FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い船を動かせるのは古い水夫じゃないだろう

とゆーワケで、もう書く気なんてサラサラなかったワケなのですが、突発的なひとりごとなんで、ご勘弁を。ってなワケで以下に収納デス。


小六時代(38年前)から、滅茶苦茶大好きでたまらなかったのが古井戸と泉谷しげるで、そのころはまだ忌野清志郎率いるRCサクセションも、そこそこのフォークグループとしか感じてなかった、まだそんな頃。
『インスタントラーメン』が合言葉で、まだ『賛美歌』までは至らなかった、そんな頃。
『ポスターカラー』の詩の世界を思いっきりリアルタイムにした朗読を絞り出すようなカナやんの『花言葉』につづいて、一言一句、吐き出すように朗読してくれた、そんなチャボの散文詩世界なモノローグを、きょうは『唄の市 番外編Ⅰ 泉谷しげるvs古井戸』のヴァージョンより、一方的にお届けしたいと思います。

作詞:チャボ(仲井戸麗一)

誰かさんとの一年間
もう思い出そうとしても思い出せないし
思い出しても仕方がない
とっくの昔の一年間
今さらのように百貨店の包装紙に走り書き
いくらかは増えたけど 失くしたものの数じゃないし
懐かしい渋谷を歩いたって 道玄坂あたりにキミはいないし
高嶺の花の届かぬところ
一歩下がって届かぬところ
オンボロアパートの一室で
たった三日のシアワセが
東京の春を待つキミどうしてますか
やさしくなろうとして臆病になって
変わってきたのは服の色と柄だけだし
心変わりなんかなかったんだから
キミが残してくれたコトバ
日に灼けたメモ帳から
オレンジジュースが飲みたいな
ワタシ白が似合うでしょ
噴水の水はいつもキレイすぎるからワタシはキライだわ
黒い下駄 からぁんころぉん
きょうは畳替えの日なの だから外で逢いましょうね
テニスコートを眺めて白いボール キレイね
高級洋菓子店仲介待合室で
ポケットからスモモをひとつ
これワタシだと思って持っててね
三月か四月の初めにはワタシ金沢に帰ります
気が向いたときでいいから手紙書いてね
アルゼンチン大使館前午前六時三十分待ち合わせ
三時間半の待ちぼうけ
一方通行の分厚い手紙三十通
便りのないのはよい便り
でもいつも情けないのはボクだったね
ある月のある曇った日
横須賀線片道二百三十円の切符を持って
北鎌倉駅下車
由比ヶ浜で貝拾い
逗子までとぼとぼ歩きいつの間にか雪になる
手袋のない手でせいいっぱいの粉雪かき集め
ひとことふたことひとりごと
三十男に唾を吐き
四十男に唾を吐き
大金持ち気取りの五十男を横目で流し
ハタチでため息混じりのつぶやきひとつ
ワタシとアナタはこれからもオトモダチでいようよ
冗談じゃねーよ
一目惚れ的恋愛なんかもうとっくに信じることできなくなったから
ときどき一ヶ月もの空白をじっと我慢していた少年のこころ
ちょっぴりカナシイ
やさしさのなかで枯れることことなく咲いていた造花の赤い薔薇
その無意味さに気づいた少年のこころ
ちょっぴりカナシイ
ちょっぴりカナシイひとりぼっちといってキミにこっちを向いてもらいたかっただけの少年のこころ
やっぱりカナシイ
誰かさんとの一年間
今さら思い出しても仕方がない
とっくの昔の一年間
百貨店の包装紙に走り書き
一週間我慢して我慢してしきれなくなった八日目の朝
タバコ屋の赤電話からヨンゼロハチのナナキュウサンナナへ
居留守
アルゼンチン大使館前午前六時三十分待ち合わせ
十本百円で買ってきた人工お花畑の花束かかえて
あさってキミに逢えますか
あさってキミに逢えますか
逢ってサヨナラが言えますか


さておき、きょうだけは、ちょっとスローバラードなキブンだし、ずっと鬱でいたいので、こんな古いCDなぞ聴いてるオイラなのではありますが、


目を閉じれば、いつでも雨がっぱ少女群のアノコたちに逢えるワケで、だから、絶対にカナシクなんかねーよッ、オレは。


いつからか、ここにいた。
いつまでも、ここにいる。


ありがとう。
ありがとう、雨がっぱ少女群。


いつでも逢えるから、サヨナラとか、またね、とかは言いませんよ。


ともあれ、あしたからはフツーに、『Teresa11』とか『HELICOID 0222MB』とか『Angel'in Heavy Syrup』とか『楳図かずお』とか『高橋悠治』とか『坂本龍一』とか『矢野顕子』とか『加藤和彦』とか『細野晴臣』とか『ピンク・フロイド』とか『オーネット・コールマン』とかを、聴きたいかな、と(フツーなのか?)。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:天然猫肉汁アリス缶詰
辞めると宣言しながら、突発的に雑記を書いてしまいましたが、これでお終いです。
今後はコメントおよび拍手コメントへの返礼以外の更新はございませんのでご理解いただきたく存じます。
短い間でしたがご愛読本当にありがとうございました。

天然猫肉汁アリス缶詰敬白

2009/5/22

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様総計
ご滞在
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。