FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年発売分・この成コミがイカ●テル・極私的ベスト216

「よいお年を」のご挨拶の予定が「あけましておめでとうございます」をとっくにすぎてしまいましたが…。
ちょっぴり遅れちゃいまして御免なさいなのですが、結局、準備不足とゆーか、マジでレビューを辞めるつもりで年末年始の予定をギチギチに詰めこんでしまってて、友人どもと遊び惚けておりましたがゆえ、まったく消化できず。ってか、作品へのコメントもほとんどは一行ですませてしまいましたが、かねてからやりたかった企画なので楽しみながらやってみました。でも結果から言うと、216じゃ全然足りなかったですね。かといって324にしてたらいつになっても終わりそうもないし。とゆーワケで、とりあえず私の煩悩はひと様の2倍じゃ足りなかったということが判明しただけでも、自分的にはよしということで。大好きな成コミのの『おもしろい』や『すごい』や『すてき』や『えろい』や『いかしてる』や『いかれてる』や『いかれてていかしてる』などなどの、あらゆる感動をゴチャ混ぜにしたところから、もう完璧に自分の感動率のみを基準にして選ばせていただきました。
08年度の成コミ(成年コミックマーク付き+大人向きマーク付き)の単行本は464冊。コラボ本1冊。アンソロジー39冊。なのですが、アンソロジーはやはり選から外しました。また、マーク無しの単行本でもアダルトコンテンツに分類してもいいんじゃないかという本もあるとは思うのですが、エロもグロも暴力も一般作品には多く含まれるため、境界線自体を選定することがとても困難で、散々悩みはしましたが、結局、出版社各位殿の設けた基準に則るのが最善とは言わずとも最良であろうと判断して、マーク付きのみを対象とさせていただく所存です。
タラレバは好きじゃないのですが、もし一般まで対象にしてましたらベストは大幅に異なっていたことだけは事実です。
また、1位と2位だけは最後の最後まで悩みまくり、何度も入れ替えたのですが結局、同点1位というお恥ずかしい結果に相成ってしまいましたことを、一レビューアーとして白黒もつけられずホントに御免なさいなのでありました。
12月購入作品につきましては読み込みも浅く、一度しか読めなかった作品が多く、また、かねてから未消化の積ん読も20冊近くあり、216枠中9枠を未記入のまま遺させていただきますことを予めご了承くださいまし。
なお、まことに申し訳ないのですが当ブログでレビュー済みの作品に限りましては、順位のみの提示で、コメントも一切省略させていただきました。
でもって、長ったらしいですので以下に収納です。



第1位 LeviATaN【全3巻】『霧恵マサノブ』(ヒット出版社)


第1位 PARADISE LOST『天竺浪人』(コアマガジン)


第3位 SMILE CAT『RIKI』(オークス)

本編11話+描き下ろしプロローグ2頁+描き下ろしエピローグ2頁+両面カラーピンナップ2枚&カバーもいちどははずしてね♪
半猫半人娘『ミーニャ』がコールドスリープから目覚めると、はたしてそこには亜人種(メタルーナ)たちに凌辱される同胞たちの、阿鼻叫喚な地獄があった。
さんざん嬲られた挙げ句、絞め殺される娘。
怒りにブチキレたミーニャはわずか一撃でメタルーナどもを肉片に換える。
返り血を浴びながらも唯一生き残った『ニャン』を慰め、そのまま百合るミーニャ。
廃墟を抜け出し見上げた空は、青く、そして街は完膚無きまでに破壊されつくしていた。
ニャンにオッパイ吸われるとミルクが吹き出したり、クリを弄られると顔より巨大化したり、生体変化するミーニャ。
ミーニャのオトナミルクを顔いっぱいに受け止めて、キラキラに微笑む天真爛漫娘ニャンは、はたして突然に吐血する。
ニャンを背負って道無き道を進むミーニャに襲いかかる触手生物。
産みつけられる卵。
そして…。
人類が戦争で滅亡してから56年後の未来、世界中に遺されていたプラントが機能停止してから9日後、生体保管庫から一斉に目覚めたメタルーナの海より最後の2体なルド(愛玩用)=メタルーナを回収した最後の人類である少年『リオン』と相棒『リサ』。
マリガン・マグノリアの実の怪。
70年前、白銀の塔で最初に誕生したプロトタイプ。
モザイク(有機人形)。
奪われたコア・モジュール。
連れ去られたニャン。
黒銀の塔のベリ(戦闘用)=メタルーナたち。
リード(首輪)は、メタルーナの能力を制限して人間に服従させるための行動規制的制約装置。
レコードより解放される記録。
恐竜の死滅につづくビッグイベントな、地球にとって通算6度目な大量絶滅は、究極の殺戮兵器を産み出してしまった人類の自然への冒涜の末の愚行。
「人は愛し合わないとセックスしないんだ」
彼女に我慢を強い自らのキモチを偽った彼に芽生える解析不能の想い。
恋はロジックじゃありえない。
暗く孤独なマリーの部屋の窓を開けて、いま旅だつ。
そして、物語はそこから創まるのだ。
フワフワキラキラなポエムを描きつづけてきたRIKIちゃんが、オークスという絶好の舞台を得て、生命の神秘と愛の存在意義を世に問う、渾身の一撃。
掲載時はB6だったあの物語がB5の大迫力で甦る、新創世記なハードコアエロティックアクションによる一大叙事詩を、フルカラー144頁の、まるでアニメなコマ展開で、とくと堪能するがよいッ♪


第4位 生贄と牢獄『オイスター』(一水社)

曰く付きの格安物件に住んでしまった娘が、呪われた部屋から彼女を救うべく押し入る強姦魔と、不条理に落ちてくる無数のヘアピンと壁を引っ掻く爪音に苛まれ、壊れるお話『先住者』。
双子青年の餌として監禁された女の子が、悪夢の中でみた真実と、結果としてもたらされる最果てな地獄『闇紮』。
母の死が招いた狂気な妄想に取り憑かれ、安心を得るために便器に成り下がった親友を救おうとして、便器にされる女生徒の地獄『纏わり憑くもの』。
兄に強姦される女の子。それを黙認するどころか荷担さえする家族。ある日突然狂ってしまった日常に、少女は狂うことで自分を保とうとする。狂気な地獄の天秤『団欒』。
狂気な妄想が中毒化してる女子大生の凄絶な肉欲に、食虫花に囚われる虫のごとく取り込まれる憐れな青年の地獄『天井裏』。
自殺名所の美しい景色と薬の微睡みで死の淵にいざなわれゆく娘に、突然襲いかかる無情な現実としての地獄絵巻『罔両』。
ボロ雑巾レベルの肉便器女生徒が、それでも生きてゆける理由と、最果てな地獄のセツナサの極地な幸福『便所穴』。
今回は『純愛果実』初登場の07年1~08年9月号に掲載された作品群で、前作『悪徳の榮』や9冊目『精液中毒』のような『Mate』系とは少々毛色が異なり、想いが枷となる少女の地獄系とは似て否なる方向性すらもっています。
全作品鬼畜な凌辱系ながら、狂気というよりはもうほとんどサイコホラーな作品群。
年齢層もミドルティーンから二十代前半まで。
『便所穴』のセツナサが『罔両』の救いの無さが『纏わり憑くもの』やるせなさが『天井裏の』胸糞悪さが最愛。全作品激愛。
10冊目の金字塔だというのにいつも通りの150頁で、後書きすらカバー内に回す一水社の姿勢だけが個人的には残念で、せめて今回くらいは何だかの企画があって然るべきだと無念の涙。
登場の瞬間から並外れたテーマ性と漫画展開力を武器に、『究極の変態性欲』と『最果てない不幸地獄』の2本立てなスタイルで築き上げた金字塔。
一歩ずつ確実に進歩しつづける作画力は努力の賜物。
おそらく、狂気な地獄絵巻『神隠し』をメインに据え脳髄をスープにしてくれるはずの11冊目が今から待ち遠しいけど、その先にある12冊目以降の未来に更なる期待をしてしまう私。
1冊目『少女地獄』から全単行本が未だに大好きで片時も忘れられないのは、その根底に脈々と流れる『愛』がゆえ。
最果ての不幸話を感情移入できるドラマに仕上げられるのは、痛みを誰よりも知る作家性。
無論、一般的なエロ漫画を愛する方には毒。
地獄の深淵で蛆虫みたいにのたくりまくり、自ら狂うことで絶望からの脱出をはかる、憐れなヒロインたちに百万の感謝を。
50代も秒読みな私ですがチンチンが元気なうちに、できれば還暦のお祝いにトビキリの幸せドラマをひとつだけプレゼントしてくれればなお幸い。
表紙や裏表紙はイメージなので作家性は如実に物語っているものの蛇やヤモリは登場しませんのであしからずなのですが、斯様なダークファンタジーにもいつの日かお目にかかりたいものです。
でもやっぱり『凄まじい』作家であり続けて欲しいです。
狂気を愛し残酷な神が支配するオイスターの地獄絵巻な世界を覗いてみたいあなたへの、次元を超えた甘美なる毒薬。


第5位 大人の手がまだ触れない『海野螢』(オークス)

08年7月27日の星の奇蹟にちなんだ、青年と女生徒の束の間の邂逅『地上のすばる』は、著者が作品解説ですでに謳ってくれてる通り、本来巻中に在るべきシーンを巻頭に回すというエロ漫画の掟に縛られてしまってること自体が罪だけど、それ以外の減点材料が一切無い、星々への憧憬と、ひた走る愛と浪漫が止まらない、希有の名作で、当時、変則夜勤で見逃してしまった昴蝕を拝めて本望なんだけど、皆既日食や流星群を拝むために仕事を辞めてインドネシアまで出かけた若い頃のバイタリティーがもう自分には無いことの方がショックかもしれません。
恋が失意にとって代わったとき、青少年型ロボットに想いを転嫁する女生徒の、ひとときの幸福と永遠に報われない愛の形『ロボットのゆりかご』。
恐怖心からカレシとの行為で最後の一線を越えられない女生徒の心の有り様を、遺伝子レベルの訴えから『ひとがなぜ異性を求めるのか』というテーマを訴えた『無原罪の御宿り』は、単性生殖から脱皮する冬のミジンコみたいにステキすぎ。
海野流人魚伝説『入魚の入り江』。
海野流化け猫伝説『箱の中の猫』は、作品解説通り『シュレディンガーの猫』をモチーフにして『魔女狩りな差別』を謳った逸品。
そして『ウツツのハザマ』は、そのまま裏表紙へと続くんだけど、物語世界の虚構から一気に現実世界に引き戻され表紙へとリフレイン。
カバー内のデザインまで著者らしさに満ち溢れてて大好きだけど、これなら多少えっちいイラストでも描き下ろして欲しかったとお嘆きの貴兄も多々おられることでしょう。
作品ごとに各々1頁の作品解説アリ。
1編平均34頁の珠玉の物語6編。
ヒロイン全員ショットカット貧乳なミドルティーン。
男性陣はロボット1名青年漫画家1名除けば同年代。
魅せたいのはあくまで漫画なんだけど、男女の想いに齟齬の無いエロシーンは急速進化して、あっという間にエロ度水準値突破し、作風自体が『抜かせるための展開』ではないためエロ本指向な方には微妙ですが、ふたりの想いを肌と肌のぶつかり愛で描いた濃いエロ空間が抜群。
局部描き込みはリアル。
ハードコア的にはアップ不足も引き絵が抜群。
フェチ的には精飲に至らなかった2編の展開がちょっと惜しいです。
乙女の符号満載。
キュンキュンも満載。
突き抜けた純愛の表現力が桁外れ。
まさかここまで本気でエロに踏み込んでくれるとは思ってもいなくて、個人的には漫画のステキさで充分事足りてたとはいえ、感無量。
全作品激愛なんだけど、敢えて選ぶなら『大波耀子』の『Pleiades』と連続で昴蝕を拝めた『地上のすばる』に一票。
著者にすればまだまだ通過点かもしれませんが、私にとっては冥土の土産クラス。
もうほんのちょっとだけエロ畑にとどまって欲しいのは極私的願望なのですが、その類い希なる星の奇蹟の才能を、そろそろ本気で一般に移って、大人向けエロ無しSF漫画を描いて欲しい、貧乳ショートカットのファンタジスタは、成コミ界の昴蝕。


第6位 お姉がイイっ!『奴隷ジャッキー』(コアマガジン)

一ヶ月の歳の差を武器に姉的支配をされてきたお隣さんのクールな仮面をデレデレに剥ぎ落とす男子生徒の幸せドラマ『お姉がいっ!』。
ツンな男子生徒の仮面を肉弾攻撃で落としにかかる女生徒の幸せすぎるはじめて『すなおなっ!』。
一目惚れ以来通算1万オナまで後1回と迫った男子生徒に降って湧いたオチャメな精霊『えろすぱー』。
クール仮面なスーパー女生徒の心情を傍で見守ってきた男子生徒が突貫してデレデレに切り崩す幸せドラマ『てっかめーん!』。
陽光を力強く跳ね返すオデコこそが守り神なとんでもない大バカ設定も設定ならエロ展開までも大バカな女生徒の英雄譚『DECOリーン』。
大バカチックな理論と激エロシーンの融合で萌えをアホ臭く演出するはっちゃけポエム『あなG~』は3話まで。
IQ180の頭脳をもつ天気予報士な少女とプロ入りを目指し素振り生活60年なお姉さんの、大バカ系『台風55号』。
酔うとメイド属性になってしまう女社長にひと皮むいてもらう新人クンの幸せすぎる脱童貞『しゃ…しゃちょー』。
ほか、カバー内に素敵な大バカ漫画アリ。
04~08年の作品集で作画的にはブレイクした後のものなので無問題ですが、エロまで侵蝕する大バカぶりなので、抜きだけが目当の方へは一般論でなら微妙。
今回は9冊目レベルの笑い成分が大洪水ですので、楽しいエロ漫画が好みの方なら必携品。逆に大バカ系は苦手という方なら、著者の歴代ナンバーのなかでも一二を争うくらいのはっちゃけぶりですのでパスが無難。
軽エロファンの方や初心者の方にもハードル高すぎるかもですね。漫画好きじゃないなら辞めておいた方が無難でしょう。
大バカと一途な想いとやわぷにと激エロ描写と萌えの融合が、もはや奇蹟な逸品。
漫画チックに全作品超ステキですが『マキ』が最愛。
著者の数ある名作中、個人的にもベスト5に入るくらい超大好きな一冊です♪


第7位 トキメキ!!悶絶バルカン『ジョン・K・ペー太』(コアマガジン)

極限的女体蹂躙を脳天気なコメディで斬り落とす断面図の魔術師ことジョン・K・ペー太は、『JKP』の通称で慕われている作家様。
天真爛漫なうえ思いっきり軽いワガママお嬢な女生徒の霰もない餞別『アンダークラスヒーロー』は、ど~しよ~もないペー太イズムに満ち溢れててステキすぎ。
一世一代の覚悟で痴態を晒す女生徒のくたびれもうけ『暴走ハイテンション!!』。
強く、たくましく、ガサツで男気に溢れる剣道部女子マネの、そんなんでも女の子なんだもんッ『ユウダチファイヤー』は、ラストまでキャラ活かしまくりで最高♪
オチコボレ男子生徒2名が男日照の女教師に聖夜の贈り物『デンジャーセイント24』。
女子バスケ部3人娘の合宿旅行の最終日『咲き乱れトレイン』は、悪のり三昧なプレイの破壊力と一枚絵の強烈な腐臭とお下劣さが満点。
赤点脱出をかけて男子生徒を挑発しまくり全開で特攻する女生徒のくたびれもうけ『青空シークレット』は、ペー太イズムの魅力満載なれど、この展開なら強烈スカが欲しかったです。
自分のせいでニートになってしまった兄に妹の全開なサービス過剰『エンドレスなGでワルツ』。
憧れの水泳部の先輩のパンツを盗みまくった挙げ句、拘束し破壊的百合プレイを一方的に堪能するユルユル女生徒のお話『ホップ・ステップ・狂気』。
幼馴染みな男女生徒の大バカな意地はり合戦『エキサイト第二彼女』。
ほか、桃園時代の単行本未収録作品『撃ち出せ!オレの未練スパーク!!』も初収録。
巻頭にカラー2頁のイラストストーリー。
まあ今回もまたペー太(通称JKP)らしさに溢れた作品が乱れ撃ちで、毎度お馴染みの、途轍もない女体破壊的性描写+チープでユルユル脳天気なコメディーに満ち溢れています。
なお今回のアシ様は『町野変丸』で、ペー太と百合ってる暇があるなら漫画描いてくれよ~と、ひと言いわずにはいられない私でした。
ともあれ、このどーしよもない路線をどこまでもひた走り、究極を目指して欲しい作家様でもあります。
もうほとんど登場直後から作品の方向性は不変のままなのですが、ペー太を簡単に説明するととればこんなカンジです。
絵は表紙通りのコミック調。
身近にあるネタから極めて漫画的なお話を創り、流れでエロ行為に突入し、徹底的な女体破壊的な性描写を見せつけて、ラストはギャグ落ちするという型にはまった作風です。
描写の一例として『イラマチオさせれば喉を通り越し喉仏を突きあげる』『ちんちんが子宮口を突破し子宮内壁を圧迫して卵巣押し上げお腹ぼっこり』『アナルフィストは肘まで』『乳輪挿入』『目でゴシゴシ』『まんぐり返しで逆流精液飲ませる』とかいろいろ。
散々痛めつけられる女体なわけで女の子は苦悶しつつ弛緩した穴からうんことかしっことか屁とかゲロとか逆流精液とか垂れ流したりもします。
ここまで書くと凌辱系と勘違いされそうですが、実は性描写が異常に破壊的なだけで属性はラブ系あり成り行き系あり復讐劇ありと多岐に及びます。
そして異常なほどあっけらかんとした女の子たちの事後の陽気さで、もはやコメディーにしかなりません。
コアに移籍してから作品群は不運の倒産を遂げた桃園の巨乳縛りがない分、貧乳・巨乳入り乱れております。
さて、そんなオチャメな作家である著者ですが、ペー太がいちばん素晴らしいと思うのは、どこまで凄いことをやっても絶対に日常劇の範疇から飛び出さないところ。それがギリギリのところでリアルを繋ぎ止め、ナンセンス系や幻想譚系エロ漫画の境界線に取り込まれずに、すんでの所で遠くて近い現実世界に踏みとどまってるところなんじゃないかなと。
ともあれ滅茶苦茶大バカなんですけどね♪としか言いようがないほど、単純明快に、男女の肉体で綴る大バカコメディーの乱れ撃ちですよ♪
マジ惚れした作家様の本をリアル世界で啓蒙するのが大好きな私ですが、実はぺー太は友人Cな女の子に啓蒙された作家様ナノデシタ♪


第8位 正しい彼女の愛し方 『くろ』(ジーウォーク)


第9位 惡徳乃榮『オイスター』(一水社)
 
主人公の『若葉』は明朗快活で家族思いな女の子。
弟『勇太』は、そんな姉が大好き。
父はしがないパン職人で借金を抱えている。
母『柚子』は、かねてから若葉に目を付けていた知人に借金のカタとして娘を送り出す。
そして少女の地獄がはじまる。
『暗澹』は、全3話と、レクイエム寸前な母子のセレナーデな番外編『柚子』まで。
無理矢理快楽を植え付けられつつも、最後の最後まで精神が堕ちない若葉の黄金の意志が、そこにある残酷さを凄まじいまでに際だたせる。
タイセツナモノを次々に奪われてもなお、弟という一縷の希望を鼻面にぶら下げられている限り、若葉にはこの地獄絵巻を自らの手で断ち切ることなどとわにかなわない。
ふるえながら男根にほおずりし偽りの懇願をつづける最終3話のラストはまさに悲惨の極北。
キモイを通り越したストーカー青年から友人をまもった黒帯女生徒『沙希』の地獄の三丁目『啓示』は、己が処女血と糞尿にまみれつつも決死の送り襟締めを繰り出す沙希の果敢な抵抗がさらなる被虐世界をうむ。
注射で肥大させ、真珠やシリコンを埋めまくった、グロくて巨大なイチモツをもつ姉と、自らの肉の悲鳴さえも歓びとして遮二無二姉を人形扱いする妹の、果てしなき肉欲のどぶ泥と、決して他者が立ち入ることのできない狂気な愛の領域『比翼連理』。
ほか、カラーイラスト4頁。
『暗澹』『啓示』は、著者の十八番な不幸地獄の最果て系。『比翼連理』は5冊目『外道』収録の『日記シリーズ』タイプな狂気な愛のカタチ。
成コミ初心者な方は絶対に触れてはいけません。
一般的な凌辱・調教劇のファンの方でも軽々しく手を出すべき本ではありません。
不幸ドラマの最果てで蛆虫みたいに足掻く救われない女の子たちの悲哀と、狂気を愛し残酷な神が支配するオイスターの地獄絵巻な世界を覗いてみたい方へ。


第10位 ぐずぐずしてたらそだっちゃうよ?『あしか』(コアマガジン)

市内に忽然と姿を現したフタナリ眼鏡幼女。侵略宇宙人シュレディンガーの寄生生体に操られる彼女を救うため突然プラネットガードとしてスカウトされたえっちな幼女。二次元平面上で繰り広げられる特撮空間的エロバトル『変身少女ウルトラすばる』。
性教育の授業でスゴいことを知ってしまった少女の知識欲が臨界点を突破して、破天荒に突貫し、結果、宇宙真理に目覚めてしまうお話『男子は校庭でサッカー女子は視聴覚室へ』。
処は露西亜。大富豪の豪邸の家庭教師を賜った青年が、何もかもが1/2サイズなドールハウスで遊戯の国の賓客としてお姫様な少女3人と戯れる、幻想に限りなく近い日々の甘い宴『The King of Lilliput』。
父専用の看護婦であることをよしとする幼女と、さらなる狂気に染め尽くされた少女な姉による、ダークなファンタジーと無邪気な時代の崩壊『ちびっこ☆ナース』。
3人娘な妹たちがおたふく風邪にかかってしまった兄様の未来に危機を感じ、おしゃまに突撃するオチャメで漫画チックなファンタジー『オタフク』。
ロリコン青年2名と、どーしよーもなくエロエロ星人な女の子のお話『まほちゃんと。』。
魔女ゴッコにいそしむ二人の少女の宴は、ベラドンナの魅せる幻想でサバト化を極める、グロテスクな暗黒奇譚『女の子はみな魔法をつかう』。
ロリコンだけが取り柄な凡人な兄と漫画チックに超絶天才な双子眼鏡な妹の再会劇『ふた×めが』。
調教される女生徒に目覚める想いをテーマにした地獄のような天国『いもうと狩り』。
カバー内もぜひ見てね。
巻末作除けばオールペドエロ漫画です。
エロシーンはまるで小宇宙みたいなステキさに満ち溢れております。
漫画チックに心情のリアリティーをたたきつける作風。
大バカ系から残酷物語まで。
巻頭2編を溺愛。全作品激愛。
ぶっ飛んでてスタイリッシュでステキな漫画が好みな方へ。
まさに絵と文字で綴る芸術品。
ペド漫画とかエロ本という名では決して括れない名画座。
なお『海驢』名義の『半恋期』は、この本を読んでから慌てて購入したのですが、引き絵としてのポージングの魅力と、想いの方向性と、物語の発想力だけは相当に高いレベルですが、さすがに01~03年の作品集ですので、まるで小宇宙のごときエロ作画と、桁外れの空間力と漫画力で魅せてくれた、この2冊目と比較したら、スキルが丸々1スケール違いますのでご用心ですけど、『つきにねがいを』『ギプスとティラノ』『すなっち・みー』『とらぶる☆でびるす×3』などステキな作品がてんこ盛りだったりして、個人的には宝物でした。


第11位 ボコのお仕事『D.P』(フランス書院)

ショートと短編からなるポコシリーズ全5編6話と、ポコシリーズ以外の短編6編の構成。
『ポコといっしょ』『ポコとワンダフル』に続くシリーズ第3巻ですが、前巻でポコの出生の秘密をはじめ主要キャラクターが出揃ったこともあり今回はポコが巻き起こす(&巻き込まれる)珍騒動の数々をエピソード的に綴った挿話がほとんどなため、決定的にストーリーが展開することはありません。そんなワケで『どーしよーもなく役立たずな子狸が満月の夜に変身して恩返ししてくれる物語』だという最低限の大筋さえ掴んでいればこの巻から読んでもそこそこ楽しめるはずですが、やっぱりふたりの成り染めから読んでいただければ思い入れも倍増することでしょうし、はっきり言って作品の方向性は不変ですので、1巻が好みに合わなかった方なら無視して構わない作品だと思います。
そんなワケでポコは敢えて無視して短編の解説を少々。
親友のオチャメなイタズラを真に受けて出来たてホヤホヤなカノジョをスワップするハメになった男子生徒のどん底『SWAP×SWAP』。
カテキョのお兄さんとママにはナイショの秘め事な女生徒の、知らぬが仏『ピーピングマム』。
六畳一間のボロアパートに落ちぶれてもお嬢様魂を燃やし復活を期す没落貴族のお嬢が元許嫁にプライドをズタズタにされるラブコメ『Greatful says』。
自らのM属性を最大限に満足させるためネクラな男子生徒に取り巻き連中も活用し虫扱いし、最底辺まで堕としたところで嬲ってもらうお嬢な女生徒の王様と奴隷入れ替わり系『蟲王』は、この手の性倒錯系としては『しらんたかし』の『興味アリ。』にも匹敵。
二人の姉に性玩具として弄ばれる日々から脱出できたのも束の間、今度は双子の妹に貪られる青年の天国と紙一重の地獄『1/4Sister×2』。
早漏すぎてカレシがイケない女生徒の、失神直前∞系イキマクリ天国(地獄)『いっとょにイこうよ!』。
局部描き込みはリアル。
ハードコア度も水準値。
萌えエロより濃い口エロ手法優先タイプでフェチ度も上々なエグエロ系。
キャラデの魅力・作画力・心情描写・物語性に長けたバランス型でオリジナリティーもセンスも抜群。
短編はどれも素晴らしかったですが、やっばり子狸ポコの魅力全開な『ポコとキノコの山』が最愛。
カバー内4コマ裏オチの無理めなポーズが可愛すぎ。
コメディーのオブラートが分厚くて漫画チックな作風のため痛み成分は大幅に間引かれてるとはいえ、かかなりダークな設定もありますので、ご自分の属性を見極めてから判断してください。
後書きに「4巻へ続く」とありますが、死ぬまで描き続けて欲しいです。
いつの日かポコシリーズがファンサービスな特典満載の愛蔵版仕様になってくれる日を夢見て。
ポコカワイイよ♪ポコカワイイよ♪ポコカワイイよ♪ポコカワイイよ♪


第12位 お姉さんが好き『あさぎ龍』(富士美出版)

