FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝復活♪雨がっぱ少女群

やっと昨夜になって購入したLO6月号を読みました。
てなワケで、とゆーか、単に雨がっぱ少女群への個人的エールのみですので以下に収納です。

雨がっぱ少女群(原作/雨雲ツナミ)『気狂い狩り』

評価:108点(★6の上)
宝物度:大宇宙

まずは復活おめでとう♪なんだけど、100%雨がっぱ少女群な雨雲ツナミ原作ってのが編集部の苦肉の策なのか本人の真剣な悪ふざけなのかはともかくも、今回は雨がっぱ少女群の本質であるマッドなイタズラ精神方面が8割5分方顔を出してて、個人的にはメチャたまらなかったデス♪
まあ、100%全開で雨がっぱ少女群が突っ走っちゃえる時代ってゆーのはまだまだ相当に未来なので、編集部のセーブが相当に入ってることは致し方ないとしても、今後はたぶんこの手の路線を雨雲ツナミ原作名義で描き、編集部的に描いて欲しい路線を原作無しでということになるんだろうけど、にしても7月号の予告にクレジットされてないから復活って言えるかはビミョー。
とゆーより、今回のが不人気だったら今後はたぶん本質的な部分では勝負させてもらえなくなる可能性大だから、とても複雑。
まあ、雨がっぱ少女群は産まれる時代を50年ほど間違えたヤツだから、今後この手の物語を描かせてもらえなくなったとしても、生まれてくるのが早すぎたとあきらめられるかどうかっていうところなんだけど、ぶっちゃけ、微妙すぎて、何と声をかけていいのか判らない。
判らない、判らないんだけど、ともかくおめでとう♪ってかありがとう♪
雨がっぱ少女群の作品には過去幾度も胸をヤラレタ私ですが、今回のはダントツで最高でありましたよ♪

いきなりイモを掘り起こし、頬ずりする少女の野生なよろこびに歓喜する。
ただそこにある花を摘み、輪にする少女の無邪気なよろこびに歓喜する。
ジェンダーもモラルも一切植えつけられずに育った少女たちの無垢が素晴らしすぎ♪
動物としての本能だけで生きてきた彼女たちが、いきなり獣としての毛皮を剥がれ、人間社会の檻に入れられるくだりは、文明が産んだ権力という名の暴力への挑戦状。
甘いお菓子で飼い慣らされてはいけない。
ほどこされたニューアイテムに有頂天になってはいけない。
真新しい環境下で、無邪気という名のの花を常識という名の暴力で踏みにじられてゆく恐怖。
一足先に人間社会に適応したコピー人間な少女たちから無慈悲に投げつけられる鋭利なナイフ。
人はみな忘れてしまいたいから、忘れてしまうのだろう。
恐怖が先なのか悲しみが先なのか。
ワクワクは鬱とした想いにとって換わり、だからこそ取り戻そうとしたモノ。
ルールを押しつけられ、守れなければ懲罰を受けることを知る痛み。
悲しみにくれるふたりに、唯一の理解者は、やはり同性であるところの保険医。
差し延べられた救いの手。
ふたりの選択。
ひとりは知ってしまったモラルに抗うことができず、道に迷いながらも不条理と不公平に充ち満ちた現実という名の闇世界に生きようと努力する。
ひとりは再び獣皮をまとい、人間の履き物に火をくべ、雨傘に突き刺したイモを振りかざし、ひとりキャンプファイヤーな炎を背景に狂気を舞い踊る。

最終頁の保険医のひと言は、まるで、雨がっぱ少女群が自分自身に投げかけた呪詛そのもの。

翼を失った少女と、翼を失わなかった少女の、お話です。
あるいは、かっぱを脱いだ少女と、再びかっぱを身にまとった少女の、お話です。

タイトルの『気狂い狩り』の、狩られているのは少女なのか社会なのか著者なのか読者なのかは、読み手しだいとゆーところでしょうか。

無論、この文章は100%私の憶測で成り立ってます。

雨がっぱ少女群8ヶ月ぶりの復帰も超嬉しかったけど、あわじひめじの4ヶ月ぶり復帰も同じくらい嬉しかったデス。
まあ、雨がっぱ少女群がダントツでしたが、朝木貴行とあわじひめじのも超ステキでした♪
来月号の予告に杉浦次郎と月吉ヒロキの名前があるのは嬉しいけど、町田ひらくも雨がっぱ少女群も載ってねーし…。
LOはハイレベルな雑誌だけど、このふたりが載ってないなら私はたぶん買いません。
今年になってからやっと2度目のLO購入でした(涙

ともあれ、こんな時代なのに、雨がっぱ少女群の本質的な部分を、可能な限り認めてくれたLOサマに心より感謝を♪

雷鳴轟きツナミまで押し寄せるほどの、雨がっぱ少女群のギリギリテイストを堪能しやがれ♪ナノデスヨ♪


続きを読む


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

theme : 成年コミック・マンガ
genre : アダルト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

天然猫肉汁アリス缶詰

Author:天然猫肉汁アリス缶詰
辞めると宣言しながら、突発的に雑記を書いてしまいましたが、これでお終いです。
今後はコメントおよび拍手コメントへの返礼以外の更新はございませんのでご理解いただきたく存じます。
短い間でしたがご愛読本当にありがとうございました。

天然猫肉汁アリス缶詰敬白

2009/5/22

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様総計
ご滞在
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。