似シアワセまみれに幕。
アナタノはあとニハナニガノコリマシタカ。


外道の掟(18頁)

外道の掟

貸した金の代わりに、夏休みで沖縄から遊びに来てる妹をあてがわれる青年の、美味しすぎる棚牡丹。こちらも主演はすでに出来上がっているエロエロ幼女ではありますが、その破壊的お茶目な明るさとイボサックまで導入した二穴姦が超エグエロイです。ラスト3頁はザーメンマニアなら泣いて喜ぶファンタジーを演出。ザー汁まみれなピースな笑顔にマニアならぶっかけるべし♪な逸品。


スタート!(20頁)

スタート!

病の妹のもとへ通うランドセル幼女な姉という図からはじまる物語は、絶望的な境遇下でシアワセニナルタメニ目一杯律儀に足掻く幼女のキモチと、悲哀に追い打ちをかける絶望的ラストが、目を覆いたくなるくらい痛々しく、口では到底語り尽くせない惨劇に、姉妹の明日を憂うくらいしか読者としては添えることばもない慟哭系。
『願えば叶う 頑張れば何かが変わる』と、呪文のごとく幼女の裡で繰り返される亡き母のことばが心の臓にジワジワと抉るように突き刺さること必至です。
幼女の憐憫こそを愛でよ、な、必殺の一撃。


楽園(18頁)

楽園

鬼の女担当者様から「ツマンネェ上にヌケねぇエロマンガばかり描きやがって」と罵られ、ご都合ハーレムに挑戦する、リアルペドフィリアな青年エロ漫画家の脳内妄想劇。とてもファンタジーで、ある意味、やさしいエロ漫画ではありますが、ラスト以外はほとんど刺さらず。無論、エロは無問題ですが。


人形のある風景(16頁)

人形のある風景

あくまでも人形として娘を愛で育てる狂気な父と、狭義な世界でのシアワセしかまだ知らない少女の物語。シンプルに切り取られた世界が、やりきれないほど黒くて凄いけど、16頁エロ漫画の限界も、やはり感じずにはいられませんでした。

人形のある風景2

それでもステキ♪


お兄ちゃんと遊ぼう(16頁)

お兄ちゃんと遊ぼう

誘拐した子が幼すぎて引き取ってもらえなかったブローカーの三下野郎が、仕方ないからお仕置きして自分たちの肉玩具として調教する物語。やはり黒さが素晴らしいです。


みきちゃんの憂鬱な日(18頁)

みきちゃんの憂鬱な日

割り算がまったく解らなくて先生んちに教えてもらいにゆく幼女は、今日も今日とて違うことを教わってきてしまいましたチャンチャン♪というお話。やってることは充分黒いし作画的な迫力は足りてるからエロ濃度は高いのですが、作風的に珍しく単なる流され系なので、この単行本のなかでは思い入れはあまりできず。まあ、ほかが素晴らしすぎるので対比的な意味でのソレですが。相変わらずオチは上手いです。


保母さんのお仕事(18頁)

保母さんのお仕事

園児たちを食い物にする保父たちの狂宴劇。虎のヌイグルミをニャンコと呼んで戯れる、いたいけな幼女に「好き嫌いはいけない」とオトナミルクを注入しまくる大人たちの汚さが素晴らしい限りです。小さすぎて先っぽしか入らないコドモマンコがステキにリアルなんだけど、このシチュエーションで、この大量の汁は逆効果だと思います。さすがに年齢低すぎて著者の本領発揮とまではいきませんでしたが、ラストは抜群のポエム味で涙を誘ってくれました。


おかえりお姉ちゃん(16頁)

おかえりお姉ちゃん

離婚とともに失われた、上の娘を元妻の死という形で取り戻した実父の、失われた時間への妄執的郷愁の穴埋めと、腐臭を放つレベルの亡き妻への愛情すら憎悪に変換し、黒く塗り込めた、狂気のドブ泥物語。22頁で拝みたかったというのが本音ではあるけど、もはやアイテム以外のなにものでもない幼女二人を通して伝わってくるドス黒さは尋常ではありません。
アナタノはあとニハナニガノコリマシタカ。


町角の神様(18頁)

町角の神様

「あんたバカなんだから今日のマラソンくらい勝ちなさい!!」と母に飲まされた特性ドリンクがアダとなりトイレにかけこむ幼女という図からはじまる物語は、公衆便所の女子トイレでしゃがんでた、自称「人の過ちを律する憤怒の権化な増長天」な、ただのペドエロオヤヂにかかわってしまったがゆえ、強烈イラマチオから処女膜破壊姦で尽きまくられた挙げ句、中出しされながらの大量軟便脱糞という悪夢のクライマックスに、さらに追い打ちをかける残り汁強制お掃除な天罰を科せられ、思いっきり黒さを魅せつけたのち、ラスト1頁のファンタジーポエムな苺フレーバーでまったく異なる性質の物語に調理したてるという、狂ったライブ感覚が新鮮すぎる異次元料理。
アッパレ♪


シィちゃん走る!(18頁)

シィちゃん走る!