風邪ひき弟のお見舞いからはじまる男女生徒な姉弟の初めて『夏カゼにご用心』。
カレシとのカンケイが上手くいかない姉にモーションをかける弟という図『僕らが恋人になったわけ』。
近所のお姉さんと青少年の夜空の星なラブポエム『きんぎんすなご』。
女教師と男子生徒の雨宿りなラブポエム『雨宿りは先生と』および巻末描き下ろし11頁『春の雨宿り』。
子供たちに慕われる教師になった青年と大学時代の先輩女性のはじめの一歩なラブソング『メートク、風邪をひく。』。
酒にだらしない素直クールな先輩女性と、成り行きでご馳になった後輩クンの、前途多難な恋物語『みこと研究室』は2話まで。
男と女が奏でる人生の夏休み『なつ、ときどき』。
泣き虫で不感症な元風俗嬢と、ジゴロでつかみどころのない青年の、晴れ着と海岸の、定義付けできない想いの形状『私は海を抱きしめていたい』。
山わらしな双子の神様がいる土地で、心の逃避行な少年に贈る、通りすがりのお姉さんからの、まるで白昼夢みたいな『コバルト』。
ほか、カバー内にステキなポエムのラフ画アリ。 
芸歴が長い割になかなか単行本が出なくてヤキモキしてた方も多いんじゃないかと思いますが、基本的には06~07年の桃姫およびペンギンクラブ山賊版に掲載された作品だと思いますが、巻末の3編はまったく見覚えがないため、もしかしたら同人誌からの再録とかかもしれません。
件のはっちゃけエロドラマ『女子校生棋士倉田美奈』は連作ものなので収録されてませんのでご用心。
入ってたら、「指してください」にしろ!とかツッコミ入れたかったのですが残念。
とにかく、物語の展開とオチが、一般漫画優秀クラス並に秀逸。
巻頭の2編のみはとっかかりが少々安易で物語として説得力に欠けるものの、3編目以降の作品は須く完成度が高いですので初単行本にありがちな尻つぼみ感は皆無ですから、是非巻頭から読み進めてくださいませ。
オーバーアクションにならない程度のリアリティーの高い普通っぽいえっちがスタイル。
引き絵で盛り上げるタイプですのでハードコア嗜好の方には物足りなさもあるでしょうか。
体温のあるお互いの距離の近い愛の確認を唯一阻害する行為時のネームだけは既成メディアに毒されたものも多く、オリジナリティーが傑出した漫画部分との落差が大きすぎることだけが残念です。
今後はもっと自分らしいスタイルをワガママに追求してくださればと思います。
ほとんどが年上女性ですが、そんな垣根はこの際取っ払って、シリアスな想いを感じとってみたい多くの成コミファンな皆様方へお薦めしたい逸品です。
あたかもそこにある空気のごとく注入された男女の心情が超ステキ。
作品を色付ける情景描写も抜群。
人と人とが紡ぎ出す想いを感じとってみたい方へお薦め。
浪漫が眩しすぎて、ため息ばかりの私でした♪


第13位 膣内でオシッコ『ピクピクン』(松文館)

奪われるのが宿命なら、せめて好きなひとにあげたかった少女の想い『美来』。
壊れてる女生徒と壊れられない男子生徒のスレチガイ『橙と西日と蒼い影』。
イラストノベルな援交少女日記『浮世 ~オチも無く渋谷に転がる二時間の日常~』。
フォトスナップ風の素人ハメ撮り記録『SUMERAGI』はショート3編。
孤高の楽園で狩った美女たちを差別化待遇して己が欲望のためにだけ生きる男の神への冒涜『Profanity FOLDERS』。
生まれついてこのかたオマルでしか用を足せない青年の大バカチックな幸福『愛しのオマル☆』。
愛するが故、兄を監禁し、狂気という名の茨の檻でとわの幸せを得る妹の偏愛『album「music」No.13』。
どっちもどっちな兄妹の、狐と狸な騙し愛『シッコでビンビンしっこしこ☆』。
さて4年ぶりの再会は大変貌を遂げた作品性に、ただただ感嘆。
とにかく後半に並んだ作品群のテーマ性と漫画展開がミゴトすぎました。
この作品集には狂気な成分が大量に詰め込まれていますのでご用心。
常軌を逸した暴力表現も含まれますので心身ともにアダルトな方以外は絶対に購入しないでくださいませ。
断面図はもはやグロを通り越したSF。
昨夏より消しがワニどころじゃない地獄レベルと化してしまったAVレーベルゆえ、官能も芸術性も哀しくなるくらい稀釈されてて残念至極。
この本が売れずにとっとと絶版になり然るべき所より再版されることを夢見る邪な私と、売れまくって著者の活躍の場が増えることを願う私が、同時に存在。
著者のアイデンティティーを尊重できる奇特な編集者様募集中。
レディコミな作風許容で、消しを重要視せず、狂気と大バカを愛せる方へなら超お薦め。
久々なのに後書き無しなのが、残念無念。
あえて、某所への投稿原稿ほぼそのままにしてみたのですが、実は、消しデカくても使いたくなるものは、いつになっても枕元にあるんですよね。


第14位 JC『七瀬真琴』(富士美出版)

『些細な過ちで落とし穴にハマリ心に大きな傷を穿たれる少女たちに涙し不幸を愛でよ。』

★5の上。
著者の11冊目。
電車内でオヤヂに陰湿な悪戯をかますイマドキ女の子二人に怒れるオヤヂ軍団の容赦なき報復『GAME OVER(前後編)』。
身から出た錆で想いを枷にされ玩具になるしかなかった女生徒3人のそれぞれの涙の意味『MIX JUICE(前後編)』。
試着室内でえっちという鬼畜な罰ゲームを結局のところ堪能してしまう男女生徒の絶頂タイム『Chiken Rice』。
身動きできぬほどボコられた男の子たちが枷となり抵抗することさえ許されぬ女生徒二人の厄災『裏路地の捨て猫たち』。
明日を夢見る新人グラドルの明日を殺す鬼畜なカメラマンの独り儲け『湯けむり旅情混浴温泉殺人事件』。
万引き女生徒へのお仕置きで欲望を充たしまくるキモイ店員のお話『LIAR GAME(前後編)』。
妹リアル強姦『不協和音』。
両腕ギブスの女の子とプリンを餌でで釣る青年のオチャメなえっちタイム『しあわせプリン』。
後描き4コマ3頁。
幸福系2編を除けば今回は地獄系に思いっきりメーター傾いてますのでご用心。著者のラブコメや思春期のグルグル系だけが好みの方へなら回避推奨。
作品内容では『宅配少女』とほぼ互角ながら、一歩ずつ確実に進化する作画力との兼ね合いでは文句なしに著者のベスト。
推定ローからミドルティーンな貧乳少女たちは、予め抜け道の無い枷を負わされ、開きたくもない股を自ら開き、濡れてもいない穴を愛の一切介在しない行為で踏みにじられます。
ほとんどのコたちは後の人生に大きなトラウマを抱えること請け合い。でもそれ以上に心配なのは劇中で気をやってしまった2名のヒロインの残酷すぎる明日。
心情を訴える表情が特筆モノ。
セツナサとかいう次元は超越している鬱成分山盛りの、リアル不幸が苦手な方は絶対にパスしてくださいませ。
アマゾン様で成コミ中心にレビューをさせていただくようになって一年半。まさかオマケ漫画のネタに使っていただける日が来るとは夢にも思わず感慨無量。購入2日目で早3回使用してしまいましたが冥土の土産にさせていただきます。次回作は牛乳娘とベスト版をカウントから外し、企画てんこ盛りのオマケを用意してくださいまし。
ありがとう&ごめんなさい。
これも敢えてほぼそのままの原稿です。
アマゾンでのレビューは、かつて何度も辞めようと思ってたときがあったのですが、さすがにこのときだけはシアワセすぎて、勝手にご馳走で自らを祝ったのち、追加で5冊購入してしまいました♪
そんなワケで現在8冊ほどアリマス。


第15位 ママンの吐息 ~しとど濡れ疼く母の熟れ肌~『N.O.ちゃちゃ丸』(久保書店)
 
遊び半分で学生時代の制服を着たのに端を発し、以来月イチで赴任先から戻ってくる夫との営みはエスカレートの一途をたどり、ついにはムーニーコスに身を包んで恍惚と妄想に耽る、妻のもとへ現れたのは息子の友人で…というところから始まる母と子+1名による背徳ドラマ『ムーニーマム』。
家庭という名の檻で偽りの幸せを演じつづける妻と、その充たされない肉の疼きを塞いでくれた息子による、背徳の泥沼『母辱』。
リアル薔薇カンケイにある少年二人と、一方の母の、背徳と禁断の風車『ママと僕達の眠れない夜』。
夫との関係もすでに乾ききり息子との行為に溺れてゆく妻の、後ろめたさと、期待と、嫉妬と、泥沼な幸せのお話『嫉妬ニ悶エ鳴キ戦ク母』。
独り暮らしを始めた愛しい息子と、通い妻に来た母の、夏期熱中症候群『通い母』。
ほか、カラーイラスト8頁。キャラ紹介のステキなラフ画4頁など。
思えば93年にかの大バカな幻想譚『大○透の自然おもしろ生きロボ図鑑』で、鮮烈にデビューを果たして以来、画集2冊が拝めたことを除けば、漫画としてはようやっと4冊目。
00年の巻頭作を除けば須く同人誌からの再録で01~04年の作品群。
エロに対する踏み込みの強さと、官能のてにおはを完備してるのが最大の武器。
巻末作品は少々薄めながら、ここまで禁断の扉を開いてくれれば文句の言い様はありません。
成コミ初心者の方なら絶対にパスしてください、エロすぎます。
母子姦がストライクなら止めはしませんが、所謂、官能劇画な作風ですのでご用心。
物語と心情描写で確かに裏付けされた背徳行為が官能を引き出しまくった逸品。
職業エロ漫画家な皆様には是非とも一読して欲しい、聖典。
著者の活躍の場がまだ残されていることを祈りつつ。
また大バカな幻想奇譚も拝ませてくださいまし。
禁断の扉の向こう側で肉欲を完全解放する母たちのシアワセすぎる背徳の泥沼をぜひ堪能してくださいませ♪
もし私がエロース至上主義者なら文句無しにダントツ1位でしたね、御免なさい。


第16位 ストレッタ『世徒ゆうき』(ティーアイネット)

描き下ろしカラー2頁ショート『あるいはもののけ姫 ~瑞穂~』。
描き下ろしカラー2頁ショート『あるいはもののけ姫 ~霧島~』。
勉強がまったく出来なくて、挙げ句、死のうとしたけど勇気もなくて、そんなダメダメな男子生徒に棚牡丹で舞い降りる天使は、もののけみたいな女生徒だったというお話『僕は勉強が出来ない(AB面)』。
存在自体がもののけみたいな先輩女生徒に恋をしてるかもしれない男子生徒の性春な一日『MBJ ~みずほさんち~』。
地の繋がらない姉弟の繋がりと言葉の魔力に対する考察『一線』。
風邪ひきどきの人恋しさと肌の温もりと心地よい気怠さと快楽に対する考察『ベッドのぬくもり』。
もののけみたいな女生徒に「もののけ?」と言わしめるほど欲望をたたきつけまくる男子生徒のお話『あるいはもののけ(前後編)』。
描き下ろしカラー2頁ショート『あるいはもののけ姫 ~亜松~』
描き下ろしカラー2頁ショート『あるいはもののけ姫 ~三倉~』
描き下ろし3頁ショート『あるいはもののけ姫 ~ルマ~』
描き下ろしショート5編の『あるいはもののけ姫』は漫画としてループしてますので、1編扱いが適当でしょうか。
ほか、カバー内にも描き下ろし漫画アリ。
MUJIN4月号で待望のカムバックを果たしてくれた著者だけど、その『あるいはもののけ(前後編)』を除けば、すべて04~05年に描かれた作品群なワケでキャラデのバラツキ感は甚大。
タイトルの意味は音楽用語で『だんだん速く、緊張感を高めて』の意。
今回はカルト成分皆無。
とはいえ著者は『漫画を魅せてエロースを謳う作家』ですので、成コミに『抜きに易しい展開』こそを求める方へなら、素通りしてもかまわない作品の方向性を強く有していることだけは、この際付け加えさせていただきます。
テーマは『女の子の魔性』で一貫。
ヒロインは推定16歳くらいで統一。
モデル体型でオッパイは中ぶりの美乳。
リアルを逸脱した行為の選択すらリアルに魅せてしまう展開力が、凄まじすぎる作家性。
一時期硬くなりすぎたキャラデに柔らかさが戻り、耽美との融合もイイカンジにこなれてきました。
それだけで射精させられそうな口もとが極上に淫靡。
力のある瞳が、これでもかとねぶるように追い打ちをかけてキマス。
『目は口ほどにものを言う』というけど、一般漫画以上に表情で語らなくてはならないエロ漫画において、これほどまでに『目と口』で真剣勝負をかましてくれる作家様というのは極めて稀。
今回は得意の漫画自体が黒子に徹してるとはいえ、男には一生理解なんか仕切れない女のなかに犇めく『もののけ』みたいな魔性をモノのミゴトに表現仕切った逸品中の逸品。
懐かしのキャラまで復活させてくれたサービス精神に感無量。
芸術家肌なので予想どおりとはいえ、4年ぶりなのに後書き無しが残念至極。
大人未満の段階ですでに女の魔性をまとった極上の彼女たちに翻弄されたい貴殿には、激お勧め。
もっともっと描きまくってくださいまし。
しかし、以来、著者の作品はまだ拝めていないのでした…。
もしかしたら、ラストランなのかなあ…。
ともあれ、淫靡なる口もとと必殺の眼力を見よ。もののけ娘たちに魅せられて、虜になるがよい!な一冊。


第17位 あったかく、して。『雨がっぱ少女群』(茜新社)


第18位 シャイニング娘。改訂版【全6巻】+「娘。」のいる風俗ビル【限定版 in&out】『師走の翁』(ヒット出版社)


第19位 SURVIVAL GIRL『工藤洋』(ティーアイネット)

巻頭カラー4頁含む、一見ナイチチロリ娘な女装男優と爆乳姐御系AV女優の、レイプを思いっきり楽しむ方法論『雨上がりの夜空に』。
オナ禁しまくる青年と、オナドールと勝手に入れ替わる娘の利益一致物語は、巻末オマケ漫画4頁付属。ホームレス娘の天然ボケな恩返し『訳ありリアルドール』。
置き去りにされた少女が、拾われて開発されて、大人になる成長記『ホームレスガール』。
カラー4頁含む、♀3×♂1の、それぞれの言い分『イノセント』。
他人の捨てるエロ漫画を待ち受けて深夜にオナる女生徒の、かな~りイッちゃってる始めの一歩『ハーレムな事情』。
夜の公園でパイズリ屋する娘が見つけた春『捨てる男に拾う女は』。
ほか、カバー内も観てね♪
まるでエロ漫画らしくないコミックタッチのキャラデですので、エロに大切なのは艶だとか萌えだとか頑なな信念がある方へは回避推奨。
独特の崩し方で喜怒哀楽を表現する手法が素晴らしい限りですが、微妙な表情の移ろいまでは表現仕切れてません。
型破りなキャラのオンパレードですので普通っぽい女の子が好みの方はパスが無難。
物語の方向性自体に男性の望む棚牡丹な理想展開も含まれてはいますが、テーマとして浮き上がってくるのは女性自身の生きる道だったりもします。
アイデアや個々シーンで抜群のセンスを発揮してる部分も多いけど、基本的に構成力に乏しく漫画としての完熟度はまだまだ。
貧乳並乳巨乳爆乳といろいろとり揃え。
推定ハイティーン中心。
処女率高いも符号は無し。
騎乗位のアングルと汁描写ががもう一歩なのを除けば、コスを活かしつつも肉弾戦もきっちり魅せてくれててエロ作画は充分水準値。
パイズリ・皮剥き・貪るチュー・ヒョットコ尺顔・感極まって滲む涙・だらしないアヘ顔・垂れ流されるヨダレという、まさにマニアックな性表現が、漫画チックにキュートなキャラデとのアンビバレンツな魅力を醸し出した逸品。
あとはもうただひたすらに描き込んで上達して欲しいと願うのみ。
それにつけてもこの作品を読み返すたびに、『RC』の『スローバラード』とか『ミカバンド』の『銀座カンカン娘』とか聴きたくなっちゃうのです。


第20位 キャノン先生トばしすぎ【通常版】『ゴージャス宝田』(オークス)

全9話で描かれた表題作『キャノン先生トばしすぎ』の丸ごと長編な著者の7冊目の通常版デス。
限定版との違いは以下の通り。
表紙・裏表紙・背表紙およびカバー内のオマケ漫画は同様。
帯宣伝は当然異なる。
カラー口絵・目次・登場人物紹介ときて、その後の空白の1頁に限定版付録小冊子の裏表紙裏のカラーイラストをモノクロ化して追加。
本編漫画・後描きオマケ漫画2頁・用語解説2頁・後書き2頁・奥付までは同様で、限定版には無かった『魔法の妹アブノマリア(大砲キャノン作/comic xo 08/1月号掲載)』をボーナストラックとして追加。
当然のことながら限定版に付属していたオマケ小冊子『コミックヒロイン♀ 2008特別付録号』は限定版には付いてマセン。
『コミックヒロイン♀ 2008特別付録号』のコンテンツは以下の通り。
RIKIのカラーイラストな表紙。シノのカラーイラストなXO既刊宣伝。大砲キャノン名義の4頁ショート『30000』。海乃みるく名義の4頁ショート『カベノウタ』。唄飛鳥イラストのパチモン広告1頁。ゴージャス宝田年表2頁。商業単行本紹介1頁。同人誌紹介1頁。ごんぞー名義のコラム1頁。鉄鋼院ラセン名義の4頁ショート『獣』。東雲龍イラストのパチモン広告1頁。かね☆ひら名義の4コマ2頁。香川りお漫画のパチモン広告1頁。ルンペン貧太名義の4頁ショート『エターナルソルジャー』。四万十曜太イラストのパチモン漫画大賞応募要項1頁。のぎまことイラストのパチモン読者投稿コーナー1頁。イラストコーナー2頁では無論読者のフリをした作家陣が総動員。次号予告1頁。奥付&目次。カラーイラストなXOの宣伝。弐駆緒によるコミック♀のカラー宣伝漫画。
でもって、本編はというと、
主人公である『ルンペン貧太(30歳)』は、主に『コミック♀(ヒロイン)』を主戦場とするデビュー5年目のエロ漫画家で、超遅筆が災いし未だに一本立ちできないのが悩み。
ある日編集部を訪れた貧太は、1年前彗星の如く現れ瞬く間にファンを魅了したフェチ系ロリコン漫画家『大砲キャノン』に一目会いたくて、応接室に忍び込む。
知るところとなった意外な事実。
キャノン先生は、12歳の女の子だった。
アシを求めたキャノン先生は、貧太の熱い想いにほだされ、彼を雇うことを決意。
そして作業場である貧太の部屋は愛の巣へと変貌する。
12歳の初等科女生徒漫画家は、リアルでは絶対にあり得ないレベルの超弩級のエロエロ星人だった。
のっけから高テンションで独り突っ込みまくるキャノン先生は、エロエロ星人の異名に違わず尻穴からとんでもないモノをひり出してみせる。
いったんスイッチが入っちゃった彼女は燃焼しきるまで誰にも止められない。
喫茶店ガラス越し肛門精液逆噴射とか、父母60センチ後方での一家団欒陵辱とか、改造扇風機なオナマシーンとか、フェチでドハデなシーンをふんだんに鏤め、二人のエロスは暴走を極める。
えっちから始まっても、基本は二人のラブ。
同時進行する漫画界事情シーンでは、著者のエロ漫画への熱い想いをほとんどワガママに直球でぶつけまくる。
みたいなヤツです。
リアルでは絶対に体感するチャンスなんてあり得ないであろう超エロエロ少女の目線を武器に、エロ漫画に対する著者の熱い想いを詰め込みまくった、そんな一冊。
成人漫画世界に長年どっぷり浸かってる方へなら一度は読んで欲しい、エロ漫画界事情な物語。
ゴージャス宝田の漫画家としての成長はとどまるところを知らず、この単行本の後に発表された作品群は、もうどーしよーもないくらいの大バカイズムさえ驚愕のワンダーランドレベルに融合されていて、もはや『奴隷ジャッキー』すらオンリーワンとは言えないほどの成長期なモンスター。
実を言えば、エロ漫画家によるエロ漫画賛歌な最終回は、私にはけっこうドン引きなのですが、それを差し引いてもなお、成コミをこよなく愛するあなたには、ぜひ読んでみて欲しい、三十路男とランドセル少女の目線で語った、ロリエロ漫画に対する熱い情熱な、一冊でもあります。


第21位 お兄ちゃんクチュクチュしすぎだよっ『ゴージャス宝田』(ヒット出版社)

親バレで野に下ったダメ兄と、追っかけ妹の漫画チックに破天荒なラブソング『REC』は、ベタベタな甘甘ぶりが超ステキ。
兄妹の紆余曲折な果てにある熱血ラブラブパンチ『OUT!』は、オチまで通して抜群のキレ。
妹の嫉妬心爆発系『ダウンワールド』。
どーしよーもないくらい漫画チックにポップな兄妹のはじめて『スイッチ。』は、漫画チックとベタラブの融合がミゴト。
189センチ筋肉兄と129センチスキニー妹が想いを遂げるまで『アナル合格!』は、出だしからのコマ展開が抜群。
どーしよーもないほど妹萌えな二次オタ兄と漫画チックで愛に応える妹のオバカなラブソング『ドールライダー』は、味付けが超ステキ。
不治の病で部屋から出られない妹と太陽を殺したい兄の漫画チックなファンタジー『太陽を…っ』は、設定とラストが◎
兄妹のラブソング『おにづめ弁当』は、ホラーとポエムのどちらかの方向性に傾けた方がより面白かったと思う。
どーしよーもない兄による欲望剥き出し陰鬱ドラマ『グリムロック』は、デビュー前のエゲツナサが甦っていて、個人的に最愛。
漫画家青年とカボチャオバケな少女のノスタルジー『のんびりオバケ』は、センスがラスト1頁に凝縮。
ほか、『壁から先生』『個室夫婦。』を収録。
カバー内とかアリ。
少女天国に掲載された07~08年の作品群+他誌掲載の04~06年もの3編で、さすがに絵柄古めのものも混じってますが、もともと短編での一瞬のキレ味が凄い作家様なので、物語的には充分楽しめる傑作集になってます。
6冊目『絶体絶命教室』収録の2編の短編の感動には今一歩及ばないものの、破天荒で漫画チックにステキなラブドラマが目白押し。
恋に恋するお年頃ならパスが妥当。
激しく鬩ぎ合うワガママな愛情表現がステキすぎる一冊。
純愛とは、どんなに汚くても、けっして引き返せない想いである、ということ教えてくれる漫画です。


第22位 な美らる『てりてりお』(コアマガジン)

巻頭カラー4頁描き下ろし『メガ☆ぱん』および本編『しま☆ぱん』は、付き合い始めて1年になる男女生徒の初えっちなお話なんだけど、ツンな『琴音(表紙)』を活かしきるには酔っぱらっちゃってという展開がかなり勿体ない。
棚牡丹ゲットしたエロエロ女生徒で脱童貞な男子生徒の野外やりまくりな熱い夏『南国バスバス』。
自作自演でカノジョを暴漢に襲わせるかな~り邪な男子生徒と、そんなカレでもほだされて流されちゃう女生徒のエロコメ『恋は無軌道』『愛は無軌道』は、デコ出しショート眼鏡な『高瀬(裏表紙)』のテレと喜怒哀楽が抜群なキャラ勝ち系。
可愛い男子生徒をワガママに食べ尽くす女生徒のどーしよーもない愛情表現法『学園ドロップきっく』。
漫画設定もあり得ないくらい大バカなら、ヒロインの行動様式も常軌を逸してる大バカなラブソング『今日が記念日!! 』。
先生と女生徒の屋上えっち『春風注意ショーツ』。
兄妹のえっち『ももはら兄妹』。
ほか、巻頭にヒロイン総出の両面カラーピンナップ。カラー折り込み部のチビキャラたちもステキ。カバー内もアリ。
さて今回はヒロイン7名中ショートカット5名で眼鏡っ娘4名と相成りましたのでご用心。
作画力が思いっきり進歩してて萌えキャラの好さを引き立てまくり。
ちょっ不可解だった作品の方向性は、エロ漫画としてなら成立するレベルまで進歩。
全作品、軽フェチなコスエロ系。描き込みもリアルでプレイとしては足りてるけど、擬音を書き込まないと成立しない女体の緊張感不足が弱点。
純愛系じゃないから気になるほどじゃないけど、男性陣の露出不足も惜しい。
初めての符号無しが残念。
『高瀬』ちゃんが最高♪
『南国バスバス』のラス前頁と『学園ドロップきっく』のラスト頁に胸キュン。
ステキなシーンも山盛り。
キャラを活かしきる漫画展開と、緊張感を演出するためのポージングが今後の課題。
ゼロ距離えっちは全然無いので、濃い口エロ漫画ファンなら買い控えが吉。
ともあれ、ハードキャラ萌えエロファンなら買いなさい♪な一冊。
男女キャラのどーしよーもなさが華♪


第23位 29歳淫欲妻『黒木秀彦』(メディアックス)

巻頭カラー4頁含む、親友同士な2組の夫婦が大人だけで楽しむスワッピングクリスマス『Happy Lucky X'mas』。
青年と歳の離れた兄の嫁のスリルなえっち『エロい義姉さん』。
目撃してしまった友母の自慰からはじまるドキドキタイム『友達のママ』。
ワケアリで、元同僚の奥さんに夜這いをかける青年『友だちの妻』。
波長が合ってスリルなドキドキを楽しむ、青年と同僚の奥さん『同僚の妻▼』。
青少年にむしゃぶりつかれる奥様の幸せ『三十路妻童貞狩り』。
口封じのはずが波長が合いまくっちゃう奥さんの幸せ棚牡丹『巨乳妻スキャンダル』。
青年と天然すぎる人妻の漫画チックなエロ話『天然妻が欲情したら』。
店長代打な奥さんとバイト青年のワクワクドキドキな夜勤『誘惑未満』。
後書きとかの類が皆無なのが超残念。
ヒロインの推定年齢は、25~35歳くらい。男性陣はほぼ青年で統一。
巨乳から爆乳に近い巨乳まで。
作画力上々ながら、表紙とは雰囲気が若干異なるコミックタッチのキャラデですので、裏表紙かネットでご確認を。
タイトルの『淫欲妻』も作風を表してるとは言い難く、ごく普通の男女たちのスケベ心を描いてる作品ばかり。
地味めだけどそこはかとなく可愛げ漂う普通っぽい人妻たちが花マル。
漫画チックすぎる1編除けば、どの作品も、在りそうで無さそうで無さそうで在りそうな、抜群の棚牡丹。
流れの中に、スリリングなドキドキとワクワクを詰めこんでてミゴト。
流れの中での着エロ除けば、男女が裸で奏で合うゼロ距離えっち。
心情を無理なく詰めこんでるのが特筆モノ。
全作品、人妻たちの浮気がモチーフにもかかわらず、鬱系のものを一切排除しサラリとて描いているため、痛み成分もなく、読後感も超さわやか。
漫画展開力は抜群だけど、男女のエロ心だけで漫画をつくってるため、成コミにエロース以外の特別な+αや感動のドラマを求める方には微妙ですし、派手さはありませんが、男女の自然っぽいスケベ心が眩しい無印良品系超優良物件。
リアルを失わぬようきっちり練られたシナリオの中での人妻と青年のスケベ心攻防戦をご賞味あれ♪


第24位 こいのり▽『しらんたかし』(ティーアイネット)

刻は昭和のはじめ。
舞台は名家の別宅。
神坂家の末娘『恵那』は病によって光を失った娘。
元来神坂家の婿候補である養子の青年『阿智』は、恵那の世話のため田舎に引きこもる。
第二のヒロイン『伊那』は恵那の姉で、目的のために阿智を満州に連れてゆこうとする。
三者三様の想いを、人間ドラマとして卓越したプロットの中に詰め込み、せっぱ詰まった男女の営みを抜群のエロ描写で魅せつける、『視線』は全3話の中編な、静かなる感動の名作。
とある事故で肉体が若返ってしまった母『美濃瀬戸』を直視できない息子である男子生徒の『御嵩』。
隣家の『浜松音羽』も同様に若返り、御嵩と幼馴染み関係である、その娘『広見』も苦労が絶えない。
『視線』とは対称的に、日常の崩壊によるアクシデントな突発的エロ心の連鎖を、漫画チックに綴ったエロドラマ『ハハワカガエリ』は、全3話+巻末後日談4頁。
パンツをくすねてオナってた兄を、ここぞとばかり言葉で嬲りたおすことで、自ら高揚し、肉欲に酔いしれる見かけSで実情Mな女生徒である妹の、陶酔ライフ『興味アリ。』は全2話。
ほか、人物相関図。カバー内にイラスト漫画&作品解説アリ。
ロリ一色だった1冊目『おねちゅ』から、年齢層は大幅にアップしてますのでご用心。
欠点だったトーン貼りも安定。
作画力も確実にアップして独特崩し絵なキャラデの魅力が引き立ってます。
もともと得意だった心情描写力は、ここへきて爆発的に磨きがかかってきました。
体型的には並乳下腹のポッテリ感がステキな所謂リアル日本人体型の女性たち。
パンツに糸引く汁をはじめ、ふんだんに盛り込まれたフェチ心がステキすぎ。
躍動感と体温と距離の近さと欲望という名の愛情の注入が抜群のエロを演出した一冊。
萌えエロ派の方へは微妙。
作画や年齢層や体型が好みでない方を除く、成コミファンな方へ広くお薦め。
想いと躍動感と体温と距離の近さと欲望という名の愛情の注入が抜群のエロを演出した逸品です。


第25位 SCHOOL GIRL『大朋めがね』(フランス書院)

巻頭カラー4頁ショート『プロローグ』。
勘違いな嫉妬から想いをぶちまけた挙げ句、棚牡丹に成就する女生徒の恋の行方『SCHOOL GIRL』。
姉弟の幸せすぎる真っ暗闇『CROSS BORDER』。
1年と4ヶ月と16日の熱く燃えたぎった恋が3コまで終わり、保健室で7時間のフテ寝後に、もしかしたら恋がはじまったかもしれない女生徒のお話『after5』。
品行方正・成績優秀・友達いっぱいな委員長が、息抜きで仮面を脱いだら見つかっちゃって、脅迫され凌辱され、恋を見つけるお話『カーテン』。
あの世へ旅立つ決意はすでにつけてしまった女生徒の、邪で身勝手な恋愛術『POP'N ROLL』。
男女生徒の変態調教純愛物語『イガイガ君』。
家出援交娘な妹を肉棒で連れ戻す兄による、しょーもないラブソング『不機嫌日和』。
第三者を介し妹を凌辱不幸に貶めることでしか幸せを実感できない姉の狂気『ヒステリック』。
人生の一大イベントを前に、想いを再確認し、決別する娘の、相手の肉体による自分探しな巻末作『あおいろ。』は、巻頭作へとリフレイン。
登場人物たちは作品中で微妙にリンク。
ミドルティーン中心。
貧乳から並乳まで。
描かれているのは徹頭徹尾『女心』で、邪だったり、ワガママだったり、秋の空だったりしますが、漫画シーンでもエロシーンでもひとコマひとコマに目一杯想いを詰め込む手腕がミゴトすぎ。
ネームセンスも極上。
一方、パートナーたる男性陣の心情もしっかり伝えてくれてはいるものの、その扱いはあくまで黒子で、これだけ『恋』や『想い』を描いてくれてるのに、全員がチャックあけるだけのインスタントな抱擁に終始し、決して下手ではないエロ作画でも、熱い想いのゼロ距離空間を演出することはついぞ適わず。
無論、濃い口エロ漫画ファンな方や成コミにエロ本としての用途だけを求める方へまではお薦めしませんが、成コミをエロ漫画として読みたい方や想いでキモチヨクなれるタイプの方は男女を問わず、花丸推奨品。


第26位 ラブでれ『尾野けぬじ』(富士美出版)

人口の激減にともない、成人した生徒がローテーションで子作りする時間が義務づけられていた、そんな時代の恋物語『それでも僕らは』は全4話で、想いの丈の封入が素晴らしすぎる逸品。
早朝電車の同一車両に乗り合わせるだけの関係な二人が、夜のホームで出遭ってしまうお話『最終電車で会いましょう?』。
複製を繰り返し劣化してきた遺伝子を甦らせるため原始的営みを学びに地球へとやって来た姫君と傍女による、はっちゃけドラマ『宇宙こんにちは(前後編)』。
坊ちゃまとメイド嬢の過ぎ去りし日々の記憶『日常のメイドさん』。
ガサツで素直クールな女性だって恋してしまえば普通に乙女な『トモダチ以上』および『コイビト未満』。
小動物系の男子生徒が、朝起きたらイケメンになってたという、不条理はっちゃけオバカチックドラマ『どっちでもいーや』。
ほか、カバー折り込みに4コマ×2。キャラ総出演のオマケ漫画4頁。カバー内もアリ。
雰囲気のある崩し絵なキャラデが魅力的。
個人的には手描き時代のラフで力強いタッチが好きでしたが、エロが映えててデジタル化は正解。
司時代と異なり、作画に繊細さと質感を獲得し、さらにアップ・コマ展開も良くなりエロ度は水準値。
引き絵のよさも、表情やしぐさも相変わらず上手くて、えっちをステキに演出してくれてますが、今回は漫画部分がエロを活かすための黒子に徹していて、それはそれでステキなんだけど、物語性だけは2冊目『エロ河童』に届かず。
心情方面で創りあげるドラマチックが超ステキ。
ともあれ、ちょっぴり破天荒なキャラたちの想いがこもったえっちがステキな一冊。
狂気に充ちた作品や大バカな芸風も、いつかまた魅せていただけたらと思います。


第27位 ネイキッド☆ガール『小林王桂』(コアマガジン)

冷蔵庫に食材があるのに飢死寸前になっていた、生活能力値0の兄に惚れてしまってる妹のお話『お兄ちゃんのばか』は、毎度お馴染みラストの悪意が抜群にキュンを破壊してステキすぎ♪
かな~りストレンジな女生徒の完璧キャラ勝ち系『生殖のススメ』は、完膚無きまでにヒロインにやられました♪
ゲームに燃える女生徒が奴隷勝負の土壇場で魅せた滅茶苦茶殺法『勝負の掟!』は、キャラのオマヌケさがとことんステキ。
超常現象研究部部長『灰島りりか』のユルユル大バカパワーが炸裂する連作シリーズは『灰島部長のファーストコンタクト』『灰島部長のゴーストハント』『灰島部長のあやしい薬』までで、部長らぶな男子生徒『安田』クンと、宿敵な女生徒会長『橋幸代』を巻き込み、とことん漫画チックにオバカとエロを撒き散らして、幕無き幕。
機械仕掛けの女の子の学習能力を『仮初めの愛』にみたてて紡がれた物語『旬感オートマータ』は、無慈悲なラストが圧巻で、漫画的に最愛。
家出少女と青年の泡沫のポエム『僕の禁煙月間』は、切り取られた物語に凝縮された想いが、いくつものその後のドラマを私に提示してくれる、まさにマイフェイバリットな一撃。
姉弟思春期暴走物語『中松姉弟の確執』。
頭のネジがユルユルで処女なのに名器な女生徒とオイタな男子生徒のドキドキキュンキュン物語『ユルユルキツキツ』。
ほか、カバー内にステキにビミョーなオバカ漫画アリ。
巨乳な生徒会長除けば全員ちんまくて痩せっぽちな貧乳娘たち。
キャラデのせいで若干若く映るけどヒロインの推定年齢は16~17歳くらいと思われ。パートナーの男性陣も、青年1名を除けばほぼ同年代。
処女娘満載。乙女のシルシは2名。
全裸勝負と着エロで真っ二つ。
男女の想いをきっちり描いていて、えっちでもゼロ距離な描写もあるけど、やっぱり基本はヒロイン中心寄りなので、不満があるとすれば唯一それくらい。
ギチギチのえっちが醸し出すキュンキュンなドキドキがとてもステキ。
漫画チックにセンシティブな台詞回しが華なれど、逆説的に言えば、『霧恵マサノブ』的エロ展開法が性に合わない方にはお薦めしづらいことも事実。
エロ漫画は、萌えよりトキメキだと思ってる方へなら絶好球。
まあ、事実を暴露すれば、著者が醸し出す作品性のそのほとんどがド真ン中に当てはまっちゃう所謂、相性ピッタリ作家様なので、評価のほどは全然当てにならないかもしれません。正直、その空気だけでこれほどトキメク作家様というのは、ほかに『近里みちる』『乙』くらいなものなので…。
ともあれ『僕の禁煙月間』が最愛。
ほか、全作品激愛♪
頭のネジかゆるゆるで、だけどもとってもオンナノコな、そんな小娘たちが好みな方はぜひ♪


第28位 おませで御免!『御免なさい』(コアマガジン)

都合カラー8頁含む、ロリコンのために開発された『妹ロリボ』がお試しセールで押しかけてくる夢のようなお話は、さらに未来へと移り、『妹ロリボDX』へと前途多難な恋物語の幕を開けるが、あ~続きを描いてくれよマジで…。
飼い犬が少女と青年の仲をとりもつ『迷犬★らっきぃ』は、安易にふたりの想いが成就されることさえ力ずくで納得させてくれるほどステキすぎるはじめてのポエム。
体育サボって便所掃除なランドセル少女と青年ロリコン教師の、どっちもどっちな便器ゴッコ『桜井便器』。
妹パンツでオナる兄の言い訳にコロっと騙され乙女を散らす妹の明日はどっちだ『ぱんつ汚さないで』。
青年カレシとの野外えっちが生殺しで公園で手慰みな少女に降って湧いた2本の巨根『ハルカとケンくん』。
友人二人にそそのかされて兄を奪われた妹の、幼い乙女心が大爆発する『夏休みが終わったら』は全3話で、ラストはステキなテレ顔ぶち抜き1頁のままで魅せて欲しかったです。
描き下ろしショートの『魔法少女みかん』は5話まで。
ほか、後描き漫画。カバー内にステキすぎるレトロ漫画アリ。
『いもうとロリボ』で鮮烈に商業デビューを飾ってから今日に至るまでの軌跡。
表紙通り、昭和初期の風情すら漂うキャラデが華。
乙女の符号満載なのに、少女たちは皆エロエロという夢のような展開。
イキまくる少女たちのだらしないアヘ顔が眩しすぎ。
涙やヨダレや乱れ髪や癖毛や鼻水さえも超ステキ。
少女を引き立てるフェチなアイテムも満載。
えげつないハード描写がトキメキの増幅剤。
オブラートが絶妙なので痛み成分も最小限。
ひとコマひとコマに込められた想いに作家としての本性が浮き彫り。
ほとんどペドと紙一重なロリものですので属性なければパスが妥当。
エロカワ少女たちと至福の刻をともにしたい貴殿へ。
2年半でやっと処女単行本という遅筆だけが罪。
嬉し恥ずかし初体験。命短し恋せよ乙女。このトキメキはもはや罪な、ロリコン御用達作家の鮮烈なる第一歩でアリマシタ♪


第29位 独蛾『月吉ヒロキ』(茜新社)

通学電車内で痴漢に遭遇しても不感症であるところの白河すみれ(表紙)は快感も嫌悪も感じることなく、それはそれで教室という名の動物園で不自由に生きる同胞たちとたしかに異なる自分自身の証明であると定義づけ、優越感さえ感じていた。
しかし、鋼鉄で鎧われていたはずの防御迷彩はあるとき一方的に崩される。
ズタズタにされたこころ。
救いの手を差し延べてくれた教師の紹介で彼女はカウンセリングに赴くハメとなるのだが…。
オトナとコドモの時代の狭間である13歳という微妙なときを、せいいっぱい片意地をはって生きようとするヒロインに、目覚めてしまった女の性。
自らの意志でその欲望に抗い、湧き溢れる焔を律しようともがく、彼女の健気な抵抗が胸を打つ。
はじまりの瞬間から巧みに仕掛けられた罠。
刷り替えられる現実。
ついには優等生の仮面を剥がされ欲望の泥沼に墜ちてゆく彼女に、さらにラストでふたたび付け加えられた条件付けがミゴトすぎる。
まさに男性のための究極のファンタジー。
第二の人生が彼女にとって幸福なのかどうかなど誰にも知りようがないけど、ダークで鬼畜な物語をここまで二次元漫画チックに正当化し、究極のファンタジーとして仕上げた著者の手腕に脱帽。
表題作長編『独蛾』はカラー8頁含む全8話+描き下ろし4頁のイラスト入りストーリーな間奏曲付属。
ほか、
『kyrie eleison』『微睡姫』という、これはこれで傑作な2編の短編と4頁のイラストストーリーも収録されているけど、表題作に比べたら食後のスイーツ。
ラフデッサン・著者を端的に物語る脚イラスト・ほか、カバー内は佐々原憂樹が担当。
個人的には最悪のオチを楽しみにしてたんだけど男性向けファンタジーとしてはベストに近い選択。
二次元を二次元として楽しめない方および女性の方へは絶対にお薦めできない、名作。


第30位 なつ なでしこ『けんたろう』(メディアックス)

女生徒二人の好対照な夏の残滓『二人の夏期講習』。
『好きな女の子が部屋にやってくる』というシチュで、一人の青年の脳内で鬩ぎ合う『理性』と『欲望』と『真心』と『論理』の葛藤を描いた破天荒な大バカ漫画『Mind Panic』。
やっとの想いでコクったカレシには元カノの生き霊が憑いていた『彼女の彼の彼女』。
孤島という名の閉鎖空間で思春期の欲望すら充たすことのかなわない少年と笑うことを忘れてた女性の一期一会『アイランド・チェリー』。
見かけはバリバリで実情天然ドジ娘が鎧を脱ぐとき『ぎゃっぷ』。
一見の男性客が必ず騙されるという悪魔のメニュー『特別親子丼』で不況を乗り越える母娘『あひる食堂』。
教育実習生な青年の金縛り妄想劇『特別授業』。
天涯孤独になった娘へ、夫のもとへと旅だった母より、神の宿りし贈り物『神99』。
8冊目『RPG』の番外編『Incest Taboo』。
ハイミドルティーンから完熟女性まで。
豊乳から巨乳中心。
さて、相変わらず難産なフェラ顔を除けばエロ表現力は確実に進歩した部分も窺えますが、今回は中盤に2連続で妄想劇が幅を利かせてて、漫画としてはともかくもネタバレ後の使用価値が極端に落ちてしまう妄想系は、抜きツールとしてのエロ本では禁じ手にして欲しいかも。
エロ的にはパートナーの必死さがキュンを激増させた『アイランド・チェリー』のデキが抜群。首っ玉にしがみつく勢いでタンクトップまで破り捨ててくれれば100点満点でした。
漫画的にはどの作品も充分楽しめる内容ですが、かの名作『膣内戦闘記』を彷彿させてくれた『Mind Panic』が個人的にイチオシ。
今回は『おにぎり』『ガーディアンエンジェル』という個人的に最愛の2編がたぶん意図的にオミットされてて、破天荒な成分が控えめだったのがちょい残念。
ともあれ10冊目おめでとうございます。
『小悪魔マーロ』の続編とか『おにぎり』のシリーズ化とかも個人的には切望。
ステキにオバカが突き抜けた想いの漫画を今後ともよろしくッ♪


第31位 ラブレター『吉良広義』(コアマガジン)

義姉の少年へのキュンキュン系『いとこのネエちゃん』。
少年にお仕置きえっちな姉ちゃんたちの悪ノリ系『裸大作戦』。
ドSな女性課長とドMな万年平社員『イジワルな天使たち』。
男子生徒とのアクシデントな行為から性の泥沼に溺れてゆく女教師の2話完結話『デカパイ先生お逃げなさい』『デカパイ先生おヌキなさい』。
カレ兄なダメ浪人生を攻撃しまくっちゃう悪女『小悪魔ックス』。
男子たちに肉体で稽古をつける柔道部女主将の幸福系『教育的痴情!』。
イチモツに取り憑いた妖怪を搾りとる巫女様たちのお話『巫女艶姿祈とう固め』。
駅から3分ワケアリのボロアパートに越してきた青年の美味しすぎる新居ライフ『なんとかしてよ▽宮本荘』。
クラス全員衆人環視下で男子生徒から破天荒な愛の激白をされる女教師『ラブレター』。
登場の瞬間からエロへの踏み込みが思いっきり強かった著者ですが、今回もまた持ち前のエロ魂が大爆発してて頼もしい限り。
常に『ブスカワ』にこだわりつづけてきた著者ですが、単行本スパンで微妙にキャラデをいじってくる芸の細かさは、ついにブス3対カワ7くらいまでに逆転。
コア初陣な巻頭からの3話はまだ借り猫ですが、それ以降の作品では持ち前の悪ノリが冴え渡っててミゴト。
表情・エロ作画・漫画展開に戦友ペー太の好い意味での影響も顕れているように思われ。
今回は持ち前の狂気がぶ厚くまぶしたコメディーでかなり緩和。
エロに則した流れを大切にしたため漫画的な読み応えは既刊に軍配が上がるもののエロ漫画としての総合力ならダントツな味わい。
『ラブレター』『教育的痴情!』『小悪魔ックス』素晴らしすぎ。
『巫女艶姿祈とう固め』『なんとかしてよ宮本荘』は各々1冊の単行本として魅せて欲しいですよ。
軽エロ派萌えエロ派の方ならパスしてください。
ともあれ、巨乳でデカ尻でタラコ唇でお目々パッチリでエロエロ星人な女性たちと、破天荒でオチャメでオバカなノリを堪能できる傑作集。
今後も腐女子な精神で進化しまくってください。
魅力的なブスカワたちのエロエロな痴態とオバカな芸風の融合がステキすぎる逸品デス♪


第32位 墓場覚醒愛奴『墓場』(フランス書院)

巻頭カラー4頁含む、ハード過ぎる日常からの逃避としてSMクラブに仮面を剥がしにくる女性客のお話『仮面』。
女装アナル調教してもらう少年のお話『みのり君の尻穴』。
信念が歪みをもたらした女教師と、男子生徒の、主従逆転調教劇『女王様は』。
女装少年と御主人様な大人女性が、危ない状況下で燃え盛るお話『友貴』。
カラー4頁含む、魔法少女に憧れる少女がハード調教されるシアワセドラマ『ごっこ』。
不幸の泥沼境遇な娘が最悪を絵で描いたような義父のもとで日々調教地獄に埋没するお話『美希』。
拉致られた弟のため恥辱に耐え抜く生徒会長な姉と、狂気な弟の、それぞれの愛のカタチ『反転』。
前・現・新、生徒会長な女生徒3人のオチャメな百合調教劇『欲情生徒会』。
人形依存症な女生徒と、憂さ晴らしに意地悪する女生徒の、狂気に彩られた奈落系『私のお人形』。
04~07年にパピポに掲載された作品+投稿作。
かなりオミットされちゃった作品が多くてファンとしては初期作品から順に詰め込んで欲しかったですが、個人的には『私のお人形』が拝めただけで大満足。
グチャドロまではいかない程度の、マニアックなSM調教劇が主流で、ギグボール・鼻フック・縄縛・首輪・手枷足枷・貞操帯・浣腸器をはじめボンデージなファッションも盛りだくさん。
SM調教自体が主題となる近作も、その裡なる欲望を綴った心情の移ろいがミゴトですが、初期の頃にたしかに存在していた狂気が薄れてきていることだけが残念。
『ごっこ』『私のお人形』『反転』『美希』が最愛。
パピポの休刊で活躍の場を危惧してた私は某所を借りて「コア様TI様よろしく」なぞと一計を企てておりましたが一足先にメガストア4月号に掲載されてたりしてホッ。
なんとそのあと『MUJIN』にも登場♪
ともあれ、倒錯した性のカタチを綴ったドラマが好みの方へ、超お薦めな一冊。
マニアックな官能世界を彩った倒錯した狂気を堪能できる傑作集デスヨ♪


第33位 comic ped.『ハッチ』(ヒット出版社)


第34位 妖精姦淫『SINK』(ティーアイネット)


第35位 YOUR DOG『関谷あさみ』(茜新社)

愛から遥か遠いところで生きている中二の女の子は、どこにも拠り所がなかった。
一方、会員制アダルトDVDのハメ撮り男優を生業とする青年は、いつまでも元カノを忘れられないうえ、仕事を辞めてまで選んだ新たな職業さえ割り切れずに悩んでいた。
援交少女とハメ撮り男優として、そんな二人が出逢う。
かような話は現実に五万と転がっていて、本来ならお互いの人生に於いて単に通り過ぎるだけの些細な存在で終わったはずの、その出逢いには、はたして続きがあった。
本心を語ることが苦手で、いつも口数が最小限で、必死に耐えているばかりにみえた女の子が、心の中に溜め込みまくった想い。
当然、そんなことは知る由もなく、撮影を続ける青年に、産まれてくる後悔とグルグル。
スレチガイのなかでふたりは幾度となくカラダを重ね合い、そして当然のように破局は訪れるのだが…。
描き下ろしプロローグ6頁+全9話+描き下ろし後日談7頁からなる表題作『YOUR DOG』の丸ごと長編は、時間軸を巧みに操り、悩めるふたりの思いの丈を詰め込みまくった名作。
第7話ラストの激白から物語は大きく揺れ動き、彼女目線で再構築された第8話での処女喪失シーン~事後の食事風景で、そのとき彼女の裡に目覚めたものを完璧に見せつけ、そして彼女が撮影に臨んだ真意が明らかになる最終話の激白シーンで涙を誘い、はじめてふたりの想いが重なったえっちで胸を熱く焦がせてくれること請け合いです。
幸せドラマや明るいえっちが好みの方、およびションベン臭い少女お断りな方ならパスしてくださいませ。
心情描写派の方は絶対にお見逃しなく。
イマドキ中二にしては暗くてションベン臭いヒロインと、それこそどこにでもいそうな人生踏み外し青年の、真摯な想いが詰まりまくった、エロ漫画という枠だけでは決して語り尽くせない感動作。
でも思いっきりエロイんですけどね…。
心に拠り所のない少女とオチコボレ青年という、そんなダメダメなふたりが、邪な処で見つけた、春はこれから来る、みたいなお話デス♪


第36位 キミの瞳に欲情してる【通常版】『TANA』(茜新社)

ドラマCDなオマケ付属な初回限定版と通常版が同時発売というファンに優しい出版社の姿勢が好ましく、ドラマCDには差ほど食指が動かない私も敢えて同時購入してみました。
このCDとオマケに挿入されてるCDカバー用カラーイラストを除けば、帯と表紙の枠が異なる以外に一切内容に相違はありません。
なお、CDは漫画部分の続編になっていて、大学生になって独り暮らしをはじめたヒロインのもとへカレシが訪ねてくるところから始まります。
1年生の『加藤学』は、表紙でヒロインがぶら下げてるマスコット以上にキラキラな小動物系美少年で、憧れの生徒会長が朝礼台に立つ朝は妄想が大爆発して夢精するくらい彼女に焦がれていた。身長がコンプレックスになってる彼も全校集会では最前列で高嶺の花を目の当たりに出来る特権を授かれる至福のとき。
そして、いたずらな風がドラマを運んでくる。
対する『楠木冴(表紙)』は、サラサラロン毛とタッパの効いたナイスバディーに巨乳が眩しい知的美人で、基本、素直クールに鎧われるも、想いはとっても一途なタイプで、クールな仮面に隠された感情の起伏こそが魅力をつくりあげ、エロシーンに突入するとその端正なご面相を崩して淫化してゆくのがとても好い。
そんなふたりの直球すぎる愛を、巧みなアイデアと思いっきり破天荒な暴走ノリでたたきつける表題作『キミの瞳に欲情(コイ)してる』は、カラー8頁含む総116頁の+巻末オマケ3頁のイラスト入りストーリーで、洪水のごとき溢れかえる汁描写が一部のシーンで稜線までをも消し去るモザイクの役割さえ果たし作画的エロ度を引き下げる結果と相成ってはいるけど、ふたりの想いが籠もりまくったゼロ距離えっちが素晴らしすぎて、その過剰な汁表現すら一途な想いを伝える演出の一形態と捉えることができ、敢えて減点対象にはしませんでした(★5の上と紙一重な★5)。
ほか、★4の下・★4の中・★3の上クラスの短編も1編ずつ。
暗黒狂愛幻想奇譚『世界にない場所』という物語性極上な短編も収録(★4の特上)。
さらに描き下ろし1頁含む極上カラーイラスト12頁付属。
カバー内も見てね♪
古めの作品の作画はかなり粗いです。
エグさは上々。
漫画力は抜群。
暴走純愛青春漫画ファンの方へ、男女を問わず超お薦めな逸品デス。
エロと漫画でキュンキュンしたい貴殿貴女に。
小説やシナリオ作家と二足の草鞋でお忙しいとは思いますが、現在描いてる方向性もキルタイムで書いてた方向性も無茶苦茶ステキですので、もっともっと漫画の方も描いてくださいまし。
暴走ノリとなエグエロ描写と全力投球な愛情の融合と、漫画がステキすぎる青春系でアリマシタ♪


第37位 いけないいもうと『大道いむた』(メディアックス)

巻頭カラー4頁含む、早漏な兄と遅漏な妹のどーしよーもないラブソング『いけないいもうと』。
カラー4頁含む、お互いを見つめ合ってた兄妹の想いがひとつになるとき『いけないいもうと2』。
意識しすぎてスレチガイ気味になってた兄妹の想いがひとつになるとき『ボクパイ』。
カラー8頁含む、何の変哲もない恋人期のはじまり『若葉のころ』。
妹の下着でオナってた兄と、二人の妹の興味津々『妹マニア道(全2話)』。
久々ご一緒お風呂ではじまる兄妹のえっちな時間『キスよりえっち!!』。
気の利く友人のおかげで棚牡丹えっちな女生徒の嬉し恥ずかし『おまじない』。
8頁ショートのラブドラマ『こわれたTV』。
擬人化されたTVの8頁ショートなオバカ系『こわれたTV』。
妹は実はオッパイ星人だったというオバカ系『未乳との遭遇』。
くノ一的取り調べ術な12頁ショートのオバカ系『くのいち刑事』。
超久々に著者のどーしよーもなさが全開になる、10頁ショートな大バカ系『超絶超人!!アクメちゃん』。
ほか、後描き4コマ有り。
メディアックス移籍で改名したけど作風は変わらず。
『激ヤバ』掲載作+アンソロ掲載作+『ドルフィン』の残り物の組み合わせ。
妹モノは12編中6編ですのでご用心。
今回ショートが4編で、特に巻末作品は、大バカなアイデアと暴走ノリが素晴らしかっただけに巻末作はせめて16頁欲しかったですね。
純愛系と欲望系とオバカ風味で三分割。
無論、エロ作画はいつも通り。二人の想いが奏でる体温のあるえっちを、全身の緊張感と表情で魅せる手法が素晴らしく、濃い口まではいかなくても決して薄味ではありませんが、ハードコアとしてはかなりソフトな部類です。
ヒネリも何もない純愛空間をひたすら素朴に描いた『ボクパイ』『若葉のころ』が個人的には最愛。
『超絶超人!!アクメちゃん』『いけないいもうと』『いもうとマニア道』もベタ惚れ。
今回は強力な暴走系がわずか1編だけど、ファンなら絶対にゲットしなさい、なキュンキュンに充ちた一冊。