冒頭5頁でヒロインの魅力を垂れ流しまくったあと、まったく単なるエロ漫画に終始するという、どーしよーもない系の萌えペド漫画。実は少女売春婦なシィちゃんがカワイイからすべて許します。


きありハートエイク(20頁)

きありハートエイク

兄をペットにして調教する幼女は、オトモダチのお誕生会にお呼ばれしたお礼に、心からの贈り物を用意するのですが、巨大なペットに蹂躙されるかのごとき乙女攻防戦の末に、淑女のシアワセすらゲットしてしまった彼女は、あとはもうシアワセまみれな快楽の泥沼にどっぷり浸かってしまうという図式を、+1な傍観者としてのオトモダチ含めた3人娘な幼女視点から捉えた、お茶目チックペドエロ漫画の痛快作。
アッパレ♪×2


ほか、表紙没ラフ集4頁。
イラスト入り後書き1頁。


最初にエロ描写について簡単に触れさせていただきますが、相当にハードな破壊的描写がてんこ盛りながら、コマの連続性は若干弱め含みです。
また、汁描写手法については、常に大量すぎてメリハリがなく、リアリティーはかえって薄れてしまってます。
と、いうことを除けば、エロ技法的な問題点は特にほとんどなく、

とにかくエロに対する踏み込みの強さが抜群です。

特にフェラ顔は絵崩れを恐れ官能的に描けない作家様が多いなかでも、特濃クラス。唇にトーンを貼らないコミック絵柄な作家陣の中では抜きん出たものがあります。
陶酔しきってだらしないイキ顔と、憑かれたかのごとき牝丸出しな痴態も素晴らしすぎる作家性でしょう。

でも、まあ、そんなことはどうでもいいです。

問題は、今回の単行本で、漫画として表面化したテーマが、滅茶苦茶素晴らしいということです。

1冊目『奴麗婦人』とは大違いで今回はペドもんなんだけど、そういう年齢的なこといじょうにエロ漫画としてのベクトルはまったく別物です。

まあ、実はこっちが出る日を首を長くして待っていた私なのですが、コアマガジンからではなくティーアイネットからの発売というのが、ちょっと意外でした。茜新社のアンソロなども混じってますが大半はメガストア掲載作品ですし、かなり古いものも含まれてるようなのですが。
1冊目では完熟女性なご婦人方の快楽陶酔系の作品がほとんどでしたが今回は、


とてもヤバイ成分を多量に含んでます。


それはダウナー系とアッパー系の紙ドラッグ成分の鬩ぎ合いといったところでしょうか。


黒く塗り込められた大人たちが、平然と吐き出すアンチヒューマニズムの中で、食い物にされてゆく幼女たちが撒き散らすやるせなさが、凄まじいアトモスフィアをつくりあげていてミゴトとしか言いようがありません。

無論、この単行本自体の方向性は1つのベクトルだけに向いているワケではなく、コミカルだったりお茶目だったり、ファンタジーだったり、ポエムだったりするものも、ごった煮感覚で同居してますし、それぞれが高レベルのエゲツナサを纏っているのですが。

ともあれこの作品集は、幼女に対する歪んだ愛情成分に充ち満ちています。


たぶん、刺さる方には相当に刺さります。


唐辛子やワサビのもつ激辛味ではなく、まちがいなくカレースパイス的な、ジワジワと効いてきてスーっと体温が下がってゆくような、


インド・ネパール料理系エロ漫画の虜な方にはたまらない感覚だと思われます。


『スタート!』に関しては、久々に100点超を点けてしまうほど胸に染み入りました。極私的08年最優秀ベドエロ漫画候補の筆頭で悩みまくっていた『雨がっぱ少女群』のアレと『あしか』のアレに割って入ってしまい、そういうとても意味のないところでアレコレ悩むのが大好きな私としては、たまらない瞬間でした。
『きありハートエイク』と『町角の神様』も盲愛。
『人形のある風景』『おかえりお姉ちゃん』『外道の掟』『ユカちゃんちの事情』『ミヨちゃん旅立つ』も激愛。
ってか、どの作品にもいろんな意味で味がありましたし、みな大好きなのですが、ちょっと頁数だけはもう少し確保していただけたらな、と…。
最低でも20~24頁程度でじっくり魅せて欲しい作家様ではありますね。


そんなワケでプログ開設以来連続で、漫画好きな方にしかお薦めしにくい作品ばかり続いてしまいましたが、次回こそは本邦初となる単純明快エロ漫画をご紹介させていただきますので、ご勘弁のほどを。

また、この根底にある黒さを、ひとつひとつ香辛料の配合率を変えて、まったく異なる料理に仕上げてしまう独特の手法といい、虚無にも等しい、偏屈でひん曲がった愛への哲学的アプローチ法といい、作家『SINK』の根底にある独特のリズムにどうしても、かの『畔地潔地』がかぶってしまう私です。
まったく根拠のない感覚的なものですので、信憑性はないものの、もし何だかの情報をお持ちの方はご一報いただけましたら幸いです。

そんなワケでまた今回も喰えない方にはまったく以て無用ながら、必ずや誰かの本棚の上段で輝きつづけるであろう作品集のご紹介と相成ってしまいましたことを深くお詫びしつつ、それが私なのだから、まあ、諦めてくださいませ、と、言い訳しながら、また明日♪

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

theme : 成年コミック・マンガ
genre : アダルト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:天然猫肉汁アリス缶詰
辞めると宣言しながら、突発的に雑記を書いてしまいましたが、これでお終いです。
今後はコメントおよび拍手コメントへの返礼以外の更新はございませんのでご理解いただきたく存じます。
短い間でしたがご愛読本当にありがとうございました。

天然猫肉汁アリス缶詰敬白

2009/5/22

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様総計
ご滞在
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。