第38位 大好きだよっ『養酒オヘペ』(ティーアイネット)

巻頭カラー4頁含む、幼馴染みの傷心による代用品として演技に付き合わされる男子生徒と、元カレの名でテレを隠す女生徒の、不器用で平和なラブソング『ホンキ?エンギ?』。
傷心を紛らわすために敢えて放課後の教室を雑巾がけする男性教師と、ある日突然手伝いにくるようになった女生徒の、激しくも幸せすぎる時間『はるか(前後編)』。
カラー4頁含む、前作『あねき…』収録作品の第3話な続編『早紀先輩(その後)』。
かな~り天然ボケてる天真爛漫女生徒の、幼馴染みとの恒例な夏休みと、いつもと違う想いのお話『田舎の幼なじみ』。
危ないビキニで兄を誘惑する妹の、つもりにつもった想いがかなう瞬間『麻美ちゃん最後のゆーわく』。
早とちりな勘違いから、幼馴染みと奇跡を起こす女生徒の、嬉し恥ずかし『最後だから。』。
ほか、オマケ漫画3頁。カバー内もアリ。
04年の巻末作品は余程頑張って修正したのか作画的な見劣り無し。
エロへの踏み込みの強さはまた一段と輝きを増し、最強のエロ度を装備する寸前くらいまできています。
男性の露出度が低めな作品が多いことだけが若干不満。
ただでさえ多すぎて消し以上な汁に、汗やら雨滴やらシャワーの水滴やらがごちゃごちゃに混じり合い、本来ならそこにあるはずの最上級の官能を薄めてしまってるのが勿体ない限り。
心情を詰め込むのが抜群に上手くなり、ただでさえ進歩した展開力と合致して絶妙のドラマを創りあげることに成功。
個性溢れるキャラデもすでに完熟。
貧乳から巨乳まで。
肢体描写がド迫力。
ヒロイン全員推定ミドルティーン。
全作品素晴らしい限りですが『はるか』が頭一つ抜けてます。
軽エロファンな方は買い控えが吉。
男女の思いの丈の強さが織りなす物語を、一抹の欠点を抱えてもなお極上なエロースで堪能したいフェチ心強めな方へ、男女を問わず超お薦めな一冊。
思いのこもったドラマの感動で追い打ちをかけるフェチ心満載なハードエロースの炸裂をとくとご覧あれ♪


第39位 華のパレット『戸田陽近』(オークス)

著者の処女単行本は表題作『華のパレット』の4話までと一連のシリーズで構成された第1巻。
絵画部の巨乳ショートカットなボク娘『伊吹スミレ(表紙左)』はイケメン眼鏡な先輩『藤堂』の押しの強さに負けてヌードモデルを引き受けるが、あっという間に二穴掘られる『ムネきゅんっ・恋のバカンス』。そして、自らのヌード写真集で部費を補おうとする藤堂に、結局、縄アートな調教される『現在絵画部立入禁止っ!』。さらに茶道部のたおやかな武芸娘で並乳ロン毛の『藍染アキラ(表紙右)』と百合を魅せつけ、乱入する藤堂との3Pへ『茶道部へようこそ』。と続いたところで『華陵学園大学』が休刊となり、舞台を『嵐王』へ移し連載となった『華のパレット』では、スミレに思いっきりボロ雑巾な肉奴隷にされたいと願う団子結ツインテ貧乳な後輩『鵜西ミコト=通称ウニっち(裏表紙)』目線でリスタートし、とりあえず最低限の想いは遂げる3話まで邁進し、スミレとアキラの過去話となったところで以下2巻へ。
ほか、カラーピンナップとかキャラ紹介漫画とか後描き漫画とかカラーイラストとか愛の巣☆302号寮室とか。
レディコミ的な要素も多めのはっちゃけコメディーノリなキャンパスライフな物語。
破天荒で過激なんだけどゆるゆる漫画チックなキャラたちの個性も光る。
漫画力が高くキャラデも超魅力的。
エロシーンはかな~り過激系ながら、ちんちん以外の男性陣の自己主張がまったく以て不足なのが涙デス。
作品の方向性として女性の方に思いっきりお薦めしたい要素が多く含まれているのに、男性のお尻も胸板もほとんど拝めないことだけが残念。今後は男性陣の裸体もきっちり描いてくださいまし。
ともあれ、女性目線のはっちゃけ物語が好みなら激お薦め。
ウニっちの願望がハードに充たされる日がいつか訪れることを心より祈って。
一般誌だけじゃなく成年でも奇譚系とか挑戦していただければ幸い。
とゆーか、烈のアレはおもしろすぎマシタが。
ステキな男性陣の露出不足が罪だけど、ともあれ、ウイットとセンスに富んだ新感覚エロ漫画ナノデスヨ♪


第40位 好感あそ~と『しらんたかし』(ワニマガジン社)

描き下ろしカラー6頁ショート『らぶくえ』。
溜め込んだストレスをオフィス内でセックスにより解消しようとする社員たち。日常空間がいきなり盛り場に変貌を遂げてしまったとき、バイト青年と派遣社員な女性に訪れる転機『さかりば』は、在り来たりのエロ漫画シチュだけど、その空気がイイ。
夜の公園でへたり込んでた酔いどれ女性にかかわってしまった青年のお話『酔いアソビ▽』も、やっぱり在り来たりなんだけど、その空気がイイ。
アクシデントで出くわした元カノが頭をぶつけた拍子に幼児退行しちゃうお話『こもどり』は、さすがに在り来たりの域からハミダシきれず。
人生初ゲットなカレシとのカンケイも3ヶ月となり、空虚にも似た物足りなさを漠然と感じていた女性のチャレンジ精神から産まれたセレンディピティー『ものたりない!!』は、漫画のアイデアとして素晴らしいものがあるけど、この終わり方ならエロ漫画としてまさに『物足りない!!』。
よりににもよって最後部な車掌と向かい合わせな空間でドハデな電車内痴漢をされる女性のお話『行為』は、臨場感も素晴らしいけど、ラストは額面通りに読んでも、もうひとつの意味に捉えても通用するところが素晴らしすぎる作家性。
思いっきり勘違いの嫉妬からカテキョな教え子であるご近所少年を強姦してしまう女性の先走りな勇み足『さきいさ』は、なんとなく想像できてしまうオチだけど、悪くない。
少年少女の8頁ショート『大人遊び。』。
無表情と無口にもほどがあるほど徹底的な、ノーと言えないオンナノコのお話『のーなこ』は、抜群の展開力を活かしたキャラ勝ちで、ラストまでステキすぎ♪
ご主人様と結ばれる日を夢見て、今日も今日とて想いに耽る、儚い恋のゴミ箱物語『ものもの』。
夜ごと夜ごと義理の兄の寝しなを襲い強姦しまくる妹。そして…『たまには』。
視姦をテーマにした男女生徒の8頁ショート『循環妄想』。
地震による家屋崩壊な閉所幽閉状況下での男女生徒のサバイバルラブ『さばらぶ』。
カバー内に滅茶濃ゆい作品解説な『人物相関図』があるので、読み終わったら必ず見ましょう♪
連作系長編だった1冊目・3つの中編で構成された2冊目に比べるとどうしても人間ドラマは薄味なのですが、短編集なので致し方ありません。
エロースに関しては滅茶濃く描いてるティーアイネットのものとは比べものにならないのは雑誌の方向性の違いだから当然として、漫画的味付けが著者にしては薄くなってしまった、所謂、普通のエロ漫画的になってしまっているものが多めなはやっぱりご時世でしょうか。
それでも充分味わい深いのは著者の才能が成せる業なのでありますが。
ともあれ、『ものもの』『循環妄想』が、滅茶苦茶ステキでした♪
『のーなこ』『行為』も激愛。
『さばらぶ』『たまには』『さかりば』『酔いアソビ▽』『さきいさ』も超大好き。
著者の単行本で3番目に超大好きな一冊です♪


第41位 ドキメキ時間割『土肥けんすけ』(ヒット出版社)

奇抜なアイデアを強烈に斬り落とす四次元な作家としての手腕が冴え渡りまくる一冊デス♪


第42位 エロいす『ISUTOSHI』(ワニマガジン社)

2割のリアルに8割のファンタジーで紡がれる整合性抜群の大バカ浪漫なハチャメチャワールドを堪能するがよいッ♪
道満ワールドのそれにはさすがに一歩及ばずともISUTOSHIは絶対におもしろい。


第43位 しりまんぽ『トリノ宗肉』(ジーウォーク)

思いっきりダークなネタをファンタジーなポエムに刷り替える二次元魔術師の降臨でアリマシタ♪


第44位 超悶絶カリキュラムプラス『ジョン・K・ペー太』(コアマガジン)

04年に故桃園書房から発刊された著者の2冊目『超悶絶カリキュラム』 に5冊目『ジョン・K・ペー太の世界』用に描き下ろされた『触手神拳最終奥義 狂い咲きデストロイ!!』を加え、さらに続編『狂い咲きデストロイ!! 逆襲のマーダーランド』という20頁の描き下ろし作品も収録し、カラー頁も再現した改訂復刻版デス。


第45位 大丈夫【新装版】『師走の翁』(ヒット出版社)

99年に発刊された同名タイトルな著者の4冊目にお蔵入りになっていた短編1編と、阿吽08年5月号に掲載された販促漫画な4頁ショート『制作快調+』を加えた改訂新装版。
追加された短編は、中世欧風冒険譚なハッチャケエロドラマ『7025』で、思いっきり中途半端に未完のまま。なおこの作品について、初回分帯宣伝に『カラーまで完全収録』とのキャッチがあるけど元々モノクロのみの作品だったので当然カラー頁は存在しませんのでご用心。
オリジナル版との違いは、
表紙と裏表紙はリニューアル。
折り込み部分の2点の単色イラストおよびカバー内のイラストと『おしゃべりコーナー』はオミット。
作品解説含む当時の後書き3頁はそのまま残し、『ご挨拶』をイラスト入りで1頁追加。
『魔法少女艶譚』『F・G・S・M』『for 女の子向け(重文)』および先に発刊された『師走の翁 改訂版』に頁数の都合上収録しきれなかった『そ・ら・う』『制作快調』のキャライラスト入り作品解説を1頁ずつ追加。
巻頭に4頁のステキなカラーイラストギャラリー(阿吽の表紙絵)を追加。


第46位 ラブハン『マイノリティ』(コアマガジン)

オバカでステキなキャラたちの、肉欲から目覚める愛だっていいじゃん♪
ボンデージ満載デス。


第47位 みだらなボクら『水上蘭丸』(メディアックス)

リアルハードな鬼畜物語をファンタジーに刷り替えた、ステキに過激なショタ薔薇本デス♪


第48位 よい子は静かに眠れない『舞登志郎』(モエールパブリッシング)

1冊目『妹の匂い』収録の全2話の表題作以来、ひねくれハートな愛情成分120%くらいの、思いっきり近親ネタの背徳行為を描き続けてきた作風は不変のまま、偏屈で悪ふざけの感覚を微量のオブラートでほどよく薄め、ポエムに変換。
マニアックな強烈さはデビュー当時より薄れたものの、やさしさの風味づけがとてもステキ。
個人的には剥き出しの願望がストレートに現れてた初期作品も棄てがたいけど、口当たりの好さは格別。
艶とか萌えとかの風味を一切排除したコミックタッチの絵柄で、肢体描写も一般コミックなシンプルな線描なため、昔に比べれはエロへの踏み込みが強くなってきてるとはいえ、成コミ水準のエロ作画にはまだ遠く及ばず。
強力な想いの成分が抜きツールとしての性能を確保してるものの、テーマがツボじゃない方にはとてもお薦めできません。
近親者に対するリアルな愛情をポエムでたのしみたい方へのお薦めデス♪


第49位 LUST TRAIN【初回限定版】『まぐろ帝國』(茜新社)

さて、この作品集は主に、『おちゃらけ』『残酷』『シュール』『かっとび』『四次元』などの成分で構成されているため、使用上の注意をよく守ったうえで取り扱ってください。
また、上述タイプの漫画が好きという方には、とても楽しめる内容ですが、性行為の描写自体は相当にエグエロですので、生卵4つくらい呑み込んでから使用するのが吉でしょう。
なお、この初回限定版の付録は『放課後奴隷倶楽部』のドラマCDだったりするワケで、出版社の姿勢自体が罪でしょう。
そんなワケでファン以外の方は通常版をゲットした方がベターです。


第50位 年刊中年チャンプ創刊号『中年』(マックス)

暴走萌え漫画万歳♪


第51位 満開乙女『めいびい』(ワニマガジン社)

ハッチャケ乙女の真摯にひた走る情熱を詰めこんだ『想い』の福袋。
さあ恋をしやがれ♪ナノデス。


第52位 秘蜜の花園~触手蟲地獄絵巻~【全2巻 ※第2巻は初回限定特装版】『某零』(オークス)

6年1組の『山瀬麻美』は動物大好きな優しい子で、生真面目すぎる性格が災いして、独り空回りするタイプ。
5年2組の『谷村茜(表紙)』はオテンバで無鉄砲で、好奇心旺盛でトラブルメーカーだったりもする。
4年4組の『荒井直子』は気配りができる優等生で、普通に女の子女の子してるところがミソ。
物語は茜が得体の知れない卵を拾ってきたことから始まります。
卵から孵ったのはグロテスクな生命体で、触手蟲世界に関わってしまった飼育委員3人組のお話と相なります。
さて、この本は一応著者の商業4冊目であるけど、過去の3冊は何れも著者がプロ入りを決意する以前に同人誌で描かれたものの再録だったので、実質的にはデビュー作に当たります。
今回の味付けはミステリ&サスペンス風味。
触手蟲のアイデアも秀逸で、要所要所でその気色悪さを存分に撒き散らしてくれててミゴト。
基本的には仲良し3人組中心の構成ながら、個性的なサブキャラたちもそこそこ登場してるし、2巻完結ではいろんな面で語り落ちてしまう部分が多くなりそうで、ちょっと心配。
キャラデはかな~りレトロ系。それがまた斬新だったりもするけど。
さらに作風までもが70年代少女コミックなホラー系を彷彿させたりとか。
ともあれ、触手が物語自体の主役だったりする作品は成コミでも稀少だから、幻想奇譚のファンな方には是非手にとってみて欲しい一冊ではあります。
ハードでグロテスクなアイデアがてんこもりなので、苦手な方はパスしてください。
カバー内にオバカ漫画。
『異形の生命体"触手蟲"の謎に迫る!!』2頁。
予告の「退廃と欲望の楽園『秘蜜の花園』が姿を現す」にワクワク。
後書きで著者の言葉にある「普通じゃないエロ漫画の可能性」を、今後も突き詰め、斬新な世界を構築してくれたらと思う。
のよーに書いたのがもの凄く昔のように思えるのは単に私がボケ老人の域に到達間際だからかもですが、予告通り、退廃と欲望の楽園『秘蜜の花園』がベールを脱いだとき真の物語が始まります。
はっきり言って1巻の作品世界を気に入った方だけが堪能できる世界です。
完膚無きまでにストーリー系のエロ漫画ですので2巻だけ買ってもおもしろくはないでしょう。
基本的に、エロ漫画のオマケってショボイものもおおいのですが、少なくともこの第2巻な特装版のオマケは大いに価値があります。
本編では語り尽くせなかったことへの後日談としての漫画が掲載されていたり、企画もてんこ盛りだったりする、36頁の小冊子込みでの評価順位だと思ってくださいませ。
本来なら大好き作家様の場合、限定版と通常版を1冊ずつ購入するのが常なのですが、今回はこちらを2冊購入させていただきました。
ラストまで期待を裏切らないレベルの内容です。
ただし、やっぱりさしものオークス様とはいえ、メインヒロインの最悪までは描けなかったという、現在方面の需要のバランスを考慮した内容に落ち着いていることは、いちおうご理解いただければと思います。
最悪のなかの最悪を描けなかったことにわり『凄い』のポテンシャルは20%くらい落ちてしまった気もしますが、現状が許してくれる範疇で、出来うることはほとんど消化できているんじゃないかと。
個人的にならやっぱりあと100頁ほど欲しかったというのがホンネではありますけど。
ともあれ、この作品は某零じゃなければ描けなかった作品で、たぶん現状ではオークスじゃなければ難しかったと思われる、成コミ触手物語史上最高レベルの逸品であることだけは紛う事なき事実であると、少なくとも私は思うのです。
あとは趣味の問題だけでしょう。


第53位 おしおき。『稲葉COZY』(松文館)

キュンキュンとドキドキがいっぱい詰まったステキにドラマなショタ薔薇本デスヨ♪


第54位 おとこのこ×おとこのこ『井ノ本リカ子+BENNY'S』(松文館)

端的に言えばエロコメ系と想いの羅列系。A面とB面はまるで別世界なショタコミです。


第55位 Escape Creator『井上よしひさ』(ヒット出版社)

苦痛と快楽の蟻地獄な幸せ天国。
緊縛は無論のこと三角木馬もステキすぎ。
愛あるSM世界な道を突き進んでください♪


第56位 ふたり嫁『レオパルド』(コアマガジン)

お尻やオッパイを思いっきりクローズアップする大胆かつフェティッシュなデフォルメリングとアングルがたまらない。
コスを活かしつつも王道エロとしての基本をまったく失ってない姿勢が素晴らしすぎ。
想いが詰まりまくったヒョットコフェラが最高♪
闊歩するチビキャラたちが滅茶ステキ。
愛情が珠玉のスパイス。
メインのユルユルハーレム系も乙だけど、破天荒でギチギチな純愛系がやっぱり著者には似合ってると、個人的には思います。
フェチを活かした裸勝負と、キモチの籠もったゼロ距離えっちが花マル。
画もコマ割リもまだまだ甘いけど、エロ漫画として必要なスパイスはすべてある。
『金髪ストレート』最高♪


第57位 PARTICIPET~吉永くん奔走する~『田沼雄一郎』(コアマガジン)

表題作長編『PARTICIPET』の第1巻な第8話までを収録した、ショタでは秋緒たかみ名義も使い分ける著者の成コミ7冊目(通算12冊目)。
生徒会経理の男子生徒『吉奈賀矛雅』は、類い希なる関取体型のオデブちゃん。
でっかい図体のワリにはけっこー気弱でかな~り卑屈だったりもする彼は、ロン毛ムチムチ爆乳生徒会長『盾科麻織(表紙)』に対して邪な欲望をいだきまくり、裏で悪戯の限りを尽くす。
そんな底意地が悪くて情けないダメ男が物語を引っ張る主役。
青春街道逆走中な彼に訪れる転機。
無我夢中の初体験。
ひと皮むけた彼に怒濤の如く押し寄せる桜吹雪な春爛漫。
第4話から登場する漫研部長なナイチチ眼鏡小動物系『矢口由海(裏表紙左)』とのコントラストも抜群。
第7話にして登場の陸上部筋肉質貧乳ショートカット『槍ヶ淵駿恵(裏表紙右』)もミゴトに場を盛り上げる。
ここまで人間的に負の要素で鎧われたところから物語をスタートさせたのが凄すぎる。
その圧倒的肉質でもってガチンコ勝負するエロ描写も、フェロモン出まくりな臨場感と、一途でワガママな心情をともなって、滅茶エロイけど、後半では描き方に芸が出てくるも透過図の乱用が思いっきり情緒を打ち消してて唯一不満。
四者四様の人間ドラマはめくるめく想いをのせてステキなドラマを演出してくれるけど、単行本1冊での打ち切り指令にやむなく終わらせた最終話は、無理矢理終幕にしては体よくまとまっているものの、やっぱり疑問符の方が先に立つ。
何時までも続いて欲しいという願望を込めて、本来なら1巻完結との表記があるにも関わらず身勝手に第1巻と表記させていただくことをお許しください。
ステキな思春期ドラマと、人間くささが素晴らしい4名の出演者に「ありがとう」。
まだまだ躓いて泣いたり転んだりへこんだりしながら成長してゆくであろう彼らに花束を。
いつかきっと舞台が整い彼らの物語が再び動き出すことを夢みて、アンコール♪


第58位 Second Virgin『ここのき奈緒』(コアマガジン)


第59位 ぼくの飼育日記『鬼窪浩久』(エンジェル出版)

アップと引き絵でバランス好く綴った、小手先の技に走らない王道的エロ展開力が抜群。
ワンポイントなアクセでコス的センスを演出するも、基本、裸勝負の迫力が抜群。
サプライズを活かした漫画としての味付けもメキメキ上達中。
何より男女の想いをきっちり作品に投影できるのが素晴らしすぎる作家性。
倒錯系ハードコアポルノグラフィーの決定版。
天国と地獄の狭間でひたすらに快楽を貪り喰らう、老若男女たちの百花狂乱たる性宴をとことん堪能してくださいませ♪


第60位 Witchcraft『大和川』(茜新社)

現代に生きる魔女の至宝工芸は、それでも愛するキモチには敵わなかったというお話デス。


第61位 欲情×覚醒『天乃一水』(クロエ出版)

巻頭カラー4頁ショート『放課後堕落』。
ちょっと『マリみて』みたいな乙女の園で妹よりもちんちんを取るお嬢な女生徒のお話『鷺ノ宮幸子の秘密』はラストのエゲツナサが花マル。
エロ本を没収された男子生徒と女教師のキャラ勝ち系『風凛火山』。
オタクに同人誌即売会でツンデレラなコス美少女がM願望でという夢のようなお話『さまー☆いべんと』は、キャラとテーマを活かすには中盤からの展開が構成的に不足していて、とても惜しい。
これもキャラ勝ち系『大野さんの変わった愛情』は、シンプルな作劇とシチュの好さと意外性が抜群でエロを引き立てまくるが、ストンと落とすラストも必殺。
ザーメンマニアな義姉と弟クンの不倫物語『濃厚ヒロミルク』。
そうとうに野性的な女教師虫には弱かったというお話『折笠先生の受難』は、肝心の虫の存在が有って無きヶがごとしではあるけど、展開力が好く、漫画チックキャラがよく活きている。
さて全3話の中編『マスカレード』ですが、若干ネームに頼りすぎな部分はあるものの背徳と狂気が抜群で、エロを美味しく仕上げていた著者の処女単行本である『飼育願望』収録短編『ペルソナ』の続編に当たるのですが、本編の物語の方は、教師であるヒロインが弟の失明の危機に、治療と引き替えに一ヶ月間、同僚教師に凌辱調教されるという大筋をベースに、背徳的な純愛こそをメインテーマにした作品で、『心までは売らないと決めたヒロインの信念と快楽の葛藤』を堕とすべき『絶妙のサプライズを伴う間接的凌辱』を経て、後はもう寸分狂いのないシナリオをつくりあげ、リアルを一切失うことなく幕。
完璧なシナリオ構成力には文句のつけようもなく脱帽。
リアル系の『凌辱』『調教』『欲望』『背徳』『純愛』というテーマが苦にならない方すべてに読んで欲しい希有の名作人間ドラマ。この中編への評価は★5の特上ですが、敢えて一つだけ注文させていただければ、狂おしいほどに求める、かのシーンだけでも男性にはスッパになって髪を引っ掴みベロチューしまくり腰をふりたくって欲しかったと、それがあれば★6でしたが。
短編の方は、年齢層マチマチで、萌えベースの一直線キャラ勝ち系からコミカル活かした作品まで。
1作ごと大胆にキャラデを変えてるヒロインたちは充分魅力を備えつつあります。
オチがスベリすぎて勿体ないのも少々あるけど必殺なのもアリ。
ポージングの好さや表情のバリエなど、官能表現力はますます磨きがかかってますし、特に爪先まで緊張感のある引き絵が抜群。
属性にそこそこ幅がある方および無属性の方へは激奨級の単純明快悩殺系エロ漫画デス。


第62位 堕ちる放課後『舞大夢』(久保書店)

アホの子たちの生態を思いっきり堪能できる、ひねくれハートなポエムが滅茶ステキでアリマシタ♪


第63位 YELLOW★POP『けものの★』(コアマガジン)

大バカ系のエロ漫画はとても難しく、ともすればシラケ成分が出ちゃうものですが、著者は展開力とセンスに優れているため、作品としてきっちりトキメキを成立させているのがミゴトです。いずれは神の域まで辿り着くことでしょう。


第64位 黒ギャル@実用化計画『TAKUMI』(東京三世社)

黒ギャルが大好きなら迷わず買いなさい、な一冊。
ただし、局部方面は期待しないこと。


第65位 肉辱委員長『まるキ堂』(ティーアイネット)

いつもながらのまるキ堂味ながら、時代が時代なのでスカはありませんよ。
メイン中編の設定がフェロモン能力者ということで、既刊に比べるとナチュラルな堕ち展度は弱いのですが、エロ表現力はスケールアップ。
ともあれ、M豚娘たちを思いっきり堪能しやがれナノデス♪


第66位 生えてるお姉さんは好きですか?『命わずか』(エンジェル出版)

シュールと紙一重なオバカイズムを撒き散らす、フタナリたちの過激な日常。
全作品、とーしよーもないくらいのオバカな役どころをキャラたちが大真面目に演じてるのが素晴らしい限り。
話として流されすぎな作品もあるけど、大胆不敵なアイデアを余すことなく作画として表現しきれる、テレを一切感じさせない踏み込みの強さがピカイチ。
まるでPNさながらに、生き急ぐかのごとき完全燃焼なノリマクリが命。
題材自体がファンタジーなのに、さも当たり前のように日常化させ、さらにリアルをとことん排除する漫画手法が、過激と脳天気で相殺される微妙な位置にある危うい空間を創りだし、あたかも隣に存在している異世界のごとき独特の二次元世界を構築。
喜怒哀楽なんてレベルは超越したところで、ほとんどシュールと紙一重の、腐女子な主婦の凶器な作家性もミゴトすぎ。


第67位 春色さぷりめんと『雨部ヨシキ』(ヒット出版社)

日常の中こぼれ落ちた、ふたりの想いで紡ぎ合う、シリアスな心情が眩しい、ステキな一冊♪


第68位 辱育『あわじひめじ』(茜新社)

8頁ショート1編+短編4編+93頁の長編に近い中編『亜久津輪姦スクールにようこそ!』+描き下ろし4頁の構成。
ほか、『特別付録女児設定資料集』9頁・2コマ漫画×2・1コマ漫画 ×2・ 後書き1頁・カバー内もアリ。
メインキャラの推定年齢は短編が8~11歳くらいで中編が8・11・12・12歳くらい。
表紙は推定8&12歳の姉妹なので、これで推測してください。
属性は、短編の方が、強姦劇5編・中編の方は強姦で幕開けする恥辱輪姦調教劇。
メインキャラ12名中10名が乙女を散らします。
作品の完成度は、短編の方が高く、どの作品もきっちりつくりあげたシナリオの中で完膚無きまでズタボロにされます。どんなに泣き叫ぼうが祈ろうが正義の味方も来なければ女神も降臨しません。当たり前ですが痛いだけです。強姦されてキモチヨクなるような女性なんて漫画の中くらいしか存在しないのですから。ただし例外的に1編だけ凌辱が長期化する作品だけは、少女2名は性感を開発されたことになってます。途中のシーンははしょられているためここからは私個人の憶測にすぎませんが、苦痛と恐怖を和らげるための自己防衛手段としての刷り替えと見れなくもありません。
『子供達の安全を嬲るために!』という作品ですが、ラストシーンまできっちりと描かれたために、その凄絶さは限りなくマックスです。
一方、メインディッシュですがハードなメニューと鬼畜度だけは史上最強レベルの破壊度ですし、メインヒロインである姉妹愛を枷にする手法は在り来たりとはいえ、充分にその鬼畜性を増加する効力がありましたし、終焉無き不幸地獄は表現できてますが、展開がマシンガンすぎてタメが無く、ラストのしかけもあっさりしすぎで漫画としての味付けが抜群だったというにはちょっと足りない内容でした。
テーマ自体はきっちり消化できてるものの名作レベルにできるテーマだっただけにちょっと惜しいです。が、この作画力とハードなポテンシャルでここまで鬼畜な少女凌辱系作品だけを揃えた単行本ってのは記憶にないくらい凄まじかったことは事実。
著者は殊更少女凌に特化した作家様ではないですし、ホントは物語性の高い漫画にこそ味がある作家様で、昔司で描いてた妖怪ものとか最近他誌で書いたガンアクションものとかの方が個人的には凄く好きだったりしますが、ここまで鬼畜に徹したことは賞賛に値しますし、少なくとも強姦されてキモチヨク成っちゃって好かったね、だから犯罪じゃないよみたいな作品よりは説得力もあるし抑止力にもなるでしょう。奥付上部の注意書きは腑抜けすぎていただけませんが、これ以上お上の標的にされたら元も子もないので致し方ないところ。
ともあれ、少女凌辱ファンなら絶対に買っときなさい、な凶器本。
さておき二次元創作物まで侵食する児童ポルノ禁止法改正案などという歪んだ法改正には断固反対。そもそもわいせつ物頒布罪を定めた刑法175条は憲法21条「表現の自由」に違反してるうえ、ロリの規定が19歳ならロリが結婚できるシステム自体が歪。少なくともこういう本が存在してくれてるおかげで三次元で犯罪に走らないですむ私のような輩が存在することだけは事実。
さて世の中には様々のタイプの人間がいるわけだけど、当前ながら皆、それぞれの『好き』と『嫌い』をもっているわけで、だから当然のごとく『好き』と『嫌い』は他者にも及び、人が社会生活を営む上で、家庭とか学校とか会社とか町内会とかいう集団内での日々日常的な人付き合いさえ支障をきたすほど、その『好き』と『嫌い』が当事者の固定観念になってしまっている人も、実際問題としてすでに老人の域に近い私は星の数ほど多く遭遇してたりするわけだけど。
『好き』と『嫌い』というレベルが脳内だけで鬩ぎ合ってくれている分にはまだ支障なくても、ことそれが他人や他人の考えすらをも排除しようとするところまでくると、まったくもって始末に負えない。
他人の考え方や、その在りようまでが気にくわない人間は、時として集団内で他者の悪口を散々ぶちまけたりした挙げ句、終いには誰からも本気で相手にしてもらえなくなるのが常だけど、そういう凝り固まってしまった人間に限って自分の信念こそを正義だと思っているので、いっかな改心などするはずもなく、自らの毒だけを撒き散らすのである。
さておき、私は戦争映画が好きだ。
それはコメディーとしておもしろおかしく茶化したものから風刺がピリリと利いたものまで、エンタメから悲惨な実録ものまでこよなく愛していると言っても過言ではないが、できることなら戦争には参加したくないと常々思っている。当たり前だけど自分の手を汚したくないからである。戦時下では人を殺すことが正当化され、敵兵を前にして逃げ出す者は犯罪者として裁かれるわけだけど、倫理と正義の狭間で苦悩するよりは、お気楽安易に生きたいと思っているからだ。
でも、明日闘わなくてすむという保証はどこにもないし、手を汚さずに愛すべき人を護れる保証もどこにもない。
そして、本当の惨劇にぶち当たってはじめて人は恐怖や慟哭の意味を知るのだ。
全ての人間が戦争の悲惨さを知り尽くしているわけではない現代社会に、戦争は悪いことだから戦争映画は排除すべきだという過激論者が存在したとしても別段不思議ではないし、それは至極当然なひとつの意見でもある。
さて、問題。
戦争映画はリアルで生臭いからと禁止したとして、では漫画ならいいのか。漫画もダメなら小説ならば許されるのか。小説もダメなら教科書の数行で終わりなのか。そんなもので本当に戦争の悲惨さを理解させることができるのか。
日本の法律は穴だらけでどうしようもない問題が山積みだけど刑法177条の生ぬるさもまた然りである。
個人的な意見だけで言わせてもらえば、強姦は未遂でもすべからく死刑であって然るべきだと思っている。いっそのこと些末な法律違反者を全員死刑にしてしまえば、ものの数年で人類は滅亡し、地球も青く清浄な惑星としての自らの生命を全うできるであろう。
無論、極論である。
要は、二次元の法こそをきっちり整備するべきだということ。
ともあれ、強姦の悲惨さを伝えられる漫画すら排除しようとするなら、代わりは何に求めればよいのか。
二次元エロ漫画世界に軽い凌辱系の作品を好む方は意外に多いけど、ストレートな強姦系を好む方はやはり少ない。物語がリアルならリアルなほど、そこにある惨劇は拡大され、惨劇慣れしてない読み手の良心をほじくり返し、胸が痛むからだ。
誰かの宝物は誰もの宝物にはなり得ないし、誰かの毒物は誰もの毒物にもなり得ない。
ひとりひとりが納得して、作品を選べばよいだけの話だ。
『個人的に好きか嫌いか』『個人的に要か不要か』だけで充分であろう。
まあ、中編の方はほとんど過去に出尽くしたものと代わり映えしなかったけど、ここ数年このタイプの作品がめっきり減ってしまったため最近の読者なら問題なかろうし、短編の方は凄絶でミゴトであった。まあ、『火垂るの墓』のような胸糞悪さは当然付きまとうけど。
さらに物騒ながら本音を言えば、ボロボロにされる少女たちを強姦した野郎どもが、かの『マザーグース』みたいに返り討ちにあっていればなおステキだったのだけど、縛りだらけの現状で、それは無理というものだし、ヒネリも何も無く、救いの神が現れなかったからこそ、ストレートに酷さを提供できたというのがいちばん大きいのではなかろうか。
最後に『あわじひめじ』に関してひと言。
誰もが尻込みするようになってきたロリ強姦系というニーズに応える最後の砦的実力派な方だけど、本当は凌辱系でもオチャメな味付けにこそ真価を発揮する物語派で、シリアスラブドラマでもステキな作品を描ける方だし、前述の『マザーグース(単行本未収録)』をはじめ2冊目『泡姫殿』にはとっても不謹慎なハムスター同士の強姦物語とか、強姦相手をボコボコにする女の子とか、百合な女の子が魔法生物と戯れるSFファンタジーポエムの名作『PIKUTIN』とか、オバカでステキな作品が盛りだくさんだったり、4冊目『倭姦』には鬼同士の純愛ドラマ『ヌいた赤鬼』とか、人間と忍犬の恋物語『ミミズ千匹発情犬のまん』とか、恋人たちの空間をさりげなくあったかく魅せた『ラジオのじかん』とか『ゴミ箱恋愛協奏曲』とか『あひるのひな。』とか、極私的な宝物が目一杯詰まってたり、5冊目『精性魔装オルガーナ』は、まあ構成力が若干問題アリなため中編2編の完成度はともあれ輝きは充分あるし、特に短編『眠れる森の妖精』は滅茶お気に入りだったりするとか、原稿の余白で用語を解説してくれたり、作品解説なオマケは当然のごとく提供してくれるうえ、本作も設定資料がてんこ盛りだったりと、まずファンありきな方であると、ひと言じゃ納まらなかったけどちょこっと弁明させていただきましたが、戦争映画の制作者が悪人ではないことと等しく少女強姦漫画を描く著者もまた悪人でないということだけは、成コミファンな方ならすでにきっちりわきまえてくれてると確信しつつも、お節介ながら念押しさせていただき〆


第69位 Groove Tube『けものの★』(茜新社)

喜怒哀楽を漫画チックに垂れ流す、ワガママな悪ノリ大バカ暴走ぶりがステキすぎる逸品デス♪


第70位 ぶろっくん戦闘姫『夢見御弧地』(キルタイムコミュニケーション)

アクションシーン・凌辱シーン問わず、ヘンテコと紙一重ななポージングが、オリジナリティーな魅力に包まれててステキすぎ♪
ベタ惚れデス♪


第71位 思春期は発情期。『甚六』(コアマガジン)

蝉時雨と風鈴と敷きっぱなしの布団と愛欲と激情と麦藁帽子とソーダ味のアイスと田舎道と子豚ちゃん蚊取置と全6日中4日目な幸福な充足感と添い寝と肌の温もりの無声劇なラブポエム『in Season』が素晴らしすぎマシタ♪


第72位 相思相愛ノート『フクダーダ』(コアマガジン)

挿入の瞬間のトキメキも射精の充足感も素晴らしいけど、行為と合致する表情のメリハリや、緊張感と陶酔感や距離の近さも特筆もの。
お互いの指が触れあう前からすでに始まっているドキドキを描くのが上手すぎる。
恋の成就のために必死こいてる女の子たちのキモチがステキに眩しい濃い口ドラマに乾杯♪


第73位 ちぃさな恋ゴコロ『裏次郎』(茜新社)

青年と飼い猫(ネコマタ)『コロ』の恋物語は、自分事情で少女の姿に変身する『コロの発情期』からはじまる全6話なんだけど、抜群の方向性で感動を垂れ流してくれた第1話がピークで、最終6話に当たる『ちぃコロ日記』の第3話で再び感動が大爆発するまで、その中間部分のつなぎ方に構成面での甘さと、中途参戦する母ネコマタ登場後のコロの扱いの弱さが、かな~り残念でしたけど…。
ゆえにドラマチックになったとはいえ、やっぱり不満は残ります。
今回は褒めに徹しようと思ったのですが、最愛のロリ作家のひとりなので、やっぱり辛口で。


第74位 したいからスルの『Cuvie』(一水社)

ここのところ綺麗に物語をつくろうとしすぎて心を揺さぶってくれる作品が目減りしてましたが、やっぱりリアルなぶつかり愛をきっちりドラマとして演出できる中編は、想いのドラマの紡ぎ手である著者の真骨頂がいかんなく発揮されてて、とてもステキでした。
リアルグルグル純愛ドラマが好みな方はぜひ♪


第75位 よい娘のおもちゃ箱『ののるみあ』(コアマガジン)

基本、ハードな萌えエロ手法でも、男性こそを魅せてる面も多めで作画力も上々。
萌えの日に発売されたワリには萌えというより華麗を詰めこんだドキドキの宝石箱。
『私の執事様』『うら』『お嫁さんごっこ』をはじめ超大好きな作品がてんこ盛り。
男性向きのものと女性向きのものがごった煮なうえ、年齢層も思いっきりとっちらかってますが、新感覚アダルト漫画の担い手の一人として個人的には『戸田陽近』とともにイチオシしたい超彗星。
微妙な乙女心をポップで隠し味にした新感覚エロ漫画のドキドキワクワク玉手箱デス。


第76位 しりある!『奴隷ジャッキー』(ワニマガジン社)

それでも充分おもしろい部類だけど、得意の大バカイズムは最小限にとどめられ、著者の作品としてはあり得ないくらいノーマルに近いエロコメであります。


第77位 しゃる うぃー げーむ?『佐々原憂樹』(茜新社)

巻頭カラー6頁ショート『てつぼう。』。
青年と猫少女の物語『甘噛み姫』は、22頁の誌面を余すことなく絶妙のコマ展開で寸分の無駄無く詰め込まれた想いの方向性がミゴトすぎ。
母の連れ子として怯えるように義兄を見ていた少女はいつしか青少年に懐き、指定席なお膝の上で性に目覚め、小悪魔な性癖を身につけてしまうお話『ひざうえ姫』。
のぼり棒にオマタがこすれてしまって辛抱できなくなっちゃった少女と、ワルノリ兄妹のエロポエム『のぼりぼう。』。
これだけでもワタシには珠玉の宝物デシタ♪
無論、2冊買いマシタヨ♪


第78位 乳HAZARD『KASHIみちのく』(東京三世社)

金髪娘の2編は、棚牡丹感覚が抜群。
黒ギャル3編もステキにユルキュン。
鼻汁まで糸引きまくるベロチューが必殺技。
脳天気娘たちのフェチなキュンをほのぼの感覚で楽しめる旧司のアイドル復活第1弾は、尚成長中。


第79位 母子あそび『マスタングR』(クロエ出版)

とにかくフェロモン全開な痴女たちの牝臭を堪能せよ♪
何気に漫画としてのアイデアもステキナノデスヨ♪


第80位 おんなのこ ふたたび『かがみふみを』(宙出版)

旧PN『加賀美ふみを』な著者の成コミ8冊目(通算14冊目)は故平和出版の倒産で自動的に絶版となった2冊目『おんなのこ』に単行本未収録作品2編と描き下ろし1編を加えた愛蔵版仕様。
ほか、5コマ漫画付き後書き。カバー内もアリ。
恋するキモチがギュウギュウ詰めになったステキな作品集デスヨ♪


第81位 ブレイブメイデン 姦淫散華『TAKE』(キルタイムコミュニケーション)

キャラの生い立ちまで匂わせる手腕が抜群。このまま真っ直ぐに進化して欲しい逸材。
幻想奇譚な戦うヒロイン凌辱ものが好みな方へのお薦めデス♪


第82位 師走の翁【新装版】『師走の翁』(ヒット出版社)

99年に発刊された同名タイトルな著者の3冊目にお蔵入りになっていた短編1編を加えた改訂新装版。
追加されたのは、カラー4頁含む、ヨーニ学園女子陸上部で紅一点的存在の、ラブリーな男子マネージャー『森田レン』がオバカに大活躍するハッチャケエロドラマ『ランナーズ・ハイ』。
オリジナル版との違いは、
表紙と裏表紙はリニューアル。
折り込み部分の2点のカラーイラストおよびカバー内イラストはオミット。
作品解説含む当時の後書き3頁はそのまま残し、『ごあいさつ(改訂版によせて)』をイラスト入りで1頁追加。
『dogs』『八角磨盤空裏走』『探偵故事』のキャライラスト入り作品解説を1頁ずつ追加。
巻頭に4頁のステキなカラーイラストギャラリーを追加。


第83位 Readiness『山文京伝』(コアマガジン)

卓越した漫画力でおくる、官能小説風味な淫催調教劇のダークサスペンス劇場デスヨ♪


第84位 毒姫の蜜『マサキ真司』(三和出版)

次から次へと大量に撒き散らされる糞海を、ただただ堪能するがよい♪


第85位 淫脚『黒龍眼』(ティーアイネット)

堕ちの説得力とドラマチックを撒き散らすための演出法さえ身につけば、ほとんど神でしょう。
とにかくサディスティックな狂気に酔える逸品。


第86位 伊駒一平ベストセレクション~秘虐~『伊駒一平』(宙出版)

ともあれ、どーしよーもないえげつなさとゆるゆるなオバカさに充ち溢れた、著者のアイデンティティー自体が好みの方へなら、是非遡って欲しい一昔前の傑作群でアリマス♪


第87位 NIPPLE BOY FRAGMENTs 『奇械田零士朗』(茜新社)

とってもステキなショタ薔薇ファンタジーポエムなのでアリマスヨ♪


第88位 とある見習い魔法少年の日常『奇械田零士朗』(茜新社)

こちらはファンタジー色が強く、フタナリ的キャラとかも登場してくれますが、ほぼ同様の味わいナノデス。


第89位 ムチムチ・プリンセス 『じゃんぬだっく』(メディアックス)

まったくもって100%棚牡丹にヒロインたちは皆、嬉嬉として股を開いてくれるのデス。
まさに男性のためだけのファンタジーなエロ漫画デス♪
アイデアもオバカでおもしろいデスヨ。
無論、成コミにリアルしか求めない方にはお薦めいたしません。


第90位 僕の愛玩具『堀博昭』(クロエ出版)

巻頭の歩道橋シーンから流れが抜群な『絆』とスリリングな展開と二人の構図が素晴らしかった『MAMA』が最愛。
この展開ならもっと不幸を魅せびらかして欲しかったですが巻末作中編と、ちょっと造り込みすぎながら巻頭作も超大好き。
ともあれポリンキーの狂ったセンスがイカシテマス♪
 

第91位 ユメごこち『出縞臣』(コアマガジン)

好くも悪くもエロースまみれ。
純愛漫画のプロセスを敢えて無視して挑んだ純愛漫画ナノデス。
センスは抜群ナノデス♪


第92位 淫親挿姦『目白次美』(久保書店)

最近めっきり雑誌で見かけなくなってしまった著者ですが、久々に拝めて個人的には感無量デシタ。
後書きによれば掲載作に5年のスパン。そんなワケでキャラデには相当バラツキがあるのですが、オールドタッチなアニ絵フェイスに淫臭放ちマクリのエロボディーの取り合わせな造型法だけはデビュー当時からほとんど不変なため、違和感はほとんどありません。
童貞青少年たちの必死さこそが主役。
しがみつき腰を振りたくる裸勝負がステキ。
大胆アップの少なさと、キスがまったく無いことだけが惜しいです。この作風でむしゃぶりつくようなチューがてんこ盛りだったらもっと輝くと思うのですが。
司の倒産以来あぶれ組のひとりですが、何とか抜け出して欲しいところ。
萌えとか全然ありませんが表紙で燃えたら、ぜひ♪


第93位 F・S ISM『F・S』(ジーウォーク)

『エロ本』という名では括れない、とんでもオモシロ『エロ漫画』としてのお薦めデス。
そいえば原作付きとはいえ別名義で桃園で1冊出してたから、これは成コミ4冊目でしたね。


第94位 キミの好きな女の子のカタチ『MARUTA』(富士美出版)

影。田舎町。夏の蝉噪。女の情念。レトロ感覚が妖しい魅力を醸し出す物語に酔いしれましょう。


第95位 ツはツンデレのツ『佐波サトル』(一水社)

魅力的なヒロインたちの個性こそをドラマ化した、爆裂突貫ラブラブエロエロ交響曲デスヨ♪


第96位 はだかんぼパラダイス『にくきうー』(オークス)

とても大バカでステキすぎマス♪
著者の全単行本中でも2番目に超大好き♪


第97位 ぴょんぴょんするよ『EB110SS』(コアマガジン)

いつもどおりです。
いつもどおり滅茶ステキです。


第98位 催誘姫『ドリル汁』(エンジェル出版)

『西遊記』のエロパロ『生臭坊主は西へ西へ』の全8話を収録した丸ごと長編ものなんだけど、何故か単行本のタイトルは『催誘姫(さいゆうき)』で、著者のことを知らない方が表紙を見たら、普通にダークなファンタジー系エロ漫画と勘違いしそうですが、無論そこは『ドリル汁』なので女性は一切登場しませんのでご用心。
過激な褐色の美青年にして天竺を目指す生臭坊主『玄奘三蔵』にとっ捕まりお仕置きされるツノツノツインテなお茶目フタナリ猿娘『孫悟空』という図からはじまった物語は、あけっぴろげフタナリ豚マダムな『猪悟能(猪八戒)』・ロン毛をたなびかせる絶世の美女系フタナリ水妖娘『沙悟浄』も登場し、途中史実にあるまじき暴挙でセーラー服まで登場させたりしながら、もうほとんど行き当たりばったり的にハイテンションで突き進んだ挙げ句、幕無き幕。
描きたい世界を何処まで表現できたのかは著者にしかわからない謎だけど、少なくとも最終回に吐き出された方向性は大いに支持。
漫画展開は何処吹く風だし、バトルはまだまだ迫力不足だけど、この素晴らしいキャラたちを放置するのは、絶対に罪。
このまま閉じてしまうには絶対に惜しすぎる世界だと、個人的になら思います。
一般的でないエロ漫画の方向性を支持しつづけるオークス様どうでしょう?
できることなら、真剣勝負な全20巻くらいの大河ドラマで、フタナリとかのこだわりすら排除していただいたところから、あらゆるおもしろいと凄いに彩られたそれを読んでみたいというのが本音。
時折2頭身化するキャラたちが醸し出してくれた雰囲気が超ステキ。
需要はともあれ、カバー内のチビキャラたちが主役のガチエロ漫画が出現したら、成コミの歴史も変わるかもしれないし。
属性がフタナリというだけで好みは大きく分かれるところですが、素材だけでなくメニューも性表現も思いっきりマニアックなため、マニアックな作風に耐性の無い方は充分注意してくださいませ。
デフォルメが思いっきり効きまくった独特崩し絵は、もうそれだけでひとつの芸術世界。
二次元マニアックなファンタジーエロ漫画を愛する方へ。
ギチギチ感抜群の性感覚と、特大ちんちんの撒き散らす驚異的な汁のネバネバワンダーランドな海でのたくりたい貴殿へ。


第99位 わたしを有明へつれてって!『上連雀三平』(茜新社)

『有明の怪』から『怒濤のポエム』までの終盤がステキすぎるオバカチックドラマ。
独自の台詞回しが神業。
唯我独尊で不敵なアイデアが三半規管にダメージを与えてくれる魔法薬。
3日間の開催で40万以上のオタク様が世界中から集うという『約束の地』有明に潜む怪の魔力。
エゴス快楽製造機は私も欲しい♪
楽しい漫画ならエロが介在しても構わない方へのお薦めデス。


第100位 甘ーい恋しよ『Rico』(コアマガジン)

そして栄えあるキリ番は無論、この方。
言葉たけじゃ足りない『好き』を伝える手段としてのえっちがほとんど。
乙女満載。破瓜も3名。
彼氏彼女が裸で奏でるゼロ距離えっちなトキメキを詰めこみまくってくれてて、素晴らしすぎる作家性。
少女漫画チックな作風で奏でられる甘甘純愛ドラマとして、きっちりリアリティーのある恋心で裏付けされた、乙女心が眩しすぎる逸品デス♪


第101位 しょーぱん!!『朝木貴行』(茜新社)

巨乳少女も若干混入もツルペタから膨らみかけ中心。
年齢的には推定11歳前後のガチロリながら、LOでは異色なくらいフェチとキャラ萌えに傾倒した作家様ゆえ、所謂『ロリコン御用達作家』から外れがちな著者ですが、一冊目収録の『桜』以来久々にシリアスな想いのドラマ連発で、個人的になら感涙級。
『私たち。』が素晴らしすぎて、著者の作品集ではじめて2冊買いしました。


第102位 クリスにおしえて『茶否』(茜新社)

キャラデ・作劇・属性はバラバラだけど、ステキな女の子たちのトキメキの宝石箱デス♪


第103位 母まみれ『風船クラブ』(クロエ出版)

今回は『快楽の泥沼に堕ちてゆく女の性』と『母子の快楽狂乱絵巻』で、どちらも食える方へなら激お薦めな母子中編2作。
なお『こわれるぅ!』は、97年のオリジナル版ど収録作品は同様で、後書きはリニューアル・当時のアシ様である『秋智亜姫』のコメント入りイラスト2頁はオミット。トーンをまだあまり使ってなかった頃の作品で作画的には現在のものとかなり異なりますが、テンションだけはやたら高いロリ専です。
『Z(改訂版)』は、99年のオリジナル版にカラー4頁ショートの『ニコニコまま』と8頁ショートの『しりママ』という2編の単行本未収録作品を加え、『風船クラブ デビュー10周年インタビュー』(4頁)をオミットして後書き1頁を追加した内容で、ロリを廃業した直後のものなのでけっこうバラバラ感覚ですが、当時の東京三世社のスタイルどおりにエゲツナサは抜群です。


第104位 ベットライフ『草津てるにょ』(コアマガジン)

寝取られ展開も2編あるものの、寝取られた側を意図的に省略して描いてるため、鬱成分は皆無に等しいです。
ただしそれに付随して、せっかくつくりこんだ物語も、行為が支配するところの場のテンションのみにベクトルが傾いしてまうので、結果としてもたらされる淡々とした空気がエロ空間的にはマイナス作用してる部分もあることはありますが、でもそれも芸風。
エロ行為のひとつひとつの仕草にリアリティーが高いのが◎
男女の表情もきっちり描き、裸同士のぶつかり愛なゼロ距離えっちも充分堪能できるのが◎
エロ的にはラストが惜しかったけど、アイテムとしての少女を含む情景描写が素晴らしい『ひぐらし荘の管理人さんたち』と、最古作ながら背徳的なエロ展開が抜群だった『ある日の帰り道』が最愛。
萌えフレーバーは個人的に要らんけど『テンゴロ』と、1話では物足りないけど『ペットライフ』も大好き。
理性と快楽のグルグルで、微妙に移ろう女の性を垣間見たい方へは激お薦め。


第105位 七色唐辛子『唐辛子ひでゆ』(ヒット出版社)

まさに『七色唐辛子』な七変化。表紙とタイトル通りの四次元感覚暴走浪漫系エロ漫画です。
いずれは『奴隷ジャッキー』や『ゴージャス宝田』や『田倉まひろ』という面々を追い越しかねない暴走浪漫超特急。
四次元感覚とロマンチシズムの融合が、ステキすぎる第一歩なのでありますよ♪
アブノとキュンが絶妙に調和する『錦上添花』が最愛にして激愛デス。
『乙女の股は男性に対する最大の武器』が教育理念な、超四次元感覚な乙女塾のエロティック浪漫『股の教室』も最古作ながら滅茶素晴らしかったデス♪


第106位 エッチで自分勝手でカワイイ娘『廣田眞胤』(一水社)


第107位 淫術の館『エレクトさわる』(キルタイムコミュニケーション)

天然ドジで使い物にならないエルフのメイド娘が性具として開発されるお話『淫術の館』は、その妹も2話で巻き込む本編全3話と、淫獣の館自体を別角度から捕らえた2編の計5話で、さすがに2年前の2話まではドラマ構成がショボイけど、本編最終話以降は素晴らしい味付けで超美味。
ダークなファンタジーに悶えまくりマシタ♪


第108位 いもーと*もーど『きりりん』(ヒット出版社)

シリアスなキモチが超ステキ。
男女の一体感抜群なえっちが眩しすぎ。
漫画部分の後押しも素晴らしい限り。
セツナサとホロ苦さを愛し、推定ローティーンな貧乳少女がストライクで兄妹系ががネックにならなければ絶対的にお薦めな、三拍子揃った殿堂作ナノデス♪


第109位 フェアリーテールズ『ほりとも』(キルタイムコミュニケーション)

シリアスとファンタジーの鬩ぎ合いもステキなんだけど、凌辱に添えられるポエムな作風が滅茶ステキナノデスヨ♪
アイデアも多彩でカワイイ魔法生物とかオチャメな味わいも抜群デス。


第110位 艶母+続・艶母『みやびつづる』(メディアックス)

98年に司書房から発刊された同名タイトルのな著者の2冊目の復刻版デス。
旧知のファンの方のコレクターズアイテムとしてはもう一歩なのですが、未読の方はぜひ♪
14話の長丁場でひたすら一人の女性の心情の移ろいを描ききった『艶母』が、私は超大好きナノデス。
とゆーワケで栄えある煩悩賞に認定♪


第111位 えろいも『魔訶不思議』(ヒット出版社)

殊更にネームに頼らなくても、えっちにドキドキを詰め込めるエロ的表現力。
ダークとライトが綯い交ぜになったな感性と抜群の心情描写と卓越したアイデアで切り返すプロットで、四方山話を傑作に仕上げる漫画力がミゴトすぎ。


第112位 アンダーナイン『ゆきのゆきかぜ』(茜新社)

『一時間一万二千円(前後編)』が素晴らしすぎました。


第113位 Gift『東山翔』(ヒット出版社)

ああ、もうなんてステキな…。
ミドルティーンが苦手じゃないなら絶対に買いなさい♪
でも、まだまだ通過点。
どんどんステキになりますよ、これからも。


第114位 天然交母『沢田大介』(クロエ出版)

ヒロインが目立ちまくりでパートナーがかすんじゃうのがちょっと残念ではありましたが、どーしよーもなく下品なオバサンたちがステキすぎました♪
今回が2度目の購入だったのですが、巻末作品がエロステーキすぎて、デフォ買い決定。


第115位 蒼月の季節『山文京伝』(コアマガジン)

すごくしっかりしたドラマなんですけどね、ひと言だけいわせてもらえば、とっかかりのアイデアがもの凄く安易です。話をわかりやすくするための意図的になのかもですけどね。
でもスバラシイのデスヨ。
読み終わったあと、妻を取り戻しにゆく決意を固めた方は同士デス(笑)。


第116位 XXX-cellent『有賀冬』(ティーアイネット)

ありがとうにありがとう♪
当時未読だった1冊目『マンキツ』も素晴らしく満喫いたしました♪


第117位 絶望の詩『keny』(ジーウォーク)


第118位 Jr Idol Shop ガーリィガーリィガーリィ『キイタカシ』(オークス)

次から次へとU-15なアイドルたちがあなたに突貫してくれるという超棚牡丹なファンタジーナノデスヨ。
ダメダメ野郎でも、失敗だらけでも、常に結果オーライ。
目に涙さえたたえて乙女を捧げてくれやがるのです。
途中、みんなとデキテルことがバレるも、恨まれるどころか、あなたを奪い合うようにさらに激しく求めてくれやがるのです。
そんな夢のドラマの最後にあなたはいちばん欲しかったものまでゲット。
成コミにリアルを求める方ならヤメナサイな、100%男性向けのファンタジーナノデス♪


第119位 放課後まっどてぃーぱーてぃー『De』(マックス)

登場時から思いっきりキュートだったけど、こなれてきて可愛さ6%アップ(当社比)。
独特崩し絵の女の子たちが飛びはね身悶える姿は、もはや感涙もの。
作風は思いっきり二次元ノリの漫画チックなスタイルでリアルは薄め。
ヒロインは皆エロエロですが、所謂、女の子を目立たせることに徹したフェチもコスも満載なキャラ萌え系ですので、男女の体温が漂ってくるような濃い口エロ漫画がど真ん中な方ならパスが無難。
純愛成分も凌辱成分も最小限度の味付け程度。
アートなノイズに侵食されたテイストは不変。
激エロ可愛いキャラたちを愛でるがよい♪


第120位 小悪魔と仔羊と子猫たち【新装版】『De』(マックス)
基本的に、2冊目と何ら変わりはありません。


第121位 いとこ同士『のぞみ侑海』(コアマガジン)

エロと物語のバランスが絶妙なうえ、ポエムなセンスも抜群ナノデスヨ♪


第122位 白濁の闇『鬼窪浩久』(茜新社)

4年分の作品の寄せ集めなため若干鮮度の落ちる作品も含むものの、破壊的な調教がうみだす地獄と紙一重な快楽天国に溺れゆく、幸せな狂気のカタチの堪能できる逸品です。


第123位 ストロベリィ・トゥリル『苺野しずく』(コアマガジン)

起承転結が思いっきり強引で自己完結的作品から、著者のイメチェンのきっかけとなった『チェリー・ちゅー・チェリー』、そして、テイストが輝き始めた『ぼくのSUKIな~』シリーズへと、まるで進化の歴史博物館状態。
作画の雰囲気は表紙よりコミックタッチで、後半になるほどフワフワとした魅力に包まれてゆきます。
エロ作画的には弱い部分も多々ありますが、淫靡に描こうとする踏み込みの強さと浪漫チックなトキメキを前面に押し出す作風のせいで、著者が撒き散らす女性的な甘ったるさがツボにハマル方には相当にエロっちく感じられることでしょう。
さりげない仕草と移ろう目線と口許で想いを伝えるスタイルが超ステキ。
作画的にはまだ未完成だけど乙女のキュンキュンがギュウギュウ詰め。
女性らしい感性で描かれる風情豊かな情景がステキ。
無論、高評価の要因は後半の作品群ですが、それでも初期作品から順番に載せて欲しかったです。それは『一歩一歩進化してゆく作家様の歴史を観たい』という、私個人のワガママな感情論なので、一般論でならメインディッシュをとくとご賞味アレ!といったところ。
美麗作画派の方および濃い口エロが好みな方なら買い控えが吉。
女性目線の浪漫チックが好み方へなら、超お薦め。


第124位 乳性牝『四島由紀夫』(ティーアイネット)

完熟女性×青い少年の組み合わせ中心。
作風はいたってノーマルなエロ心を中心に組み立てられた所謂旧態依然なエロ漫画的ストーリーの模範生デス。
この濃い口エロ漫画に初購入でベタ惚れしてしまったワタシですが、いかんせん気付くのが遅すぎたため、既刊3冊は中古購入となってしまい残念無念でアリマシタ。でもマダ1・2冊目しか読んでナイ…。


第125位 きらい、でもすきっ『神寺千寿』(松文館)

漫画チックな萌えと少女のきらめきを絶妙な想いの方向性で彩った物語を愛でよ♪


第126位 粘着体質『笑花偽』(エンジェル出版)

背徳感覚は味付け程度で、基本、漫画チックな明るい淫行ノリが、抜きに易しい展開になってて花マル。
コマの連続性・アップと引きのバランス・緊張感・躍動感・粘着性・表情付け・処女膜突破系断面図など、どれをとっても届いてくるリビドーは極上級。
萌えエロ手法と肉体の宴の配合率も絶妙。ただし、ゼロ距離えっちというには男性のトーン黒子化も多め。
ともあれお釣りがくるくらいエグエロな、進化しまくる官能作画技法が光輝く、表紙とタイトルに何ら偽りのない極上エロ物件。


第127位 大波耀子『センセイとイイコトしよっか』(エンジェル出版)

幼馴染みの姉ちゃんから弟みたいに大好きな少年への重すぎる想いの餞別『Pleiades』は、最初のひとコマからラストまで情景描写が抜群で、著者らしいロマンチシズムに満ち溢れ、近くにあって届かないものへの憧憬を満天の星空に例えた構成も抜群で漫画展開は感無量クラスでした♪
もう浪漫チックが止まりません。


第128位 Hな…『唯登詩樹』(富士美出版)
大人のための絵本です♪


第129位 Throwing Heart①『昭嶋しゅん』(ヒット出版社)

野球にかける女の子たちの青春が詰まりまくったステキなドラマのプレーボール。
なのに、漫画部分が少なすぎる。
真剣勝負な彼女たちがいるからこそ、エロが輝くのだと思うのですが…。


第130位 明るい男のコ計画『明誠助』(メディアックス)

男性向け商業エロと女性的ロマンティシズムの狭間に漂う媒体としての女装少年たちを垣間見られる逸品です。
女装娼婦な少年が鬼少年の嫁として雇われる昔語りな幻想奇譚『君だけに花を』は、著者の本質がいかんなく発揮された、浪漫派のための殿堂作。
女装少年萌え薔薇派の方へなら巻頭からの6編と『妄想モーニング』が特にお薦め。


第131位 淫乱OL―制服の誘惑『わたんかづなり』(久保書店)

清楚な仮面で鎧われた女たちが武装解除する瞬間の、ドキドキを楽しむための本デス。
阿吽のヤツももう相当数たまってるはずなのに出てこないなあ…。
かといってまたマーク無しに回されちゃうと…。
  

第132位 シシュンキのアレコレ『柚木N’』(茜新社)

『彼女のいる景色』『ファインド・アウト』が最愛デス。
ってゆーか、最愛作家様のひとりでもアリマス。
凄くはないけど、肌に合うのです。


第133位 禁談の幼声『OKINA』(茜新社)

『調教されて快楽に溺れる幼女たち』でほぼ統一。
ファンタジーのオブラートが分厚め。
『ココロユガム世界で』素晴らしすぎ。
『肉蝕の獣』のオチが最愛。
『ありあどね』『鈴理子組曲』『Rena"A"Slave』『PET SHOP 猫』がとてもステキでした。
禁断の妖精たちの心の涙に酔いしれましょう。


第134位 テカ☆ピタッ!『岸里さとし』(茜新社)

魅力的なキャラたちがエロ恥ずかしくだらしなく乱れる姿を軽フェチで味付けた逸品デス♪


第135位 姦通学園~悶える女教師~『ゆうきつむぎ』(久保書店)

『教えて姉てぃ~』の続編が多めなので、そちらを気に入ってる方向きです。


第136位 マンマ・ミーア!『高津』(コアマガジン)

さて、『エロければ何でもアリのエロ漫画』とは某神様の言葉だけど、著者の作風はそれを地でゆく。アイデア自体はご都合主義だけど、卓越したコマ展開の中できっちり漫画を成立させてくれるから、説得力は高い。
基本的には軽フェティシズムをまとった肉弾戦主体というエロ王道を、ウイットに富んだ独自のオバカイズムで味付ける方向性。
きっちりシリアスな心情を描写しつつまぶしたコメディーの配合も絶妙。
得意のショタ系がやっぱり光るけどそれ以外でも鮮度は高い。
姉ちゃんからオバサンまで。
全員巨乳。
全作品性欲優先系で純愛とか凌辱とかはありませんのでご用心。
ショタもオバサンも大好きでエロコメ好きな方へなら激お薦め♪


第137位 日本全国豆投げ音頭『ガビョ布』(久保書店)

大バカチックな貧乳少女ポエムを愛する方への激烈お薦め品デス♪


第138位 ふたりでできるもん『東鉄神』(ワニマガジン社)

衣装半脱ぎ状態の着エロ。
貧乳から巨乳まで。
ヒロインの平均年齢は23歳くらい。
表情・仕草・想い・漫画展開力・キャラの造り込み・ネームともに抜群の一冊。
女性からの強烈な突貫系と女性のM属性を男性が引き出す系の作品で真っ二つ。
エロ本的なものよりエロ漫画的なものを好む方へなら超お薦めナノデス。


第139位 誘惑トライアングル『舞原マツゲ』(エンジェル出版)

漫画チックに破天荒なキャラたちのエロエロ魂を、ドキドキ展開で味付けた逸品デス♪


第140位 弟のくせに『碧木誠心』(ティーアイネット)

自己中流されシリアス純愛奪い愛ドラマの第3弾な長編に、フェチでステキなヤンデレ短編1編の組み合わせ。
ワガママに想いを貫くヒロインたちが花マル。
昼ドラみたいな展開と、人間くささがステキな、シリアス系エロドラマが好みな方はぜひ♪


第141位 エロカワ嬲られっ娘『たなかなぶる』(一水社)

成コミ市場の現状を考えると著者の力を完全発揮できる受け皿が、あまりに無いのが残念です。
初期の作品はとても素晴らしいデスヨ♪


第142位 あああああっ!ご当主さまっ『猫玄』(コアマガジン)

そもそも心情描写に基づく人と人のぶつかり愛のドラマに味がある作家様ですが、エロだけになっちゃった2編を除けば充分に、らしさが爆発してて滅茶ステキでした♪
やっと32+復刻版2冊揃えたのでありました。


第143位 若奥様解放区『いーむす・アキ』(ワニマガジン社)

「愛してる」も「ダメ」も自己陶酔の手段にしかすぎない、快楽にどん欲な若奥様のしたたかで淫蕩な痴態を思う存分味わえる逸品。
背徳さえも快楽の小道具な、したたかで淫蕩な女の本能と自己陶酔と堕ち展の妙。
自己陶酔女の堕ち様を思いっきり堪能したい貴殿へ。あるいは、青いツバメちゃんたちについばんで欲しい貴女へ。


第144位 あれふぇち『北河トウタ』(ワニマガジン社)

フェチといってもいろいろありますが、メイン作品な全11話の『あれふぇち』は、思いっきり思い込みの激しい童貞処女のカレカノが経験の無さを互いに悟られるのが怖くてフェチな前戯を繰り返すシーンが延々と続くウブフェチ漫画で、キュンキュン初体験が拝めるのが最終話という全6話と、下宿先の義叔母が想い人な青年に迫り来るその娘とい図式で、青年のキモチを知りつつも突貫しまくり想いを遂げる少女のキモチと、流されえっちになだれ込む乙女攻防戦すら上の空な青年のキモチと、本命のキモチの移ろいを巧みに描き、最後はほろ苦さとセツナサを残しつつも美しく決めた全5話の変則構成です。
二つのストーリーを無理矢理1つにまとめた構成が難で、1~4・10・11話と5~9話がまったく別ドラマ。どうみても最初のカップルの置き去り感はぬぐいきれないし、せめて掲載時のとおり交互にしてくれたらとか、いろいろ考えてるうちに「ああ、これもオアズケの一形態か」なぞと思い立ってしまった次第なんだけど、抜きツールとしてはかなり厳しいことに…。
無論、一読したあとなら充分使えますよ。


第145位 肉欲妻淫乱調教『東航』(マイウェイ出版)

タイトルどおりテーマの統一感は抜群デス。
雰囲気のある作品がてんこ盛りデス。
なお、続けて発刊された『OLセクハラ恥肉奉仕』の方もテーマ性はとても好かったです。


第146位 戦姫魔導伝アスカ&シズル『竜胆』(キルタイムコミュニケーション)

『友情が枷になり堕ちてゆくふたりの想い』と『単純に触手ものと限定できないくらいハイレベルなクリーチャー製造物語としての発想法』と『次から次へと登場するグロテスクな魔法生物たちにドン引きなふたりのキモチな図』が思いっきり素晴らしすぎ。
戦う二人のヒロインのクリーチャーへの嫌悪が凌辱描写に力を与えた、逸品デス♪


第147位 乙女狩り『武輝導明』(ティーアイネット)

千萬導明名義で松文館より発刊された同名タイトルな著者の処女短編集の復刻版です。
『暑いの』が、とてもエロステーキでした♪


第148位 憂いの花嫁 秘密の誓い『幾夜大黒堂』(ワニマガジン社)

作家としての基礎体温はもの凄く高い方です。
その能力がいかんなく発揮できる時代と媒体さえ整えば鬼に金棒な素晴らしいエロ漫画家となることでしょう。


第149位 食べたい舐めたい団地妻『吉良広義』(エンジェル出版)

エロ楽しい抜きツールとしてならほとんど完全無欠に極楽浄土な痴女世界デスヨ♪


第150位 たいらんと・ぱにっしゅ『笹倉綾人』(茜新社)

基本的には二次元美少女萌えロリ系ですので、リアルロリコン御用達本がストライクの方にはお薦めしにくいです。
ミドルティーンものも紛れ込んでますし、少年少女ものも3編混入してますので、ロリコン専用本とは言い難いけど、作画はどんどんこなれてきてて、持ち前の貧乳美少女たちの輝きが増してます。
攻撃性の強い子が多めでフェチなしかけも多め。
ゼロ距離えっちの濃いエロ系ファンの方にはお薦めできませんし、前作からの続きものもありますが、エロ作画はほぼ成コミ水準値ですので美少女萌え属性の強い方へならぜひ手にとって欲しい美味しい一冊。


第151位 キャンディ☆すとらいく『倭丸けるを』(ジーウォーク)

100%ワタシの趣味丸出しなソフト系エロ漫画デスネ。


第152位 ねがいごと1つだけ『すずきみら』(オークス)

女性的ロマンチシズムを好む方は絶対に買いやがれデスヨ♪


第153位 絶頂スイッチ『ゼロの者』(一水社)

巻頭カラー4頁含む、教室の隅っこで暗く佇む日陰花みたいな女生徒にノリで猫耳装備させたらアラ不思議な大変身『にゃっ!』は、新機軸だけど、展開といラストで芽生えてゆくものといい、大変美味しゅうございました。
互いの性感を共有する正反対なタイプの双子のお話『りんくっ』は、ありがちネタただけど調理法が面白くオチも優秀なだけに、その後の二人を拝みたいヤキモキ感もアリ。
中学生の少年と二人の叔母との幸せ肉欲ライフ『姉さんP』は全3話で、肉の厚みがエロすぎて、展開も羨ましすぎ。
不登校からニートとなりエロ漫画家となった妹の秘めたる兄への想いが大爆発する脳内妄想系『妹せんせーっ』は、さすがに妄想だけでは足りず続きが気になりすぎ。
熟れまくり奥様の不倫な肉欲ライフ『散歩道』は、上手いんだけどエロに偏りすぎ。
人生下りのエスカレーターな壮年男に訪れた眩しすぎる春『ガラクタでも。』は、短編としては久々にシリアスな重みのあるステキなドラマでした。
今回はどの作品も続きを想像できるようなステキなオチで、逆説的に言えば続編があった方がさらに味わい深かったかもしれません。
ミドルティーンからオバサンまでと年齢層は広めですのでご用心。
巻末の純愛ものを除けば今回はほとんどが肉欲優先ドラマ。
重力通りに崩れる乳といいぽっちゃり脂肪がのりまくる下腹といい女体をリアルに描かれる作家様なのでモデル体型が好みの方には不向きでしょう。
作品性も年齢層も相当に幅広く著者のいろんな部分を見られてお得感はありますが、タイプが異なりすぎて一冊の単行本としての読み心地はよくないかもですね。
巻頭巻末作品が最愛。
ドラマチックだけは既刊に軍配。
『鎖かけの体~後日談』みたいな重みのある想いや『嘘とウソのオバケ』みたいなステキな想いを今後もどんどん描いてくだされば幸いです。


第154位 乳よ母よ妹よ!!『内々けやき』(富士美出版)

巻末中編『君が僕を知っている』は、多くの成コミファンに読んで欲しい殿堂作ナノデス♪


第155位 すきなんていってあげない『真田鈴』(マックス)

漫画チックな萌えからシリアスへラブへの転換期デス。
愛を描こうとする姿勢が滅茶ステキでアリマシタ♪


第156位 DOWN LIMIT『双龍』(キルタイムコミュニケーション)

頑なにスタイルだったキャラデは今回一作ごとに大きく変化し、試行錯誤のうちで自分らしさを追求中なご様子。
さすがに巻頭作は持ち絵から離れすぎだと思いますが、全体的にはヒロインの魅力が増して個人的には大歓迎。
エロ描写として進歩してる部分と欠点として残ってる部分で半々。
まあそんなことはどうでもいいくらい、今回は物語性抜群の作品が巻頭から5編続いててミゴト。
さらにキャラのキモチも充分スパイスとして効いてるものが多く、充分堪能できる傑作集に仕上がっています。
今後もステキなドラマを魅せてくださいまし。
物語とキャラに味がある幻想奇譚が好みな方へのお薦めデスヨ♪


第157位 マシマロすてでぃ『赤鍋茉莉』(コアマガジン)

えっちにいっぱいいっぱいな表情が花マル。
涙目で拙くも精一杯ほおばる尺顔が感涙級。
チューがてんこ盛りなのもラブエロとし大正解。
フェチっ気もそこそこ装備。
漫画チックに演出された乙女心がイイカンジ。
キャラも立ってて皆ステキ。
個人的には『猫田先輩』と『冷音』と『早雪』と『涼芽(エロ無しサブキャラ)』がツボ。
ステキなヒロインたちのキュンキュンえっちを堪能したい方へ。


第158位 むにちち『いけださくら』(コアマガジン)

何よりヒロインの美味しそうな肢体とエロ可愛さ抜群のキャラデが華デス。
二次元萌エロ派の方へなら、激烈お薦め♪


第159位 犯りたい人妻『葵ヒトリ』(一水社)

はたしてタイトルは『犯りたい人妻』ですが、『人妻が犯りたくなるとき』と置き換えた方がしっくりくる作品内容。
漫画展開のなかできっちりと、キモチが『欲しい』に傾いてゆくプロセスを描けていて、エロが映える構成力がステキデシタ。


第160位 コスってあげる!『千葉哲太郎』(コアマガジン)

『メイドの土産』と『物の怪の人たち』を拝めただけで大満足でアリマシタ♪


第161位 実姉双姦ルート『椿十四郎』(ジーウォーク)

漫画力大甘でもドキドキを詰めこんだゼロ距離えっちが眩しい姉弟ラブエロ御用達本デス♪
でも現在は妹萌え方面に転向って…(涙)。


第162位 CANDY GIRLS『小川マサシ』(茜新社)
  
ハッチャケた閃きとコマ単位の輝きとフェチへのこだわりとエロへの踏み込みが光る、大いなるはじめの一歩。


第163位 柳田君と水野さん【全2巻】『榎本ハイツ』(コアマガジン)

最後は暴走萌え漫画というより純愛漫画になっちゃいましたが、もう心地よさ抜群でありました♪


第164位 女王の温室『稲荷金蔵』(富士美出版)

相変わらずシナリオ構成力に難アリスギですが、それ以外は滅茶ステキなのですよ♪


第165位 都合のいい少女『猫玄』(茜新社)

今回はオールツルペタ系で、推定ローからミドルティーンまで。
ロリコン系と少年少女系で半々。
漫画としての味付けも今回は上々。
乙女のシルシも満載。
エロは中濃。
シリアスからファンタジー・少女から完熟女性・純愛から狂愛まで幅広く描きつづけてきた著者の、漫画と想いの方向性とキャラ立ての調和がステキな一冊。


第166位 ぴたごらすびっち『ポン貴花田』(ワニマガジン社)

『性母』『盲目的慈愛のススメ』『世界に一つだけの穴』『日本猫耳化計画』『孵化』『こだね100%』
ステキな悪ノリ系とシリアス背徳系の二面性が素晴らしかったです。


第167位 淫牝『ヒヂリレイ』(コアマガジン)

『ANGELS CRY』を拝めただけで大満足デシタ♪
何よりエロ復帰が嬉しかったデス♪


第168位 すぽ魂!『命わずか』(オークス)

今回の主役はオカマちゃんです♪
『三身合体ビールマンスピン』が素晴らしすぎました(回転してないけど…)。


第169位 聖戦姫ソウルギア【全2巻】『天道まさえ』(キルタイムコミュニケーション)

淫魔から世界を守るために戦う女の子たちの物語『聖戦姫ソウルギア』は、結局全8話だったので1冊にまとめられましたね。
まあ、これって、著者の成長を窺い知ることができる絶好のテキストでしょう。
ともあれ、短編が素晴らしすぎました。
こだわりのフェチ満載デス。
触手凌辱とボディースーツが好みなら絶対に買いなさい♪


第170位 Heven’s Door『稲葉晃次』(メディアックス)

少女漫画な作風なわりにはエロ作画はけっこう大胆かつ、ねちっこいデス。
お相手の男性は化け物だったり皮かむり少年だったりゾンビな触手だったりするし、描写的にもけっこうアブノーマルだったりするので、一般風味の作品が好みな方はご用心。
大人層向け少女漫画な風味と変態性の合致が肌に合うなら宝物。
さり気なく添えられた風流が華。
やっぱり最新作『ぬめるゆびさき』がピカイチ。
個人的になら『極楽商売』の最新話が拝めて感無量。
『置屋物語』はオバカでステキ。


第171位 うそつきなきみ。『大波耀子』(モエールパブリッシング)

『うそつきなきみ。』『教え子注意報』『ウェービーハニー』『ヴァージン★エクスプレス』『はたらくおねえさん』『終わらない恋』。
素晴らしい純愛物語の数々に酔う。
いまそこにある女の子のキモチをたのしみたい方へ。男女を問わずお薦めの一冊。


第172位 やわらか体験『不破悟』(ティーアイネット)

『ツンデレ×Smell』『こぶん/おやぶん』。
この2つのドラマだけで大満足のワタシデシタ♪


第173位 奴隷乳『松川陏』(久保書店)

『BUS』を拝めただけで大満足なのでありました♪


第174位 学園の蟲螻【全2巻】『伊駒一平』(コアマガジン)

『あまっ娘さえちゃん』と出逢えただけでシアワセでした♪


第175位 放課後乱交クラブ『佐藤登志雄』(富士美出版)

シリアスなキモチもきっちり描いているいるため寝取られ2編はかなりビター。
狂気はあっても不幸には徹しきれない作風なので凌辱系はちょいぬるめ。
展開安易もハーレム系はトキメキも充分描けてて上々。
作画的には思いっきり試行錯誤中なんだけど、構成力も高く、個人的に滅茶愛してる一冊。


第176位 エプロンプレイ『西安』(ワニマガジン社)

得意のシニックは影をひそめ、著者の作品としてはあり得ないくらい明るいエロコメである。


第177位 初犬【全3巻】『犬』(一水社)

個人的には成コミ史上に名を残すくらい素晴らしいキャラだと惚れ込んでる『藤乃』の物語はこれでお終いです。


第178位 school Milk『おかだまつおか』(コアマガジン)

ただそこにあるハードでフェティッシュなエロシーンを堪能せよ♪


第179位 えろチュ『とむたみお』(フランス書院)

はっちゃけ成分多めのポエムな作風を愛せる方へなら超お薦めな改名直後の20冊目なのでありますが、もうすでにさらなる改名しておりマスデスハイ。


第180位 少女嗜好『八的暁』(茜新社)

ゼロ距離えっちの熱さがステキ。
少女への愛で満ち溢れた一冊デス。
作画的なエロスは特筆クラス。
後書き読んでて思わず同感。ぜひとも1冊丸々未来史シリーズをっ!。
実は著者の9冊目なのですが、私の購入は2冊目で、感動のあまり全部揃えようとしたのですが、どうしても2冊だけ新刊が手に入りません。けっこう絶版になった本でもさりげなく寂れた書店に置いてあったりするので探しまくってはいるのですが、中古はイヤだなあ…。


第181位 美~ちく『DISTANCE』(コアマガジン)

抽選で才色兼備なうえ健気でステキな財閥令嬢が当たってしまった平凡な青年の春爛漫『フロイライン アサルト』。
カラー4頁含む、ダメダメ男子生徒に魔が差してついついお手つきしちゃった女教師の幸せ肉欲ライフ『黒タイツ先生の憂鬱』。
チームメイトのオノロケにほだされちゃった女子ソフト部熱血キャプテンの幸せラブタイム『初ものエクスタシー』。
ステキに爽やかな女教師が男子生徒に勇気を贈るザ・青春劇『え・れ・じ・い』。
片付け忘れた裏ビから幼馴染みの女の子に火か点いちゃう幸せタイム『エンゲージ・インサート』。
匂いフェチの可愛い後輩にコクられちゃった女生徒の嬉し恥ずかし初体験『アブソリュート ノーマル』。
油断しすぎて胴回りがブヨブヨになっちゃった女性と、そんなカノジョの脂肪でたのしむカレシの幸せタイム『彼女の**規模な失敗』。
ほか、カバー内に別表紙アリ。
さて、前作『しちゃう?』より、女性陣の年齢層は幅広くなっちゃいましたが、今回もチープで素敵なラブコメが勢揃い。
軽フェチ的な良さも充分装備してて、躍動感のあるえっちがステキなのも相変わらず。
ただし、以前から多少気になってたあの断面図&透過図が今回はやたら幅を利かせすぎてて、情緒を盛り下げる結果に。アップと引き絵と距離の近いえっちと表情で充分官能を表現できるだけに、そこだけが勿体なさ過ぎ。もう破壊的断面図自体が作風の一環である『ペー太』とか断面図によって愛を語る魔術師『Low』とかならともかく、ラブエロ方面なら多用は避けて欲しいですが…。
所詮、断面図は行為を状況確認させるための手段であって、それ自体がエロイわけじゃありませんので、ピンポイントに使ってくれるならともかく、連続では保健の教科書かSFでしょうに。無論、それが作風に似合う方もおられるのですが、すでにトップレベルのエロ描写力を身につけているうえ、情緒官能表現が抜群な作家様だけに、凄く勿体ないと個人的には思いました。
今回も破瓜血は拝めませんでしたが詮無いことですね。
揺れる爆乳が眩しすぎ。
えっちにドキドキを詰め込むのも相変わらずステキ。
漫画チックにユルユルな女の子たちがやっぱり大いなる魅力。
『え・れ・じ・い』『エンゲージ・インサート』『彼女の**規模な失敗』『初ものエクスタシー』が超大好き。
ゆるくてステキな女生たちのラブコメで爆乳と濃いエロを味わいたい方へは、超お薦め♪
とにもかくにも揺れる爆乳とテレ顔がステキすぎる濃いエロでユルユルなラブコメを堪能しやがれデスヨ♪


第182位 Honey Eros『はにぃ』(キルタイムコミュニケーション)

驚異のワンダーランドなノリノリ萌え萌えファンタジーナノデスヨ♪


第183位 伊駒一平ベストセレクション~秘辱~『伊駒一平』(宙出版)

『佐藤さんのオナニズム』と『愛香の性癖』が復刻されただけでも乾杯でした♪


第184位 アらイぶ『堺はまち』(ヒット出版社)

いつかきっと、道端の石ころに意味をもたせるマシーナの輝きを魅せつけてくれる、そんな作家様になってくれると信じてやまないワタシデス。


第185位 絶対凌辱『さいこ』(コアマガジン)

女性が男性に勝ったら一億円のルール無用の闇バトルで文字通りのボロ雑巾にされる覆面女性レスラーの悲劇『ビリオンファイト』は、超絶傑作なのですが、この作品、著者としては珍しくルール上でのドラマのため、どんなにハードでも単なる暴力的強姦ドラマとは一線を画するのでアリマシタ。あまつさえ覆面してるから、氷の表情も見えずにすんだという…。
あくまでも極私的な考えなのですが、さいこは目線ひとつ変えてくれたら第一人者の人気者になると思うのです。


第186位 テンタクル・ラバーズ『無望菜志』(コアマガジン)

破壊力満点のエロと、こっ恥ずかしくなるくらい一途な想いが融合した、愛情爆弾弁当ナノデスヨ♪


第187位 姉るせっくす『狩野蒼穹』(富士美出版)

テレと想いの封入がステキすぎる姉弟ドラマデス。
匂いの封入もオチャメでミゴトでアリマシタ♪


第188位 ネイキッドプレイ『ムサシマル』(ワニマガジン社)

ブルース感覚は徐々に影をひそめ、わかりやすい快楽至上主義の衣をまといはじめた転換期ですね…。


第189位 狩乳遊戯『しいなかずき』(キルタイムコミュニケーション)

奴隷市場で愛くるしい少女と勘違いして美少年に一目惚れした魔道師が、互いにフタナリ化して存分に愛を交わし合う『大切な気持ち』は、トチ狂った愛がとってもステキすぎマシタ♪


第190位 アリスのひめごと『香月りお』(オークス)

ともかく巻頭3話のハッチャケ&ファンシー感覚溢れるエロ童話『おかしの国のアリス』がステキすぎました♪


第191位 だいきらい×だいすき【新装版】『真田鈴』(マックス)

新装版描き下ろし漫画『秘密迷走彼女』8頁付属デス。


第192位 牝化計画『成島ゴドー』(ティーアイネット)

全4話112頁の中編『調教師』なんだけど、正直言って構成的に相当問題アリ。第1話だけみれば、依頼主の要望通りに『処女のまま淫乱にされる人妻の絶望的な初体験』という阿鼻叫喚な地獄をミゴトに実践してるんだけど、『調教師自体の苦い過去と、その復讐』『調教師の雇い主な女生徒の苦い過去と踏みにじった真実の告知』という大筋を残り3話の間に投入しまくったもんだから、まとまりが至極悪く、苦渋に満ちた想いで凌辱に耐えるヒロインの姿も、本来あるべき感動の絶対量からはとても遠い。完全にプロットの組損ねによる失敗作だけど、個人的には、だからこそ期待は膨らむばかり。


第193位 恥ずかし女『いのまる』(ティーアイネット)

御主人様な男子生徒と、女教師の校内調教情話からはじまる『絵理子先生のシリーズ』は、プロットさえきっちり最初に組んでいれば、名作クラスのエロ漫画になっていたでしょう。
とても惜しいですが、今後への期待は膨らむばかりです。


第194位 ぐりーん・あぽー『あんみつ草』(久保書店)

オチャメな味付けのほのぼの系エロ漫画が好みな方へならぜひ♪


第195位 奴隷契約社員『いただき頂上』(富士美出版)

巻末作品だけでベストに選んじゃったんですが、その1編だけで本棚にまだ残っているという…。


第196位 少女マテリアル『鳴子ハナハル』(ワニマガジン社)

『スクランブルドエッグ』『2/4ツヅキ』『紅い水』『踊る大観覧車』が超ステキでした♪


第197位

第198位

第199位

第200位 僕だけの唇『板場広し』(クロエ出版)

『簡易密室事情』がエロ素晴らしすぎたというだけでキリ番です♪
『田園の中で』もとてもエロステーキでした。


第201位

第202位

第203位

第204位

第205位

第206位

第207位 LILLIPUTIAN BRAVERY【完全版】『嶺本八美』(茜新社)

裏第10位。
大好きなんですけどね、コレ。
せっかくの機会なんだからエロシーンの描き込みくらいはがんばって欲しかったというのがホンネではアリマス。


第208位 キャスター亜矢子【完全版】『伊駒一平』(二見書房)

裏第9位。


第209位 有料便所『毛野楊太郎』(コスミック出版)

裏第8位。
エロ漫画なのに女の子の服すらトーンで誤魔化すばかりだし、多少作画としての厚みは出てきたとはいえ全然足りません。
何より、かつての輝きが…。時代のせいなのですけどね。
それでも読めてシアワセでした。


第210位 少年少女恋愛学【完全版】『天櫻みとの』(マックス)

裏第7位。
嬉しいというより寂しいですが…。


第211位 ハイテンション『土居坂崎』(キルタイムコミュニケーション)

裏第6位。
全然足りません。
まったく納得してません。
『大バカ』にしろ『しっとりキャラ勝ち』にしろ、この方の秘めたる才能は、全然こんなもんじゃありません。


第212位 世棄犬廃品集【全2巻】『世棄犬』(メディアックス)

裏第5位。
とっても大バカでステキですよ♪
面白ければいいじゃんという方はぜひ♪
序盤はエロが少々弱いですけど、商業にならずともコツコツと描きためたそれは、きっちりとエロも水準レベルに辿り着いてゆくのです。
ともあれ、復活してくれてとても嬉しかったです♪


第213位 BLACK MARKET+PLUS『胃之上奇嘉郎』(宙出版)

裏第4位。
復活宣言が嬉しすぎマシタ(涙)。


第214位 sweet ten diary『町田ひらく』(茜新社)

露払いな裏第3位。
素晴らしい才能を見やがれデスヨ。


第215位 兄嫁『佐原秀和』(メディアックス)

太刀持ちな裏第2位。
復活が滅茶嬉しかったです(涙)。


第216位 蓮美ちゃんの淫罪『ビューティ・ヘア』(コアマガジン)

裏第1位な真打ちは無論、この方です。
長いこと成コミのファンだった方はきっとみんな泣いたでしょうね。
私はパラ見可能なショップでこの本を開いた瞬間、慌てて本を閉じましたが、涙はこぼれちゃったです。マジアブナイヒトだと思われたことでしょう。


と、まあこんなカンジになりました。
無論、お薦めとかいうまえに、極私的な感動作ですから、あまり参考にはならないかもですけど。
まっことオナニーなベストですけど、たぶんこんなことをやれるのは最初で最後になるんじゃないかなと思いますし、ご勘弁のほどを。
何か1つでも皆様のお役に立てるものがありましたら、なお幸いです。

以下、恒例の各賞選出です。

大河ドラマ賞

グランプリ  LeviATaN『霧恵マサノブ』(ヒット出版社)
準グランプリ シャイニング娘。『師走の翁』(ヒット出版社)
準グランプリ 秘蜜の花園~触手蟲地獄絵巻~『某零』(オークス)

長編ドラマ賞

グランプリ  SMILE CAT『RIKI』(オークス)
準グランプリ キャノン先生トばしすぎ【通常版】『ゴージャス宝田』(オークス)
準グランプリ 独蛾『月吉ヒロキ』(茜新社)

中編ドラマ賞

グランプリ  マスカレード 欲情×覚醒『天乃一水』(クロエ出版)
準グランプリ 君が僕を知っている 乳よ母よ妹よ!!『内々けやき』(富士美出版)
準グランプリ 暗澹 惡徳乃榮『オイスター』(一水社)

短編ドラマ賞

グランプリ  無原罪の御宿り 大人の手がまだ触れない『海野螢』(オークス)
準グランプリ 金髪ストレート ふたり嫁『レオパルド』(コアマガジン)
準グランプリ 男子は校庭でサッカー女子は視聴覚室へ ぐずぐずしてたらそだっちゃうよ?『あしか』(コアマガジン)

キングオブエロース

グランプリ  ママンの吐息 ~しとど濡れ疼く母の熟れ肌~『N.O.ちゃちゃ丸』(久保書店)
準グランプリ ストレッタ『世徒ゆうき』(ティーアイネット)
準グランプリ 大好きだよっ『養酒オヘペ』(ティーアイネット)

純愛ドラマ賞

グランプリ  SMILE CAT『RIKI』(オークス)
準グランプリ YOUR DOG『関谷あさみ』(茜新社)
準グランプリ ラブでれ『尾野けぬじ』(富士美出版)

不幸ドラマ賞

グランプリ  PARADISE LOST『天竺浪人』(コアマガジン)
準グランプリ 惡徳乃榮『オイスター』(一水社)
準グランプリ JC『七瀬真琴』(富士美出版)

ホラードラマ賞

グランプリ  生贄と牢獄『オイスター』(一水社)
準グランプリ 墓場覚醒愛奴『墓場』(フランス書院)
準グランプリ 妖精姦淫『SINK』(ティーアイネット)

猟奇ドラマ賞

グランプリ  
準グランプリ 絶望の詩『keny』(ジーウォーク)
準グランプリ 

倒錯ドラマ賞

グランプリ  膣内でオシッコ『ピクピクン』(松文館)
準グランプリ ぼくの飼育日記『鬼窪浩久』(エンジェル出版)
準グランプリ Second Virgin『ここのき奈緒』(コアマガジン)

想いのドラマ賞

グランプリ  comic ped.『ハッチ』(ヒット出版社)
準グランプリ 妖精姦淫『SINK』(ティーアイネット)
準グランプリ お姉さんが好き『あさぎ龍』(富士美出版)

コメディードラマ賞

グランプリ  お姉がイイっ!『奴隷ジャッキー』(コアマガジン)
準グランプリ トキメキ!!悶絶バルカン『ジョン・K・ペー太』(コアマガジン)
準グランプリ ボコのお仕事『D.P』(フランス書院)

SFドラマ賞

グランプリ  SMILE CAT『RIKI』(オークス)
準グランプリ 大人の手がまだ触れない『海野螢』(オークス)
準グランプリ LeviATaN『霧恵マサノブ』(ヒット出版社)

日常ドラマ賞

グランプリ  トキメキ!!悶絶バルカン『ジョン・K・ペー太』(コアマガジン)
準グランプリ ストレッタ『世徒ゆうき』(ティーアイネット)
準グランプリ SURVIVAL GIRL『工藤洋』(ティーアイネット)

ファンタジードラマ賞

グランプリ  はだかんぼパラダイス『にくきうー』(オークス)
準グランプリ ドキメキ時間割『土肥けんすけ』(ヒット出版社)
準グランプリ Jr Idol Shop ガーリィガーリィガーリィ『キイタカシ』(オークス)

リアルドラマ賞

グランプリ  PARADISE LOST『天竺浪人』(コアマガジン)
準グランプリ JC『七瀬真琴』(富士美出版)
準グランプリ 堕ちる放課後『舞大夢』(久保書店)

幻想譚ドラマ賞

グランプリ  生贄と牢獄『オイスター』(一水社)
準グランプリ 大人の手がまだ触れない『海野螢』(オークス)
準グランプリ LUST TRAIN【初回限定版】『まぐろ帝國』(茜新社)

触手・蟲ドラマ賞

グランプリ  秘蜜の花園~触手蟲地獄絵巻~『某零』(オークス)
準グランプリ 戦姫魔導伝アスカ&シズル『竜胆』(キルタイムコミュニケーション)
準グランプリ フェアリーテールズ『ほりとも』(キルタイムコミュニケーション)

獣姦ドラマ賞

グランプリ  
準グランプリ 
準グランプリ 

獣人・亜人ドラマ賞

グランプリ  SMILE CAT『RIKI』(オークス)
準グランプリ ボコのお仕事『D.P』(フランス書院)
準グランプリ YELLOW★POP『けものの★』(コアマガジン)

露出ドラマ賞

グランプリ  
準グランプリ 
準グランプリ 

スカドラマ賞

グランプリ  毒姫の蜜『マサキ真司』(三和出版)
準グランプリ Z【改訂版】『風船クラブ』(東京三世社)
準グランプリ 

近親相姦ドラマ賞

グランプリ  ママンの吐息 ~しとど濡れ疼く母の熟れ肌~『N.O.ちゃちゃ丸』(久保書店)
準グランプリ よい子は静かに眠れない『舞登志郎』(モエールパブリッシング)
準グランプリ いもーと*もーど『きりりん』(ヒット出版社)

恋人ドラマ賞

グランプリ  お姉さんが好き『あさぎ龍』(富士美出版)
準グランプリ な美らる『てりてりお』(コアマガジン)
準グランプリ CHOOL GIRL『大朋めがね』(フランス書院)

百合ドラマ賞

グランプリ  
準グランプリ 
準グランプリ 

薔薇ドラマ賞

グランプリ  おとこのこ×おとこのこ『井ノ本リカ子+BENNY'S』(松文館)
準グランプリ みだらなボクら『水上蘭丸』(メディアックス)
準グランプリ おしおき。『稲葉COZY』(松文館)

SMドラマ賞

グランプリ  正しい彼女の愛し方 『くろ』(ジーウォーク)
準グランプリ 墓場覚醒愛奴『墓場』(フランス書院)
準グランプリ Escape Creator『井上よしひさ』(ヒット出版社)

強姦ドラマ賞

グランプリ  正しい彼女の愛し方 『くろ』(ジーウォーク)
準グランプリ 独蛾『月吉ヒロキ』(茜新社)
準グランプリ 辱育『あわじひめじ』(茜新社)

ロリドラマ賞

グランプリ  ぐずぐずしてたらそだっちゃうよ?『あしか』(コアマガジン)
準グランプリ あったかく、して。『雨がっぱ少女群』(茜新社)
準グランプリ おませで御免!『御免なさい』(コアマガジン)

少年少女ドラマ賞

グランプリ  
準グランプリ 少年少女恋愛学【完全版】『天櫻みとの』(マックス)
準グランプリ 

ティーンズドラマ賞

グランプリ  大人の手がまだ触れない『海野螢』(オークス)
準グランプリ ストレッタ『世徒ゆうき』(ティーアイネット)
準グランプリ JC『七瀬真琴』(富士美出版)

レディースドラマ賞

グランプリ  したいからスルの『Cuvie』(一水社)
準グランプリ Second Virgin『ここのき奈緒』(コアマガジン)
準グランプリ Witchcraft『大和川』(茜新社)

完熟女性ドラマ賞

グランプリ  ママンの吐息 ~しとど濡れ疼く母の熟れ肌~『N.O.ちゃちゃ丸』(久保書店)
準グランプリ 29歳淫欲妻『黒木秀彦』(メディアックス)
準グランプリ 母子あそび『マスタングR』(クロエ出版)

浪漫チックドラマ賞

グランプリ  大人の手がまだ触れない『海野螢』(オークス)
準グランプリ お姉さんが好き『あさぎ龍』(富士美出版)
準グランプリ ラブでれ『尾野けぬじ』(富士美出版)


私が無条件でエロイと感じたベスト10

第1位 ママンの吐息 ~しとど濡れ疼く母の熟れ肌~『N.O.ちゃちゃ丸』(久保書店)
第2位 ストレッタ『世徒ゆうき』(ティーアイネット)
第3位 大好きだよっ『養酒オヘペ』(ティーアイネット)
第4位 こいのり▽『しらんたかし』(ティーアイネット)
第5位 食べたい舐めたい団地妻『吉良広義』(エンジェル出版)
第6位 粘着体質『笑花偽』(エンジェル出版)
第7位 乳性牝『四島由紀夫』(ティーアイネット)
第8位 欲情×覚醒『天乃一水』(クロエ出版)
第9位 29歳淫欲妻『黒木秀彦』(メディアックス)
第10位 ぼくの飼育日記『鬼窪浩久』(エンジェル出版)

私の個人的趣向で抜きまくったベスト10

第1位 JC『七瀬真琴』(富士美出版)
第2位 お姉がイイっ!『奴隷ジャッキー』(コアマガジン)
第3位 PARADISE LOST『天竺浪人』(コアマガジン)
第4位 正しい彼女の愛し方 『くろ』(ジーウォーク)
第5位 大人の手がまだ触れない『海野螢』(オークス)
第6位 ストレッタ『世徒ゆうき』(ティーアイネット)
第7位 堕ちる放課後『舞大夢』(久保書店)
第8位 膣内でオシッコ『ピクピクン』(松文館)
第9位 こいのり▽『しらんたかし』(ティーアイネット)
第10位 大好きだよっ『養酒オヘペ』(ティーアイネット)


さて08年は、私生活方面でかなり忙しかったこともあり、まったくといってよいほど一般漫画が読めませんでした。はっきり数えたわけじゃないけど7割以上が積ん読になってるのは間違いありません。そなにワケで、ほとんど読んでないのですが、ホンネを言えばエロと一般を区別することすら大嫌いな私の、特に心に刺さった一般作品をいくつか紹介させていただきます。
いちおう順位はつけましたが、積ん読を徐々に解消しながら書き加えてゆく所存ですし、2度、3度と読み返すうちに順位の変動もあるということをご理解いただけたらなと思います。


第1位 堀田【3巻】『山本直樹』(太田出版)
現実と夢の狭間でシュールに紡がれる物語。
究極の官能世界がここにはアル。

第2位 拡散【上下巻】『小田ひで次』(エンターブレイン)
胸が掻きむしられるほどのイタミを秘めたお話デス。
下巻にはプロ入り前の未発表短編も2編収録されている復刻版。

第3位 おやすみプンプン【3巻】『浅野いにお』(小学館)
とてもイタイお話デス。
セツナサが止まりません。

第4位 危さん『どれえじゃっきぃ』(秋田書店)
荒唐無稽と紙一重のところで絶妙にとどめた大バカなる萌えの暴走力をとくと拝むがよい。

第5位 海獣の子供【3巻】『五十嵐大介』(小学館)
海ハ神秘ダ。ソシテ生命モマタ神秘ダ。

第6位 2週間のアバンチュール『中村明日美子』(太田出版)
コレハモウ映画ダ。

第7位 明日また電話するよ『山本直樹』(イースト・ブレス)
客観論でなら、ファンの方には、ほとんど意味のない撰集であろうか。
はっきり言って、『フラグメンツ(全4巻)』を復刻してくれた方がありがたかったデスね。
作品解説などの類を読めるだけでも個人的になら大満足なのですが…。

第8位 バイオメガ【5巻】『弐瓶勉』(集英社)
繊細な線描の羅列とトーンの組み合わせによりモノクロによる油彩的グレー世界を築きあげた雄は、4巻のかの事件をきっかけにシンプルな白と黒の芸術で新たなるファンタジー世界を構築せしめる。これは新たなる創世記への挑戦デアル。

第9位 異邦人たち【1巻】『三等兵』(フォックス出版/文苑堂)
まるで獏ちゃんのあの物語世界の主役をオンナノコにして、ファザコンという符号を加えたようなお話なのですが、超人レベルの格闘ドラマを抜群のリアリティーで魅せる手腕が凄まじすぎ。

第10位 ねくろまねすく【2巻】『玉置勉強』(幻冬舎コミックス)
8割のお花見膝枕感覚と2割の狂気成分で紡がれる死人家の人々な躁鬱ドラマデス。

第11位 水惑星年代記月娘『大石まさる』(少年画報社)
シリーズ第6弾デス。
まずは『水惑星年代記』から♪

第12位 クーの世界『小田ひで次』(秋田書店)
復刻に感謝です♪
加筆修正もアリ。
気に入った方は続編な『夢の空地』もぜひ♪

第13位 海街diary【2巻】『吉田秋生』(小学館)
今年読んだあらゆる漫画のなかでいちばん、たくさんの皆様に読んで欲しい一冊かもしれません。

第14位 マルスのキス『岸虎次郎』(ポプラ社)
純粋すぎる片想い。究極のプラトニックラブな百合ドラマ。
絶妙すぎる色で塗りこめられた思春期のキャンバスがステキスギマシタ。

第15位 騎崎サブゼロ作品集 世縒りゆび『騎崎サブゼロ』(徳間書店)
シビレルほどに世界観に酔える錬金術幻想譚デス♪

第16位 蟲師【10巻=完結】『漆原友紀』(講談社)
滅茶苦茶大好きな物語でした。
永遠に続いて欲しかったですが、終わりのない物語だけに、これで好かったとも思います。

第17位 最後の性本能と水爆戦『道満晴明』(ワニマガジン社)
ナゼニ最後ナノデスか?

第18位 片恋の日記少女『中村明日美子』白泉社
極上のオードブルからワイルドステーキまで素材を抜群に引き立てる魔法使いな調理師がつくったラーメンは、もうすでにラーメンじゃあり得ない、ということ。

第19位 ルー=ガルー【4巻】『樋口彰彦(原作/京極夏彦)』徳間書店
第一次接触が禁忌となった未来に、失われた言葉の意味を、闘うことで取り戻してゆくオンナノコたちに明日はあるのか?

第20位 鬼燈の島【2巻】『三部敬』(スクウェア・エニックス)
完全無欠のミステリです。
あとはもう、どう物語を閉じるのかだけでしょう。

第21位 ミスミソウ【2巻】『押切蓮介』(ぶんか社)
胸に納めきれなくなった慟哭は、やがてドロドロと腐臭を放ち、狂気の刃となって放たれるノデス。

第22位 Flowers ~古屋兎丸画集~『古屋兎丸』(アスペクト)
うさまるファン必携のバイブルデス♪
6頁ショート漫画も素晴らしかったですが22頁の超ロングインタビューが圧巻。

第23位 ディエンビエンフー【4巻】『西島大介』(小学館)
そして、2人はまだ、お互いを知らない。

第24位 機動旅団八福神【8巻】『福島聡』(エンターブレイン)
スイングとバラードの中間みたいなグダグダとした感覚が滅茶ステキデス♪

第25位 おもいでエマノン『鶴田謙二(原作/ 梶尾真治)』(徳間書店)
ホンネを言えばオリジナルこそを描いて欲しいのですが、この作品に限っては『鶴田謙二』で好かったと、心から思います。

第26位 カブのイサキ【1巻】『芦奈野ひとし』(講談社)
いつもどおりの芦奈野ひとしでありますよ♪

第27位 回螺『安倍吉俊』(ワニマガジン社)
漫画は絵で紡ぐ芸術である。

第28位 小路啓之作品集2『小路啓之』幻冬舎コミックス
小路啓之はマジでイカレテテイカシテテ滅茶苦茶大好きナノデアリマシタ♪

第29位 いつものはなし『近藤聡乃』(青林工藝舎)
いつもどおりの近藤聡乃で、何も変わってないのがとても嬉しい。
日常の中に自然体で出没する非日常なお話デス♪

第30位 どろろ梵【3巻】『道家大輔(原作/手塚治虫)』(秋田書店)
どろろの笑顔がとてもイタステキデシタ♪
手塚治虫も悦んでることでしょう。

第31位 自殺サークル『古屋兎丸』(太田出版)
加筆修正アリの復刻版デス。
無論、原作とは100%別物語りデス。

第32位 脳Rギュル『トミイマサコ(原作/夢野久作)』(小学館)
この世界だからこそ、セリフは最小限に搾り、絵で魅せて欲しかったデス。そうすれば自ずと描くべきカットは変わっていたはず。絵は凄く上手いんだけど魅せ方は平凡。もっと空間的広がりを感じさせてくれる立体的な切り取り方に挑んで欲しかったデス。惜しい…。あまりにも惜しすぎる。

第33位 菜々子さん的な日常RE『瓦敬助』(コアマガジン)
シリーズ第3弾デス♪

第34位 LO画集~TAKAMICHI LOVE WORKS~『たかみち』(茜新社)
『背景に融け込むように在るように在る、少女たちの想いまで描いたLOファンブック。』
★4の中。
この画集は全年齢向けの画集であり、一切エロは介在しません。
でもこの画集は、コンビニ売りどころではない、完全無欠なアダルト向けロリコン専科なエロ漫画雑誌『LO』の表紙を飾った少女たちの画集です。
ですからこの画集は、全年齢向けでありながら、『LO』のファンな方々にやさしいつくりになってます。
本を開くと各々左頁に原寸大のイラストが陣取り、右頁には1/4サイズに落としたレイアウト済の表紙が飾られています。
総188頁。
『LO』の表紙を飾ったカラーイラスト50頁。仮想誌への描き下ろしカラーイラスト3頁。通常の描き下ろしイラスト5頁。LOカレンダーのカラーイラスト4頁。というのが主なイラスト頁で、表紙や目次のカラーイラストを加えても本の約1/3程度しかイラストは詰まってません。その他のコンテンツは『姫野百合』とのコラボによるモノクロイラスト入りノベル『子供の時間、最後の恋人。』そして、LOデザイナー『宮内和生』・LO編集者『W』とともに『たかみち』が、創刊から08年5月号までの50冊の表紙について語る『創作ノート』コーナーでは、門外不出のスケッチやラフも満載。
かように分厚い画集ですが、イラスト頁の分量は案外少なめですので、ご購入に際してはよくよくご検討してくださいまし。
背景に融け込むように調和しつつも、強烈に存在感を主張する『たかみち』の少女たち。
存在自体をあるがままに輝かせた少女たちの微妙な心情の変化さえ絵の中に封じ込んでしまう絵師『たかみち』のナチュラルな魔力に彩られた珠玉の一冊。
そして、この少女たちの眼差しに魅入られ『LO』を手にし、いざ雑誌を開いて言葉を失うほどのショックを受け、胸を射られ、虜となった私のような輩にはかけがえのない宝物。
『たかみち』のファンブックとしてなら★5の上。
『LO』大好きなあなたへは★5の特上。

第35位 ラブラブ・ポンチ『RIKI』(フランス書院)
オバカでノリノリのフワフワのキュンキュンのワクワクなのデスヨ♪

第36位 同級生『中村明日美子』(茜新社)
BL好きなら絶対にゲットせよ。
無論、セックスシーンはありませんよ。

第37位 レッド【2巻】『山本直樹』(講談社)
この事件を知らない世代の皆様にはぜひ読んで欲しい物語です。
でもねえ、敢えて言わせていただくなら、オリジナルこそを描かなきゃいけない存在だということ。

第38位 鵺の砦『福島聡』エンターブレイン
モノスゴイ作品も入ってるけど、誰でも描ける作品も入っている。才能の無駄遣いだと思うのデスガ…。

第39位 低俗霊DAYDREAM【10巻=完結】『目黒三吉原作/(奥瀬サキ)』(角川書店)
個人的な趣味だけで言ってしまえば、もっともっと狂気が欲しかったけど、とてもステキなのでアリマシタ♪

第40位 螺天 ~BIRTH~【4巻】『山口譲司』(幻冬舎コミックス)
物語がいったいどこに行き着くのか、予想が着かないところが素晴らしいデス♪

第41位 ナチュン【4巻】『都留泰作』(講談社)
話に整合性はきっちりあるのに、常に物語がどう動くのか全然予想できない凄さ。常時エピローグみたいでプロローグみたいな、そんな漫画ナノデス。

第42位 大金星『黒田硫黄』(講談社)
思いっきり久しぶりに、らしさが大爆発した中編『ミシ』が素晴らしすぎました♪

第43位 ぎぶそん『ゴツボ×リュウジ(原作/伊藤たかみ)』(ポプラ社)
原作読んでなくて申し訳ないのですが、とてもステキでした。
いつものゴツボ×リュウジのアッパー感覚は押さえられ、キュン成分が大量に撒き散らされるのですが、今後の著者の作風の変化にも注目したくなるような、そんな一冊でした。

第44位 GIRL×GIRL×BOY ~乙女の祈り~『KUJIRA』(双葉社)
タイトル通りの完全三角関係。これがエロ漫画なら当然3Pとかになったりするのだけど、シリアス性春劇場だから永遠の片想いがつづくののでアリマシタ。見よ!この想いのドラマの素晴らしさを。しかけも万全であったのデスヨ♪
ところで私は著者様の後書きに反して、三人でマジラブしてる続編を脳内に描いてたのしんでイルノデシタ。

第45位 イエスタデイをうたって【6巻】『冬目景』(集英社)
グダグダとユルユルと微妙な距離を保ったままわだかまる想いにやられる私デス♪

第46位 パノラマ島奇譚『丸尾末広(江戸川乱歩)』(エンターブレイン)
狂気が素晴らしい限りでアリマシタが、それいじょうにパノラマがミゴトデシタ♪

第47位 シュヴァリエ【7巻】『夢路キリコ(原作/沖方丁)』(講談社)
ギャグを排除してシリアスに徹するようになってから、ますますステキになってきました♪

第48位 すんドめ【6巻】『岡田和人』(秋田書店)
見せない挿入しないという一般でできるエロ漫画の枠を最大限に逆用したところから魅せつける、オーラルセックスのリビドーが凄い♪

第49位 マは小悪魔のマ『海野螢』(実業之日本社)
正直、成コミで見たかったです…。

第50位 土星マンション【3巻】『岩岡ヒサエ』(小学館)
特別なものなんて何もない、普通じゃなく生きている普通の人々のお話デス♪

第51位 ざんねんなこ、のんちゃん。『吉沢緑時』(秋田書店)
この作品、あまりにも残念ダ。トラウマの蓄積がリアルタイムに活かせてないのが残念だし、ヒロインのハブ具合方面を後出し的に描いてしまったのも、とても残念。完成度はともあれ、1・2・11・12話が素晴らしすぎマシタ♪

第52位 神宿りのナギ【1巻】『三部敬』(角川書店)
いちど中途半端な形で閉じてしまった物語の続編(著者によれば完結編)なので、また一からキャラを創りあげる必要があり、その性格付けをエンタメとしてのドラマ展開との整合性をとりながら紡いでる段階なため、物語の真のおもしろさが出てくるのは2巻以降になりますが、まだ苦悩を知らない天才児『ナギ』を主役に据えた時点からすでに、ジルの写し鏡としての宿命を負わされていることは火を見るよりも明らかでありましょう。

第53位 少女ファイト【4巻】巻『日本橋ヨヲコ』(講談社)
グルグル情熱系青春劇場は、やっぱり、まったりとステキナノデスヨ♪

第54位 世界の孫【3巻=完結】『SABE』(講談社)
最後までどーしよーもなくSABEらしかったけど1巻の前半がピークだったような気もする。
脇役が素晴らしいのは毎度のことなんだけど、結局、それが『孫』を殺してしまった部分もあったかな、と。
ともあれ孫は世界だ♪

第55位 穴街の彼等【1巻】『ハラカズヒロ』(双葉社)
非日常的日常のマイペースなおだやかさがとても心地よいノデスヨ♪

第56位 変ゼミ『TAGRO』【1巻】(講談社)
よーするに変態生理ゼミナールに入ってしまった、唯一ノーマルなオンナノコ視線で紡いだ非日常的日常がとてもステキだということ。
作画も構成力もどんどんレベルアップしてるんだけど、初期作品の方が歪み成分濃ゆくて個人的には好きです。

第57位 穴、文字、血液などが現われる漫画『駕籠真太郎』(久保書店)
今回はナンセンス色高め。凄いのもいくつか入ってますよ♪

第58位 鬼ごっこ【3巻】『黒柾志西』(一迅社)
非日常のなかに埋没してゆく心地よさがすべてかもしれません。

第59位 ハツカネズミの時間【4巻=完結】『冬目景』(講談社)
結局、特殊状況下に置かれた人間のドラマというところに終始したところが、まったく以て冬目景的ではあるし、ぐだぐだとした不安定な展開こそが華なんだけど、さすがに根底にあった問題が大きかったため、今回ばかりは決着をつけるべき部分だけはやっつけて欲しかったというのはあります。

第60位 世界の果ての十七歳『河合二葉』(コアマガジン)
想いの羅列が素晴らしすぎるドラマなのデスヨ♪

第61位 オトノハコ『岩岡ヒサエ』(講談社)
もう何も言うことがないくらいステキな日常劇ナノデスヨ♪

第62位 ラブレター フロム地獄『早見純』(久保書店)
とても早見純らしい作品集デスヨ♪

第63位 ねこむすめ道草日記【1巻】『いけ』(徳間書店)
彼女が妖怪になったワケ。どんどんコメディーに傾倒しはじめてるのがちょっぴり惜しいと思うけど第1話と2話は滅茶キュンキュンでアリマシタ♪

第64位 こぼれるくちづけ『KUJIRA』(松文館)
男女の、性愛にまつわるお話なのですが、想いのドラマの紡ぎ方がとてもステキナノデス♪

第65位 テガミバチ【5巻】『浅田弘幸』(集英社)
とにかく『ニッチ』が最高ナノデスヨ♪

第66位 ビアティチュード【1巻】『やまだないと』(講談社)
とても、らしくてステキなタッチの物語なのですが、私がやまだないとに望んでるものは、もっと別のものだったりするのです。


でもって最後に、08年以降に読んだり読み返したりしたすべての漫画から完結(打ち切り等による終了も含む)、やはり極私的な感動を基にして作成したマイベストというかリストみたいなものを紹介させていただきます。
かなり抜けているよーな気もしますが、今後ちょっとずつでもリストに加えていけたらなと。
こちらも上から大好きな順に並べてありますが、順位を振ると書き足すときに大変そうなので省略させていただきます。
順位はやっぱり、読み返す都度変わってゆくことと思われます。


閉暗所愛好会『掘骨砕三』(三和出版)
下水街『掘骨砕三』(三和出版)+夜に虚就く『堀骨砕三』(三和出版)
ANNE FRIENDS『町田ひらく』(コアマガジン)
世界の終わりの魔法使い『西島大介』(河出書房新社)+恋におちた悪魔 ~世界の終わりの魔法使いⅡ~『西島大介』(河出書房新社)
安住の地【全2巻】『山本直樹』(小学館)
降服論『うめやしきみつよし』(司書房)
A wish ~たった一つの…を込めて~『奴隷ジャッキー』(エンジェル出版)
BLOOD ~The last vampire 2000~『玉置勉強』(角川書店)
まいちゃんの日常『氏賀Y太』(三和出版)
笑って・ぶたぱん『白井薫範』(桃園書房)
フラグメンツ【全4巻】『山本直樹』(小学館)
親愛なる大人たちへ『みかんR』(コアマガジン)
拡散【上下巻】『小田ひで次』(エンターブレイン)
ハード・アクメ『玉置勉強』(一水社)
そらトびタマシイ『五十嵐大介』(講談社)
0PULL TOWN学園へようこそ!『奴隷ジャッキー』(エンジェル出版)
危さん『どれえじゃっきぃ』(秋田書店)
PARADISE LOST『天竺浪人』(コアマガジン)
LeviAThan【全3巻】『霧恵マサノブ』(ヒット出版社)
BR2【全2巻】『富沢ひとし』(秋田書店)
竹村雪秀『TAKE ON ME』【全2巻】(コアマガジン)
排泄『きあい猫』(東京三世社)
自慰『きあい猫』(東京三世社)
パノラマ『みかんR』(コアマガジン)
黒日夢『天竺浪人』(三和出版)
DRESS MOON『天竺浪人』(コアマガジン)
妄獣『天竺浪人』(コアマガジン)
SMILE CAT『RIKI』(オークス)
生贄と牢獄『オイスター』(一水社)
Garden『古屋兎丸』(イースト・プレス)
プラスチックガール『古屋兎丸』(河出書房新社)
連結方式『狩野ハスミ』(ティーアイネット)
勇気を出してはぢめての…『奴隷ジャッキー』(エンジェル出版)
女体解剖授業『氏賀Y太』(松文館)
WONDER SQUARE『SOFTCHARM』(三和出版)
LIFE FORMS『SOFTCHARM』(茜新社)
E-G-TOWN ~こどもたちの街~『SOFTCHARM』(オークス)
風の谷のナウシカ【全7巻】『宮崎駿』(徳間書店)
ジョン・K・ペー太の世界『ジョン・K・ペー太』(桃園書房)
最終兵器彼女『高橋しん』(小学館)+世界の果てには君と二人で『高橋しん』(小学館)
大人の手がまだ触れない『海野螢』(オークス)
秘密の基地で×××『乱満』(コアマガジン)
乙『死神と僕』(メディアックス)
轟け!!悶絶スクリーマー『ジョン・K・ペー太』(コアマガジン)
愛犬擁護週間『ほりほねさいぞう』(東京三世社)
宅配少女『七瀬真琴』(平和出版)
乙『ぶらっくぱれっと』(メディアックス)
たくらまかん展覧会『田倉まひろ』(ヒット出版社)
実録女流獣姦エロ漫画家!?『服部ミツカ』(一水社)
絶体絶命教室『ゴージャス宝田』(コアマガジン)
たまご『鬼魔あづさ』(コアマガジン)
あのこ『鬼魔あづさ』(シュベール出版)
お家につくまでが遠足です『山本直樹』(太田出版)
六識転想アタラクシア『駕籠真太郎』(太田出版)
アトモスフィア『西島大介』(早川書房)
NO MERCY『胃之上奇嘉郎』(富士美出版)
魔女【全2巻】『五十嵐大介』(小学館)
学校『山本直樹』(文藝春秋)
乙『KEEP OUT』(茜新社)
お姉がイイっ!『奴隷ジャッキー』(コアマガジン)
茶目子『藤原カムイ』(新書館)
テレビばかり見てると馬鹿になる『山本直樹』(太田出版)
おにくやさん『掘骨砕三』(三和出版)
鶏肉倶楽部『中村明日美子』(太田出版)
恋人プレイ【全2巻】『玉置勉強』(講談社)
キミの名を呼べば『甘詰留太』(ティーアイネット)
くわがた『A・浪漫・我慢』(松文館)
2週間のアバンチュール『中村明日美子』(太田出版)
コペルニクスの呼吸【全2巻】『中村明日美子』(太田出版)
Jの総て【全3巻】『中村明日美子』(太田出版)+ばら色の頬のころ『中村明日美子』(太田出版)
虹ヶ原ホログラフ『浅野いにお』(太田出版)
クーの世界『小田ひで次』(秋田書店)+夢の空地『小田ひで次』(飛鳥新書)
ニクノアナ『ほりほねさいぞう』(一水社)
トキメキ!!悶絶バルカン『ジョン・K・ペー太』(コアマガジン)
プルプル悶絶ライセンス『ジョン・K・ペー太』(コアマガジン)
とわにみるゆめ。『三浦靖冬』(ワニマガジン社)
少女、ギターを弾く【全2巻】『朔ユキ蔵』(ワニマガジン社)
マルスのキス『岸虎次郎』(ポプラ社)
まりのゲリラ『果愁麻沙美』(三和出版)
SEASON【全2巻】『田沼雄一郎』(コアマガジン)
おるすばんはせつなくて『茶否』(茜新社)
巴『奴隷ジャッキー』(エンジェル出版)
Romareda『スミヤ』(茜出版)
正しい彼女の愛し方 『くろ』(ジーウォーク)
河よりも長くゆるやかに【全2巻】『吉田秋生』(小学館)
よせてあつめて『玉置勉強』(一水社)
ウラ23区『香愁』(三和出版)
凌辱回廊『奴隷ジャッキー』(エンジェル出版)
九十九織『瓦敬助』(コアマガジン)
ほたる『三部敬』(ワニマガジン社)
テスタロト【全4巻】『三部敬』(角川書店)
カミヤドリ【全5巻】『三部けい』(角川書店)
それとなく『妖華』(茜新社)
めもり星人『海野螢』(宙出版)
セックス2000『玉置勉強』(一水社)
少女のままで。『みかんR』(コアマガジン)
ちょこみんと『玉置勉強』(一水社)
Mon絶!!エクスプロージョン『ジョン・K・ペー太』(桃園書房)
少女は犬の夢を見る『栗田勇午』(三和出版)
お肉ちゃん3号『にくきうー』(東京三世社)
ベルジェフスカの城『香愁』(三和出版)
風のクルエルティア『香愁』(三和出版)
裸でゴメンね。『THE SEIJI』(桜桃書房)
スウィート☆ライフ、プリーズ!!『千家カゲロー』(ジーウォーク)
女の子など募集中『ガビョ布』(久保書店)
夢みる頃をすぎても『吉田秋生』(小学館)
十三夜荘奇談『吉田秋生』(小学館)
惡徳乃榮『オイスター』(一水社)
ぐずぐずしてたらそだっちゃうよ?『あしか』(コアマガジン)
串やきP【1~2巻 ※3巻が依然として発刊されてません】『SABE』(メディアファクトリー)
双界艶戯『粗雑那絵』(茜新社)
お姉さんが好き『あさぎ龍』(富士美出版)
膣内でオシッコ『ピクピクン』(松文館)
春ノ虫虫『田村マリオ』(太田出版)
ソラニン【全2巻】『浅野いにお』(小学館)
ひかりのまち『浅野いにお』『浅野いにお』(小学館)
宴『師走の翁』(ヒット出版社)
わたしの肢躰『みかんR』(コアマガジン)
JC『七瀬真琴』(富士美出版)
水の戯れ『ほしのふうた』(久保書店)
玩具姫『西安』(コアマガジン)
やさぐれラバーズ『小林王桂』(フォックス出版)
猟奇刑事マルサイ『大越孝太郎』(コアマガジン)
東京赤ずきん【全4巻】『玉置勉強』(幻冬舎コミックス)
風の十二方位『海野螢』(フォックス出版)
ママンの吐息 ~しとど濡れ疼く母の熟れ肌~『N.O.ちゃちゃ丸』(久保書店)
ひみつの犬神コココちゃん『掘骨砕三』(茜新社)
はえてる女の子『掘骨砕三』(三和出版)
みかんせいしょうじょ『蛙子丁字』(オークス)
淫モラル『騙野犠牲』(松文館)
The Girls Diary『大塚弘樹』(平和出版)
キャンディーガール『近里みちる』(コアマガジン)
天然素材少女『小林王桂』(コアマガジン)
Diablo『けんたろう』(メディアックス)
妻漫『西安』(ワニマガジン社)
母子姦『騙野犠牲』(松文館)
ストレッタ『世徒ゆうき』(ティーアイネット)
時計じかけのシズク『海野螢』(オークス)
騎崎サブゼロ作品集 世縒りゆび『騎崎サブゼロ』(徳間書店)
ビリーバーズ【全2巻】『山本直樹』(小学館)
蟲師【全10巻】(講談社)あったかく、して。『雨がっぱ少女群』(茜新社)
シャイニング娘。改訂版【全6巻】+「娘。」のいる風俗ビル【限定版 in&out】『師走の翁』(ヒット出版社)
トムソーヤ『高橋しん』(白泉社)
楽園の天使達『粗雑那絵』(茜新社)
独身者の科學『まぐろ帝國』(シュベール出版)
最後の性本能と水爆戦『道満晴明』(ワニマガジン社)
リンガリンガ『西成岩男』(ヒット出版社)
SURVIVAL GIRL『工藤洋』(ティーアイネット)
嬲られたい私たち『まるキ堂』(東京三世社)
片恋の日記少女『中村明日美子』白泉社
Flowers ~古屋兎丸画集~『古屋兎丸』(アスペクト)
おもいでエマノン『鶴田謙二(原作/ 梶尾真治)』(徳間書店)
Oh! My DOG『毛野楊太郎』(三和出版)
パラボラ『神寺千寿』(ワニマガジン社)
キャノン先生トばしすぎ【通常版】『ゴージャス宝田』(オークス)
性本能と水爆戦『道満晴明』(ワニマガジン社)
夢のおもちゃ工場『駕籠真太郎』(三和出版)
ひとりあそび『近里みちる』(フォックス出版)
素晴らしい世界【全2巻】『浅野いにお』(小学館)
99ハッピーソウル『大岩ケンヂ』(角川書店)
兄嫁『佐原秀和』(メディアックス)
空とぶアオイ『福島聡』(エンターブレイン)
エロ河童『景えんじ』(司書房)
禁断ゲーム『かたりの犠牲』(松文館)
Feuerig『MISS BLACK』(キルタイムコミュニケーション)
我が肉に群れ集い、喰らえ。『水無月十三』(茜新社)
僕のアリスたち『やまのべきった』(ワニマガジン社)
sweet ten diary『町田ひらく』(茜新社)
回螺『安倍吉俊』(ワニマガジン社)
小路啓之作品集1『小路啓之』(幻冬舎コミックス)
お兄ちゃんクチュクチュしすぎだよっ『ゴージャス宝田』(ヒット出版社)
アバラ【全2巻】『弐瓶勉』(集英社)
精装追男姐『師走の翁』(ヒット出版社)
AQUA BLESS『大和川』(茜新社)
な美らる『てりてりお』(コアマガジン)
29歳淫欲妻『黒木秀彦』(メディアックス)
こいのり▽『しらんたかし』(ティーアイネット)
妄想ダイアリ~『月野定規』(コアマガジン)
BREAK DOWN『川原流寺』(ティーアイネット)
BIRTH【全9巻】『山口譲司』(幻冬舎コミックス)
SCHOOL GIRL『大朋めがね』(フランス書院)
ラブでれ『尾野けぬじ』(富士美出版)
ネイキッド☆ガール『小林王桂』(コアマガジン)
おませで御免!『御免なさい』(コアマガジン)
独蛾『月吉ヒロキ』(茜新社)
阿佐谷腐れ酢学園『SABE』(ワニマガジン社)
すごい少女の唄『ガビョ布』(久保書店)
なつ なでしこ『けんたろう』(メディアックス)
ドッグスタイル『米倉けんご』(司書房)
ラブレター『吉良広義』(コアマガジン)
墓場覚醒愛奴『墓場』(フランス書院)
comic ped.『ハッチ』(ヒット出版社)
妖精姦淫『SINK』(ティーアイネット)
OVER FLOW『胃之上奇嘉郎』(ヒット出版社)
視力矯正少女日記『へかとん』(晋遊舎)
BLACK MARKET+PLUS『胃之上奇嘉郎』(宙出版)
はこにわ虫『近藤聡乃』(青林工藝舎)
カボチャの冒険『五十嵐大介』(竹書房)
いつものはなし『近藤聡乃』(青林工藝舎)
はなしっぱなし【全2巻】『五十嵐大介』(河出書房新社)
ビミョーなカンケイ『景えんじ』(司書房)
プロキシマ1.3『粟岳高弘』(フォックス出版)
正しい変態性欲『駕籠真太郎』(三和出版)
女狐『吉良広義』(晋遊舎)
世棄犬廃品集【全2巻】『世棄犬』(メディアックス)
YOUR DOG『関谷あさみ』(茜新社)
社会不適合者の穴【全2巻】『田村マリオ』(太田出版)
小路啓之作品集2『小路啓之』(幻冬舎コミックス)
自殺サークル『古屋兎丸』(太田出版)
脳Rギュル『トミイマサコ(原作/夢野久作)』(小学館)
回螺『安倍吉俊』(ワニマガジン社)
キミの瞳に欲情してる【通常版】『TANA』(茜新社)
いけないいもうと『大道いむた』(メディアックス)
大好きだよっ『養酒オヘペ』(ティーアイネット)
華のパレット『戸田陽近』(オークス)
好感あそ~と『しらんたかし』(ワニマガジン社)
紅い首輪と代価のカタチ『龍炎狼牙』(フランス書院)
ドキメキ時間割『土肥けんすけ』(ヒット出版社)
倭姦『あわじひめじ』(司書房)
未完成制服少女『たまちゆき』(東京三世社)
エロいす『ISUTOSHI』(ワニマガジン社)
しりまんぽ『トリノ宗肉』(ジーウォーク)
大丈夫【新装版】『師走の翁』(ヒット出版社)
本日のオススメ『唯登詩樹』(富士美出版)
ラブハン『マイノリティ』(コアマガジン)
みだらなボクら『水上蘭丸』(メディアックス)
のせわすれ『師走の翁』(ヒット出版社)
よい子は静かに眠れない『舞登志郎』(モエールパブリッシング)
LUST TRAIN【初回限定版】『まぐろ帝國』(茜新社)
年刊中年チャンプ創刊号『中年』(マックス)
満開乙女『めいびい』(ワニマガジン社)
らぶこめ主義『赤坂かずひろ』(ヒット出版社)
秘密のハートマーク『Low』(ジーウォーク)
秘蜜の花園~触手蟲地獄絵巻~【全2巻 ※第2巻は初回限定特装版】『某零』(オークス)
泡姫殿『あわじひめじ』(司書房)
おしおき。『稲葉COZY』(松文館)
おとこのこ×おとこのこ『井ノ本リカ子+BENNY'S』(松文館)
Escape Creator『井上よしひさ』(ヒット出版社)
ふたり嫁『レオパルド』(コアマガジン)
PARTICIPET~吉永くん奔走する~『田沼雄一郎』(コアマガジン)
Second Virgin『ここのき奈緒』(コアマガジン)
おそらの迷子『田中浩人』(ビブロス)
暴走レイプ『陽炎1991』(桃園書房)
SPERMATANK『陽炎1991』(桃園書房)
ぼくの飼育日記『鬼窪浩久』(エンジェル出版)
Witchcraft『大和川』(茜新社)欲情×覚醒『天乃一水』(クロエ出版)
堕ちる放課後『舞大夢』(久保書店)
YELLOW★POP『けものの★』(コアマガジン)
黒ギャル@実用化計画『TAKUMI』(東京三世社)
同級生『中村明日美子』(茜新社)
鵺の砦『福島聡』エンターブレイン
テイクアウトプリーズ『はるるん』(一水社)
肉辱委員長『まるキ堂』(ティーアイネット)
生えてるお姉さんは好きですか?『命わずか』(エンジェル出版)
低俗霊DAYDREAM【全10巻】『目黒三吉原作/(奥瀬サキ)』(角川書店)
春色さぷりめんと『雨部ヨシキ』(ヒット出版社)
辱育『あわじひめじ』(茜新社)
Groove Tube『けものの★』(茜新社)
W-DAYS『蒲郡りょう』(ジーウォーク)
ぶろっくん戦闘姫『夢見御弧地』(キルタイムコミュニケーション)
九連宝燈『九連宝燈』(オークラ出版)
思春期は発情期。『甚六』(コアマガジン)
相思相愛ノート『フクダーダ』(コアマガジン)
したいからスルの『Cuvie』(一水社)
楽園『藤原薫』(祥伝社)
ちぃさな恋ゴコロ『裏次郎』(茜新社)
よい娘のおもちゃ箱『ののるみあ』(コアマガジン)
しりある!『奴隷ジャッキー』(ワニマガジン社)
しゃる うぃー げーむ?『佐々原憂樹』(茜新社)
乳HAZARD『KASHIみちのく』(東京三世社)
まりあ3/4『白井薫範』(三和出版)
母子あそび『マスタングR』(クロエ出版)
ラブラブ・ポンチ『RIKI』(フランス書院)
marieの奏でる音楽【上下巻】『古屋兎丸』幻冬舎コミックス


こんな感じで、読んだ本が成コミに偏りすぎた1年でありましたが、今年はもうすこし、とゆーか、一般と成コミの読書率を逆転させたいと強く感じておりますがゆえ、出来うる限り成コミ購入は減らそうと思っております。
12月半ばあたりから遊びまくってしまいましたら、精神のバランスがとれてしまって、書く気力がなかなか湧いてこなくて、テンション低めで申し訳ないのですが、今年はさらにほとんど更新もしないんじゃないかと、漠然と感じております。
年に5回くらい作家様の特集を組むのが関の山かもですが、古い記事の書き直しくらいは何とか今年中にやっつけたいなとも思っているのですが、どーなることやら…。
ともあれ、長いだけの駄文を読んでくださった皆々様、本当にありがとうございました。

今年が皆様にとって、二次元でも三次元でもよい年でありますように♪

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

他所のまとめについて

さて、2つのイベントに合わせて、2008年のオレ的に 愚息が世話になったおいしいオカズを振り返ったわけですが、 他のサイトさん方も年...

2008年のベストエロ漫画記事まとめ

2008年オレ内部エロ漫画ベスト3 DAIさん帝国/ウェブリブログ わたしが知...

ときめきの宝石箱

ときめきの宝石箱

うそつきロボット [冒険ファンタジー名作選(第1期)] (冒険ファンタジー名作選)

うそつきロボット [冒険ファンタジー名作選(第1期)] (冒険ファンタジー名作選)  「東京ドームは、どれ?」「どこかなあ、あの辺?...

恵那 近所 人妻/恵那 近所 人妻

セフレとの濃厚な時間を過ごしたい!? それには、当たり前だけど、まずはセフレと出会う必要があります! 実は出会い系サイトはセフレゲット率がめちゃめちゃ高いって知ってましたか!? マジでスゴいですよ…。本当かどうか、あなた自身で確かめてください! 無料サイ...

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天然猫肉汁アリス缶詰

Author:天然猫肉汁アリス缶詰
辞めると宣言しながら、突発的に雑記を書いてしまいましたが、これでお終いです。
今後はコメントおよび拍手コメントへの返礼以外の更新はございませんのでご理解いただきたく存じます。
短い間でしたがご愛読本当にありがとうございました。

天然猫肉汁アリス缶詰敬白

2009/5/22

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様総計
ご滞在
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。